Dr.STONE(ドクターストーン)

ドクターストーン194話ネタバレ最新確定!スイカ復活!チョーク遠吠えで援護!

ドクターストーン 194話 ネタバレ 最新 考察 確定 速報
Pocket

ドクターストーン194話ネタバレ最新確定!スイカ復活!チョーク遠吠えで援護!

ドクターストーン最新194話のネタバレ確定情報が届きました!

前回のドクターストーンでは、ついに全人類が再び石化。

スタンリーが復活液に向かって銃を構えた時にはハラハラしましたが、撃たなくて良かった!

自分が復活できるチャンスより、千空たちを勝たせて確実にゼノだけは復活させようと考えたわけですね。

みんなを倒した相手ですが、最後にちょっとだけ好感度が上がりました。

そのおかげで無事、自動復活装置が作動する時がきます!

クロムの作戦通り、猛獣と雷鳴が決め手となったようです。

しかし、遠く離れた日本からチョークも懸命にスイカを思って吠えています。

では早速「ドクターストーン194話ネタバレ最新確定!スイカ復活!チョーク遠吠えで援護!」をお届けしていきます!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察

ドクターストーン前話のおさらい。

みんなと離れていたルーナとチェルシーは、迫り来る石化光線を見ながら慌てて復活液を上に投げました。

しかし、手が滑ったのか瓶は全く違うところに飛んで行ってしまいます。

ゼノは、石化光線を見ながら「エレガント」だと両手を広げました。

改めて科学の美しさを感じたようです。

スタンリーは、自動復活装置に向かって銃を構えますが、もし外したら人類は滅亡するだろうと考えていました。

自分は一生石化のままだが、ゼノは元に戻してもらえると読み、そのまま石化します。

日本では、全員が石化した後チョークとサガラだけが動き回り、どこかへ走っていきました。

龍水たちも皆、必ず復活すると信じ、笑顔のまま石化。

ドクターストーン前話は、ここで終了となっています!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察|シャーロットに復活液が落ちる?

ルーナが石化直前に投げた復活液が、森のどこに飛んでいったのかよく見てみました!

2人はメデューサタワーから離れた崖にいますが、目では見える範囲。

石化光線を背にして、ルーナが投げた瓶は大きく後ろに飛んでいきました。

「ガシャアン!」と、割れたところも描かれていたのですが、地面ではなくどこかの岩っぽいところの上なんですよね。

土だったら染み込んでしまうと思うのですが、岩だったら年月をかけて染み出し、下に誰かがいればかかるかもしれません!

位置的に、砦に近い方向に投げているので誰かがいてもおかしくないはず。

私はその復活液がシャーロットにかかるのではと予想します!

スタンリーやゼノが砦の目前で攻め込む中、一緒に攻撃に入ったはずのシャーロットの姿がないんです。

他の軍人の姿は描かれているのですが。

それに、スタンリーからの「全員射殺」命令にも、すぐに返事をせず迷いがあったように感じます。

軍隊なので上からの命令は絶対でしょうが、命の恩人であるスイカたちを自分の手で殺すことはできなかったのではないでしょうか?

かと言って、その場では寝返るほどの度胸や気持ちはなく、攻撃はできないけれど反発もしたくない、という思いで砦から少し離れたところで隠れていたとか。

56秒の間に、石化光線から遠ざかろうとすれば、ルーナたちに近づきますしね。

露出されたナイタール液がどれくらい効果があるのか分かりませんが、最初に千空が復活した時は硝酸のみでも大丈夫でした。

アメリカ軍はみんな意識を飛ばさずに硝酸オンリーで復活したメンバーなので、シャーロットもまた意思を持ち続けていると思われます。

それが、自動復活装置作動するよりも早く起こるのではないでしょうか?

雷鳴や猛獣を待つよりも、雨の力で岩から染み出す方が早いと考えられます。

先に目覚めたシャーロットが、尊敬する上司スタンリーを復活させるか、命の恩人スイカを復活させるかの葛藤も描かれるかもしれませんね!

毒グモから救ってもらった分、今度はスイカに恩返しをしてくれるのではと思います!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察|スイカ復活は来年の夏?

今スイカたちがいるアラシャでは一応季節があるようなのですが、日本と違い雪の降るような低い気温にはならないようですね。

なので、初めての石化復活の時に千空が言っていた凍死の心配はなさそう。

ではなぜ来年の夏予想かというと、イエローデントの収穫があるからです!

アメリカについたのは、コーンの枯れる時期ギリギリでした。

そこからゼノを確保し、スタンリーとの対決まで100日経っていますので、旬は過ぎてしまっています。

コーンシティでは人工ダイヤを作ったりするシーンはあったのですが、コーン栽培をしているところは描かれていなかったので、もしかするとダイヤ電池製作で時間が過ぎてしまったのかもしれません。

千空たちが到着した時にはブロディたちが収穫しているっぽいのですが、武器用の材料として使用されていると思われます。

復活液を大量に生産するには、コーンが必要不可欠。

話の展開として、次のコーン収穫時期に間に合うよう復活するのではと思います!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察|ルーナの復活液で千空覚醒?

現在の復活液の在庫は、自動復活装置に置かれた一つと、ルーナたちが持っていた分です。

一つは割ってしまいましたが、まだバッグの中に入っているのがチラッと見えました!

スイカが復活した後は、この復活液を使って千空を目覚めさせるのではと思います。

千空の後は、龍水とチェルシーを復活させ、コーンシティに戻ることも考えれますね。

そうすれば復活液は作り放題!

ただ、今回はバイクを使わずペルセウスを奪い返し、水路で行くのではないでしょうか?

チェルシーの頭には世界地図が入っているので、今度こそパナマ運河を探し、ペルセウスのスピードだったら時短できそうです!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察|スタンリーは石化のまま人質?

スタンリー本人も「未来永劫石化のまま人質」と自覚していましたね。

うん、だってアナタ目覚めさせたら一番やばいもん(笑)

敵の銃を没収したとしても、ゼノとスタンリーが組めばまた作られてしまいます。

しかし、千空は全人類復活を目標としているため、未来永劫石化は無いでしょう。

またゼノとは、小さい頃から親友に見守られながらロケットづくりをしていたという共通点もあり、千空は2人の関係性も理解しているかもしれないですね。

千空に置き換えて考えれば、大樹を石化させたままと同じことですから、辛いことだと分かると思います。

スタンリーを石化解除するのは、ゼノが独裁主義ではなくなった時かもしれません!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察|日本復活は2年後?

久しぶりのルリたち登場だったのですが、あっという間に石化してしまいましたね。

最後の季節の描写を見ると、雪が2回降っているのが分かります。

イエローデントの収穫時期にアメリカに着いたことや、そこからスタンリー戦の日数を考えると、今回の石化は4〜5月くらいだったのかなと思います。

1回目の雪はおそらくその年の冬のもので、2回目の雪が次シーズン。

そしてその後、桜の花が散っているのが見えるので、また5月くらいでしょうか?

それに、日本では冬に急に目覚めてしまうと凍死の恐れがあるので、復活は春か夏でなければいけません。

おそらく生き残ったチョークとサガラが一役買ってくれるのではないでしょうか?!

 

ドクターストーン194話ネタバレ考察|チョーク&サガラの役目は硝酸運び?

いきなり全員石化した時のチョーク、寂しそうでしたね(涙)

そしてサガラを見つけた時の喜びよう!

第一話でも飼い主が突然石化してしまい、犬が悲しそうにしているシーンと同じでした。

でも、今回は仲間のサガラがいる!

1回目の石化解除には3700年かかってしまったけれど、今回は最初とは違うのだという描写かなと思いました。

最初は子犬と子猪っぽい可愛い2匹でしたが、おそらく2年経過したと思われる最後のページでは凛々しい姿に!

石神村があるのは現在の日本でいう箱根。

後ろに富士山も見えますね!

季節の移り変わりと同時に背景も描かれていたのですが、海や富士山があることから、2匹は橋を渡って石神村を出たのだと予想できます。

そもそも、チョークは目的を持ってどこかへ走っているように感じました。

おそらく、千空が初めに復活した時に硝酸が取れた「奇跡の洞窟」に行ったのではないでしょうか?

箱根から東京へ行き、洞窟を探して硝酸を集め戻る。

サガラの鼻の力も借りて場所を探し当て、チョークの帰巣本能で石神村へ帰ってきた?!

意識さえ保っていれば硝酸で復活できるというのは、千空の教えで日本のみんなも知っています。

万が一石化光線が再び起きた時のために、人間以外の動物であり、信頼の置けるスイカの友達に大役を任せていたのかもしれません!

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定

ドクターストーン194話のネタバレ確定速報が入りました!

タイトルは「ひとりぼっちのホモサピエンス」

世界で一人、先に目覚めたのはやはりスイカでした。

幼いスイカが孤独と戦いながら、みんなのために頑張る姿が見られそうです!

それではここからは、ドクターストーン最新194話のネタバレ確定速報をお届けします。

情報が入り次第こちらでも更新していきますので、チェックをお願いします。

※ドクターストーン【194話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|地球全体石化後の様子

全人類が石化してから、正確にどのくらい時間が経ったのかは分かりません。

何年も秒数を数えて計算するなんて、千空くらいしかできませんもんね…。

メデューサタワーの下で、片手を大きく伸ばしたまま石化したスイカ。

スイカの目の上の高さまで草が生い茂っています。

その様子から「数日」では無さそうで、「数年」経過しているようです。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|チョークの遠吠えで瓶にヒビが入る!

いたるところに仕掛けていた、メデューサタワーへ繋がっている拡張器。

それに気づいた野生のヒョウが、大きな鳴き声で威嚇しました。

ショックキャノンで何倍もの音量で返ってきたので、ヒョウは慌てて逃げます。

しかし、その鳴き声で復活液の瓶にはヒビが…!

石神村では、チョークがスイカの方角に向かって遠吠えをしています。

その声が増幅されたのか、瓶にはピシッとさらにヒビが入りました。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|自動復活装置でついにスイカ復活!

さらに日数が経過し、スイカの頭まで草が覆いかぶさってしまいました。

ある日、大きな落雷があり、轟音が鳴り響きます。

その音でついに瓶が割れ、復活液が降り注ぎました!

スイカの姿は草でほとんど見えませんが、伸ばしていた右手が少しだけ出ていました。

ちょうどその指先に液がかかり、見事に復活を果たしたのです。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|地球上で一人ぼっちのスイカ

復活すると、スイカは喜びました。

まず千空を探しに歩き回りますが、見つかったのは石化したままの千空。

自分だけが復活したのだと気がつきました。

いかに自分に託されたものが大きかったのか、改めて実感。

千空から言われていた自分の役割を思い出し、やっとお役に立てる!と復活液を探します。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|復活液が見つからずスイカ絶望

一体どれくらい石化していたのだろうかと考えているスイカ。

1年?2年?

そこでハッとしました。

スイカは何も持っていません。

石化直前、スタンリーに襲われた場所へ戻るとそこには割れた瓶の破片だけ。

使える復活液がないのだと気がつきます。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|空腹を感じて死を意識するスイカ

数年経過しているので、当然食べ物もありません。

お腹が空いてきて、スイカはとても心配になり泣いてしまいました。

突然一人で死んでしまうのではないかと思うと涙が止まりません。

どうか目を覚まして、と千空やコハクのことを思い出します。

 

ドクターストーン194話ネタバレ確定|千空と同じく猿に自己紹介!

千空のことを考えていると、初めは千空も一人だったと話してくれたことを思い出しました。

もしかしたら誰かが復活液を持っているかもしれない!

スイカは気を強く持って、探しに行くことにします!

初期の頃、猿が初めて見る人間に不審な目を向けていたシーンがありましたね。

それと同じ状況が描かれ、スイカも「初めまして!私はスイカ、人間です!」と笑顔で自己紹介したのです。

>>【続き】ドクタストーン195話ネタバレ最新速報!

 

ドクターストーン194話ネタバレまとめ


「ドクターストーン194話ネタバレ最新確定!スイカ復活!チョーク遠吠えで援護!」いかがでしたでしょうか?

一体あれから何年経ったのでしょう?

スイカが右手を伸ばして石化したのは、一秒でも早く復活するためと思っていたのですが、周りの草木が伸びても良いようにだったのですね。

もし手を伸ばしていなかったら全部埋もれていたので、危なかったです!

まだ9歳なのに、瞬時によく考えたね(涙)

復活液探しの旅に一人で出ると思われますが、迷子にならないか心配!

ルーナとチェルシーまで無事たどりつけますように。

チョークはまさかスイカの方角に向かって遠吠えをしていたのは予想できませんでした!

日本から南米まで、人間がいなければ音は届くものなのかは疑問ですが、とにかく応援してくれていたということですね。

それでは「ドクターストーン194話ネタバレ最新確定!スイカ復活!チョーク遠吠えで援護!」ここまでです!

考察・確定記事は随時更新していきますので、こちらのサイトで日々チェックをお願いします!