Dr.STONE(ドクターストーン)

ドクターストーン213話ネタバレ確定!ゲン&陽が石化!大樹日本到着!

ドクターストーン 213話 ネタバレ 考察 確定 最新 速報
Pocket

前回のドクターストーンでは、千空たちが日本に帰国!

感動の再会となりましたね。

石神村では水力発電用のダムが出来ていましたが、今回はカセキの力も加わり「発電機」まで完成するようです!

大樹たちコーンシティ組も無事に日本到着。

久しぶりの再会や、コンピューターの出来栄えに喜ぶみんなでしたが…なんと再び石化光線が?!

それも、今回は降り注ぐタイプではなく爆発的な光線でした!

被害にあったのはゲンと陽。

新たな謎が出て来てしまいます!

それでは早速「ドクターストーン213話ネタバレ確定!ゲン&陽が石化!大樹日本到着!」と題しましてお届けしましょう!

 

ドクターストーン213話ネタバレ考察

前回のあらすじ。

ついに日本に帰国した千空たち。

宝島では凛々しくなったソユーズと再会。

石神村では、ルリやチョークたちと感動の再会を果たします。

クロムとルリは同じ年齢になっており、感慨深いものがありました。

みんなの石像の近くには、木や風から守るように立つ石の壁が。

村人たちも見覚えがないその壁は、チョークとサガラが数年かけて一生懸命作ったものだったのです。

動物たちも、みんなを守るため必死に頑張っていました。

さらに、日本では大きなダムが完成!

世界を旅する仲間をただ待つだけではなく、残った仲間たちも着々とロケット準備をしていました。

かなり大きく完成度が高いダムを前に驚くゲン。

全員の力を合わせて、いよいよロケット打ち上げ間近です!

龍水も打倒ホワイマンと意気込んだところで、ドクターストーン前話は終了。

完成したダムは数十メートルも高さのあるすごいものでしたね!

科学者も職人もいない中、よく作れたと思います。

人工ダイヤモンドを作った時と同じく、「科学は誰にでもできる」が改めて分かりました!

それでは早速ドクターストーン最新213話ネタバレ考察をお届けしていきましょう!

 

ドクターストーン213話ネタバレ考察|水力発電でアルミニウム精錬?

宝島ではロケット発射場、石神村ではダムが完成していましたね!

日本に残ったメンバーも、千空たちと同じく頑張ってくれていて感激でした。

人類全員救うために、仲間の力を合わせる大切さを実感!

ルリたちが作った大きなダムは、水力発電を使用するために作られたものでした。

水力発電を何に使うのかというと、龍水が言っていたアルミニウムを作るため!

オーストラリアでたくさん採掘したボーキサイトを精錬(せいれん)してアルミニウムにしなければロケットには使えません。

蛍石とアルミナを電力で加工してアルミニウムになるのかなと思います。

見たところ、ダムはもうほとんど完成しているようでした。

このスピードでいけば、アルミニウムもあっという間に完成するところまで描かれるのではないでしょうか?

石神村の人たちにとって、アルミは初めて見るものですから驚くでしょうね!

鉄のようだけど何倍も軽くて丈夫!

本当にこれで宇宙まで行けるのか?と疑問に持つ人もいそうです。

 

ドクターストーン213話ネタバレ考察|クロムの帰還船も完成?

アルミニウムが完成したら、ロケット本体の材料は揃います。

こっそり取り掛かっている、クロムとスイカの帰還船に必要な材料も揃うということですね!

ついに、クロム作の帰還船が完成するのではと予想します!

どこまで内緒で取りかかれるのか疑問ですが…(笑)

SAIの協力があればなんとかなるでしょう!

ただ、数学を理解しても実際のクラフトはまた別の話。

職人カセキも仲間に取り込むのではないでしょうか?

最終的には、石神村メンバーが完成させる展開だったら超感動します!

言い出しっぺで科学使いのクロム、一人で復活液を完成させたスイカ。

そこに生粋の職人カセキと、硬い材質も加工できる腕力の持ち主コハク!

人手もいるでしょうから、金狼と銀狼もかり出して(笑)

科学を知らなかった石神村出身の仲間たちが千空に内緒で帰還船を作る展開はかなりアツいと思うので、期待します!!

 

ドクターストーン213話ネタバレ確定


ドクターストーン最新213話ネタバレ確定情報が入りました!

タイトルは「UNKNOWN KNOWN(アンノウンノウン)」。

元アメリカ国務長官の有名なセリフの一つで、政治やリスク管理のロジックとされている言葉のようです。

「知らないと知っていること」。

知らないことだけど知っているような気がする、という無意識的な部分のことを指すこのタイトル!

新たなバージョンの石化光線が発動されたことによる、千空の脳内を表しているのでしょうか?!

終決章突入にして、さらに謎が深まります!

それでは早速ドクターストーン最新213話確定をお届けしていきましょう!

ドクターストーン最新213話は10月11日(月)週刊少年ジャンプに掲載予定です。

ネタバレ確定速報は情報が入り次第こちらでお届けしていきますので、日々こちらのページをチェックしてください!

※ドクターストーン【213話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ドクターストーン213話ネタバレ確定|カセキ水力発電機完成させる!

ルリたち石神村のみんなが頑張って作ってくれていたダム!

ついに放水します!

水の流れをせき止めていた門を開けると、ドドドドドドとものすごい水流。

その下では、カセキが大きな発電機を完成させていました!

換気扇のような見た目の機会は、プロペラ一枚がカセキと同じ大きさ!

かなり大きなものです。

他のメンバーは次々に住民を復活させ、ゲンがこれまでの経緯を操り人形や紙芝居で説明。

まるで一芸のような説明の仕方を見て、龍水は「娯楽が欲しい!」と言いました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ確定|大樹たち日本到着!

娯楽が欲しいという龍水の言葉を受け、すぐに完成したのはテレビ!

しかし、この世界にテレビ局がないので、当然番組は見られません。

ズコー!!と倒れる一同。

当然、千空は最初からそんなこと分かっています。

これはテレビ番組を見るためのものではなく、コンピューターの液晶だったのです!

海の向こうから、大きなスーパーコンピューターを運んで来たのは大樹!

久しぶりの日本での再会に、千空と大樹はグータッチ!

大樹はうっすら涙目です。

コンピューターの詳しい仕様はみんな分かりませんが、SAIは瞬時に理解。

ファミコンと同じ原理のものだと言い、あっという間にゲームソフトを完成させました!

点字のように小さな穴の羅列を並べ、コンピューターに読み込ませます。

ストーンワールドにゲームができたと、羽京も陽も大興奮!

テトリスらしきものや、シューティングゲームなど、みんなが夢中になりました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ確定|ゲンと陽が突然石化!

夜、SAIと龍水は液晶を使ってチェスをしていました。

何と相手はAI。

チェスの世界大会では、AIが誰も考えつかないような一手を打ち、人間の世界チャンピオンを打ち負かしたという話をします。

まさに科学が人知を超えた瞬間。

科学こそ世界一に「欲しがり屋」だと言いました。

使えるダイヤ電池が入った石化装置は、真空管の中に入っています。

厳重に保管されたメデューサ。

たまたま、ゲンと陽が「カタカタ」という不穏な音を耳にします。

カタ…カタッ…カカタッ…バリン!!

真空管の中から聞こえる不気味な音に、2人は冷や汗ダラダラ。

どんどん大きくなる音。

最後にカチッという音を聞き、ゲンは逃げよう!と走り出しました。

しかし、石化装置からは見覚えのある光線がコオオオオと降り注ぎ、ゲンと陽は石化。

さらに、なぜか爆発も起こり、陽の体は石化後にバラバラになってしまいました。

異変に気付いた千空たちが振り返ったところで、ドクターストーン213話は終了。

>>【続き】ドクターストーン214話ネタバレ最新速報!

 

ドクターストーン213話ネタバレまとめ


ドクターストーン213話ネタバレ確定!ゲン&陽が石化!大樹日本到着!」いかがでしたでしょうか?

世界中を旅してきた千空たち、帰国しても息つく間もありません!

メンタリストゲンは、しばらくホワイマンの石化光線は降り注がないだろうと以前は予想。

確かに月からの光線は来ませんでしたが、誰も発動させていないメデューサが勝手に動いた!!

これは一体どゆこと?!

範囲と時間を言ったら作動するという法則に例外があったのですね。

ホワイマンは遠隔操作もできるとか…?

ロケットが完成してホワイマンとの対決に持ち込むかと思いきや、終決章でこの展開は面白すぎます!

もし遠隔操作ができるのであれば、月面に向かうのはリスク高いですもんね。

地球に残されたみんなが石化したら、千空たちは月面で取り残されてアウト。

帰還船が完成すれば望みはあるかもしれませんが、どうなってしまうのでしょうか?!

次回の展開が待ちきれません!

それでは「ドクターストーン213話ネタバレ確定!ゲン&陽が石化!大樹日本到着!」ここまでです!

考察・確定記事は随時更新していきますので、こちらのサイトで日々チェックをお願いします!

ドクターストーンは次週休載です。