Dr.STONE(ドクターストーン)

ドクターストーン190話ネタバレ最新確定速報!最大のピンチ!鍵を握るのは時計職人ジョエル?

ドクターストーン ネタバレ 190話 最新 確定 速報
Pocket

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察:最大のピンチ!鍵を握るのは時計職人ジョエル?

こちらの記事では、ドクターストーン190話のネタバレ確定速報最新版をお届けしていきます!

ネットでは「地獄絵図」とまで言われているドクターストーン。

いよいよ、千空VSスタンリーの決戦が始まりました。

命を張って敵陣に乗り込んだ司、氷月、コハクでしたが、その甲斐むなしくあっという間に本陣まで攻め込まれてしまいます。

ダイヤモンドを正確に削るという難しい作業に、ベテラン職人カセキも大苦戦。

おまけにそのダイヤモンドも焼かれてしまい散り散りに。

形勢逆転が見込めない展開ですが、190話ではどうなっていくのか、ネタバレ・確定・最新速報・考察を書いていこうと思います!

 

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察

スタンリー率いる米軍の圧倒的な攻撃。

人質のゼノ以外は全員抹殺するつもりです。

すでに、大樹と龍水もやられてしまいました。

砦にいた千空たち科学チームは今のところ無事なようですが、時間の問題。

すでに出ている犠牲者を復活させるためにも、科学王国決死のチーム戦が始まります!

 

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察|生き残りor復活は大樹が濃厚?

突如攻め込んで来たスタンリーたちは、躊躇なく手榴弾を投げ込み攻撃してきました。

次々と破壊されていく本陣に、ゲンも驚くしかありませんでした。

そんなゲンの前に立ちはだかり、石化装置完成のために一秒でも時間を稼ごうと立ちはだかったのが、大樹。

体力自慢の大樹ですが、さすがに激しい攻撃には敵いませんでした。

血だらけになり倒れ、ゲンの呼びかけにも反応しません。

普通の人なら即死というレベルで描かれていました。

しかし、大樹はこの物語にとって、初めから登場している重要人物。

千空が石化をといた一人目です。

ここでこんなにあっけなく死んでしまうとは思えません。

というのも、3700年前の人類石化が起きたとき、大樹は杠に5年越しの思いを告白をしようとしていたところでした。

ちょうどそのタイミングで石化。

告白しそびれていたのです。

復活液を使い杠を元に戻した時、大樹は告白をやり直そうとします。

ただ、この状況では言うべきではないと判断し、また告白できずにいました。

(石化中の杠にはしましたが。)

もしここで大樹が死んでしまったら、永遠に告白は叶いません。

科学に基づいたお話なので、相手の科学に負けてしまったと言えばそれまでかもしれませんが、それならそれで回想とかあっても良いはず。

他の仲間ももちろん大事なメンバーなので同じですが、特に大樹はここでいなくなるということは無さそうです。

それが、攻撃に耐えてまだ生きていて復活するのか、石化を利用して傷を治すのかは微妙なところですね。

 

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察|スイカが助けた敵・シャーロットが寝返る?

スイカとフランソワが敵に見つかったのは、敵の女性がクモに刺され助けようとしたため。

それがシャーロットです。

囮としてスタンリーの代わりになったり、スタンリーから「メモをとれ」など命令されていた部下です。

精一杯任務をこなそうとしている姿勢が見え、とても冷酷とは思えない女性。

スイカは、千空にいざという時に持たされていた薬で、自分の危険も顧みず敵であるシャーロットを助けました。

スイカがその薬を使っていなければ、シャーロットは死んでいたことでしょう。

そして、千空たちのいる砦に攻め込むとき、一コマだけシャーロットの顔が描かれていたのですが、なんとも言えない辛そうな表情でした。

スタンリーからの「全員射殺」命令にも、少し間があいて返事をしています。

敵ではありますが、悪い人ではないシャーロットは、命の恩人であるスイカに何かしらの思いを持っているはず。

もしかしたら今後、スタンリー直属の部下であるシャーロットが味方となって助けてくれるかもしれません。

 

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察|ジョエルが装置を完成させる?

千空が「ジョエルからの一方通行の通信は聞こえる」と以前言っていました。

石化装置の仕組みが分かったら無線で知らせるようにと。

もしかしてこれも伏線?と思ってしまいました。

まあ、すでに居場所がバレているし、相手の通信機器も壊れているので、もう千空から通信しても良いんですけどね。

それにしても、こんな土壇場になっても、まだジョエルからの連絡は来ていません。

今のところ、攻撃が命中しているシーンが描かれていたのは、大樹と龍水です。

科学チームのいる砦も爆撃されますが、間一髪で千空がカセキを抱きかかえ助けます。

電池に必要なダイヤも燃えてしまい、ますます完成は遠のきました。

戦闘力のない千空たちは、おそらくこのままではやられてしまいそうです。

となると、鍵を握っているのは世界遠征チームに入っていないジョエルたち。

それと、遠くで隠れているよう言われたルーナとチェルシーです。

カセキはもちろん凄腕の職人ですが、今回は時計職人ジョエルの専門分野。

願いを託すとしたら、望みはジョエルの腕にありそうですね。

 

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察|龍水の発言が現実化?

人質のゼノから、千空を犠牲にすることに賛同するのなら、何人かは助けようと提案された龍水。

もちろん、そんな提案に乗るはずもありません。

この時龍水は、誰が道半ばで倒れても最後に勝つのは自分たちだと言いました。

そして、ドクターストーンの力で全てを救うのだと自信満々。

「当たるぜ船乗りのカンは」が口癖の龍水ですが、これこそ現実化するのではないでしょうか。

「誰が倒れても」というのは、すでに敗れた司たちのことかと思いましたが、自分も含め、まさに今攻撃されている仲間たちのことではと考えられます。

そして、ドクターストーンの力で最後に勝つ。

つまり今、自分たちがここで敗れても、生き残ったアメリカ組の仲間に助けてもらうというのが濃厚です。

相手は通信機器が使えないので、ここで命がけで壊した通信機器の有無で大きな勝敗を分ける気がします。

 

ドクターストーン190話ネタバレ最新考察|逆転の発想?燃えたダイヤで何かが変わる?

石化装置を作動させるには、おそらく必要不可欠なダイヤモンド。

しかし、千空が考えてもカセキやジョエルが頑張っても、なかなか作動しません。

「何かがちがうということ」だと、みんな頭を抱えます。

しかし、その何かが分からない。

現実に、ダイヤモンドが燃えるという現象が起こるのは事実。

ただ、すぐには燃え尽きないようです。

ダイヤモンド=高級な宝石、というイメージがついてしまっている現代人にはなかなか想像できませんが、ダイヤモンドは主に炭素原子でできているそう。

「ただの炭」だと千空も言っていましたね!

炭と一緒なので、もちろん燃えるそうです。

燃えるというのは酸素と結びつくことなので、炭素+酸素で二酸化炭素となり、いずれは気体となって空気中に消えてしまいます。

物語に戻って考えてみると、ダイヤモンドが燃えているところをルーナとチェルシーが見つめているシーンで終わっていました。

もし、気体に変化する前に2人がダイヤを回収していたら…。

今まで試していなかった、「燃えかけたダイヤモンド」が手に入ることになります。

「何が違うか分からない」状態から何かを見出すとしたら、偶然の産物ということもありえるかも?!

 

ドクターストーン190話確定ネタバレ速報!

ドクターストーン最新190話が2021年3月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ16号に掲載されました!

前回は、龍水の体に相手の攻撃が直撃し、肝心のダイヤも燃えてしまったところで終わっています。

土壇場で石化装置は完了するのか?!

早速ネタバレ記事をお届けします!

※ドクターストーン【最新190話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|投降不可!龍水死亡

相手は銃や手榴弾を使い、次々と攻撃してきます。

龍水の胸にも銃弾が直撃。

血を吹き出して倒れていくところを見ていたゲンは、声にならない叫びをあげます。

青ざめながら自分の服を慌てて破り、枝につけて「白旗」をあげました。

しかし、スタンリーは「投降は認めない」と最初から命令を出しています。

すぐさま白旗を撃ち抜かれてしまいました。

ゲン自体が撃たれなかったのは、不幸中の幸いです。

この状況で、ゲンは一瞬何かを考えているようでした。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|悔し涙を流すカセキ

砦は黒煙をあげながら激しく燃えています。

その残虐さとは裏腹に、ダイヤモンドはキラキラと綺麗に光って吹き飛ばされていきました。

千空とカセキは、ただ炎を見つめています。

「結局、な〜にもできなかった」とカセキが口を開きました。

あんなにみんなで頑張ったけど、結局石化装置はホワイマンのものだった。

人の手では届かないものだったのだと、完全に諦めています。

涙を流しながら、「未来には一歩も進めなかった」と心から悔しそうです。

しかし、クロムは諦めていない様子。

「そうでもないかもしれない」。

その時、ジリリリと無線がなりました!

 

ドクターストーン190話ネタバレ|ついに!石化装置を完成させたのはやはりジョエル!

一体誰から?!突然の連絡に驚くカセキ。

千空は笑いながら、「時計技師のジョエル先生っきゃいねえだろうが」と言います。

ワイングラスに石化装置を入れ、「0.03m、10second」と呟くジョエル。

ジョエルは、大仕事を完成させた時は勝利の一杯を飲み干すと決めていました。

ワインを注ぎグラスを掲げると、見事に発光し石化装置が作動!

「21世紀にもなかった新しい未来科学を手に入れた」と不敵な笑みを浮かべます。

無線を聞いていた千空、クロム、カセキは目を丸くして驚いています。

今日からは、俺がいくらでもダイヤ電池を削ってやる!と、頼もしいジョエル。

しかし、成功したのはカセキのおかげだと言いました。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|フランソワが送っていた通信には意味があった!

スイカとフランソワが敵に見つかった時、フランソワは瞬時にアメリカに通信していました。

「二手に分かれます」と伝えただけだと、フランソワは敵に知られても何のことか分からないようにしていました。

実際、アメリカで通信を聞いたブロディは意味が分かりませんでした。

しかし、何かの合言葉では?と、念のため少年科学団には知らせない方が良いと判断。

それでもジョエルに伝わったのは、ジョエルの手作り腕時計に秘密がありました!

「自分の腕」しか信用していないジョエルは、いわば「受信専用の盗聴器」を内臓させていたのです。

ジョエル自身、すぐには「二手に分かれる」の意味は分かりませんでした。

しかし、ずっとダイヤ電池の技術連絡用に使っていた通信回路なのだから、おそらくダイヤに関する連絡なのだと予測。

日本チームのプロ技師からのヒントだという答えに行き着いたジョエル。

そして、すでにカセキが判明させていた、ダイヤの「劈開面」の存在に初めて気がつきます。

理屈が共有できれば、あとは専門ジョエルの仕事。

こうしてプロの時計技師のプライドに賭け、ジョエルが石化装置を完成させたのです。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|喜びもつかの間!ブロディに見つかってしまう!

ジョエルが「カセキとの共同作品」だと言うと、悔し涙から嬉し涙に変わるカセキ。

一生かけてやってきたことも、これまでの頑張りも、無駄じゃなかったのだと空を見上げます。

「自分が死んでも、科学は命を超えて未来へ重なっていく」とカセキ。

クロムも千空も、その通りだと言わんばかりに優しい顔で笑いました。

が、その時アメリカ本土では、石化装置を入れたワイングラスが握りつぶされてしまいます!

もちろんその手はブロディ。

サングラス越しでもじゅうぶん伝わる怒り…。

作業台も思い切り蹴り飛ばされてしまいました。

石化装置は没収され、厳重な鍵付きの倉庫に入れられます。

さらに、ニッキーや金狼たち、みんなに銃口が向けられました。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|ゲンが相手の無線機は無いと確信!

攻撃と炎に囲まれながらも、ゲンが「たぶん、スタンリーちゃんは無線機が無い」と千空に言います。

相手が妙に強引すぎ、白旗も完全無視。

無線での最後通牒も無い。

無線機が壊され、人質のパワーバランスが崩れたからだと想定。

そして何より、「コハクたち3人が何もできないでやられるわけがない」と、ゲンには珍しく厳しい表情で泣きながら言います。

通信独占中だと気づけば、最後の一か八かの作戦が残されていました。

すぐにアメリカに通信を送ります。

またしてもブロディは、ジョエルたちを無線に近づけないよう指示。

しかし、ジョエルの腕時計ではしっかり通信を受け取っていました。

内容を聞いたアメリカチームは、みんな信じられないという顔をしています。

それでもすぐに、生き生きとした表情に切り替わりました。

モズ、金狼、マグマ、ニッキー、とにかく全員で正面特攻!

最初からこうすれば良かったのだと笑いながら銃に向かっていきます。

そして金狼が、カセキのセリフと同じ「科学は命を超えて未来へ進む」と言いました。

ジョエルは何かを信じきっているみんなの様子に驚きます。

でも、自分も会ったことのないカセキと、勝利の一杯を交わすのだと心に決めたようです。

>>ドクターストーン191話ネタバレ確定最新速報!

 

ドクターストーン190話ネタバレまとめ

ドクターストーン190話最新ネタバレ確定速報・考察いかがでしたでしょうか?

今回も、自分たちは倒れても「科学」の力は超えていくのだというみんなの団結力!

そして離れているはずのカセキと金狼が、全く同じセリフを言ったところが、以心伝心でグッときました。

やはり石化装置を完成させたのはジョエルでしたね。

ジョエルを石化から目覚めさせる時、ちょっとインパクト薄くない?と思ったのですが、今回はジョエルさまさまでした!

総合的な職人の腕はカセキの方が上かもしれませんが、今回のダイヤ加工に関してはジョエルの専売特許という感じでしょう。

石化装置を一つ完成させても、アメリカチーム、世界遠征チーム共にピンチなのは変わりありません。

しかしここで、コハクたちが命をかけて壊した通信機器の有無が生かされてきそうです!

まさに命をかけた総力戦。

この作戦は成功となるか?!

次号はドクターストーン休載となり、週刊少年ジャンプ18号で再開予定となっております。

引き続き考察を更新していこうと思います!

以上、ドクターストーン190話最新ネタバレ確定速報・考察でした!