僕のヒーローアカデミア

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!雄英1年A組のコンビネーション!無反応の危機感知!

ヒロアカ ネタバレ 最新 考察 確定 320話
Pocket

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!雄英1年A組のコンビネーション!無反応の危機感知!

こちらの記事では、7月19日に発売予定の週刊少年ジャンプに掲載されるヒロアカについてネタバレ最新考察・確定情報をお届けしていきます。

ヒロアカ320話ネタバレ確定速報が入りました!

前回のヒロアカでは、デクVS雄英1年A組の戦いが開幕するぞというところまで語られていました。

いくらデクが周囲を巻き込まんと単独行動を続けても、A組との関係は切っても切り離せません。

それにクライマックスが近付いているからこそ、デクのことをよく知る仲間のサポートは必須。

戦闘能力を見ても幅広い強力な個性に、抜群のコンビネーションと敵との戦いで大いに活躍出来るものばかり!

一人二人ではとても無理な強敵でも、大勢で協力すれば撃退も可能でしょう。

さて一時的に敵に回ったクラスメイト達には、危機感知の個性は反応しませんでした。

自分を心から信頼し大切に思ってくれている人には、反応しないようになっているのではないでしょうか?

となるとこれがオールフォーワン相手なら、危機感知が鳴りっぱなしですね!

今回は「ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!雄英1年A組のコンビネーション!無反応の危機感知!」と題しまして、ヒロアカ320話ネタバレ考察、確定情報をお届けしていきます。

>>【続き】ヒロアカネタバレ321話最新速報!

 

ヒロアカ320話最新確定速報!

7月19日発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ320話ネタバレ確定情報が入りました!

今回のヒロアカのタイトルは「デクvsA組」

それでは早速ヒロアカ320話ネタバレ確定最新速報をお届けしていきます。

ヒロアカ最新320話は7月19日(月)の週刊少年ジャンプ33&34合併号に掲載予定です。

ネタバレ確定速報は情報が入り次第こちらでお届けしていきますので、チェックをお願いします。

※ヒロアカ【320話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!煙幕対爆風地雷!

場面は降りしきる雨のなか、デクと雄英1年A組が真正面から対峙しているところから始まります。

デクが一度決めたら止まらない人だと熟知している飯田。

他の皆も飯田同様、話し合いで解決出来るとは思っていません。

ここで暴豪がデクがワンフォーオール4·6代目の個性も解禁したと挑発。

「すっかり画風が変わっちまったなぁ!?クソナード!!」

暴豪の言う通りデクはとてもヒーローには見えない、恐ろしい姿をしていました。

敵ヴィランだと言われても違和感はありません。

「······ありがとう···来てくれて···。」

A組みんなの気持ちを嬉しく思いながらも、デクはワンフォーオール6代目継承者の煙幕を発動!

目眩ましをしてその場から逃げようとするデク。

暴豪は咄嗟の判断から発動した爆風地雷で、煙幕を吹き飛ばしました。

デクの動きにすぐ反応出来るところは、流石はデクのライバルなだけありますね。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!デクに活を入れる爆豪!

「話しもしねーでトンズラか。」

「何でもかんでもやりゃできるようになると、周りがモブに見えちまうなぁ!?」

正面から向き合おうとする雄英1年A組に比べ、デクは煮え切らない思いを抱えたまま逃げるばかり。

堪忍袋の緒が切れた爆豪は怒りをぶつけました。

爆豪の性格からして本当は一発殴りたい気持ちなのでしょう。

とはいえ単なる暴力ではなく愛の鞭!

彼に更正してほしい一心でのことには違いありません。

デクの心には十分にその思いが響いていますが、立ち止まらずに逃走を続けました。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!雄英1年A組の華麗なるコンビネーション!

爆豪の声に続くようにして、”戻ってきても大丈夫だ”と必死に呼び掛けたのは口田くんです。

校長先生も戻っておいでと言っている!だから逃げないで戻って来てほしい!

口田くんはそう言って無数の鳩を召喚。

デクを追跡させますが簡単に距離を離されます。

逃がすわけにはいかない!

黒鞭にテープを伸ばした瀬呂はしっかりとそれを固定。

以前戦い方の基本を、手取り足取り教えてもらったのは良い思い出!

しかし瀬呂の放ったテープもデクの手刀で切られてしまいました。

次に現れたのは耳郞のイヤホン。

心音壁(ハートビートウォール)で攻撃!

全力の一撃だったもののデクのほうがスピードは数段上。

瀬呂に続き耳郞もデクを逃してしまいます。

「文化祭の時要点のまとめ方教えてくれたのかなり助かったんだよね!」

それでも耳郞は些細な事でも親切に対応してくれて、嬉しかったと伝えました。

“尾空旋舞(びくうせんぶ)”

耳郞の後ろから尻尾でデクを捕らえたのは尾白。

体育祭の心操戦の時、デクが自分の為に怒ってくれた事を忘れないと告白!

だからボロボロになってまで戦う仲間を見過ごせません。

「オールフォーワンに奪われる···!だから離れたんだよ···!!!」

しかしデクはみんなを危険に晒すことは出来ないと拒否!

既に尾白の尾空旋舞に拘束されながらも、それを腕の力だけで抉じ開けていきました。

これだけ強いといずれデクが、オールマイト以上のトップヒーローになる日も近いでしょう。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!デクの安全確保が最優先!

尚も逃げ続けるデクを常闇が捕らえ、”黒影(ダークシャドウ)”でビルに押し込みます。

そして耳郞と尾白を両脇に抱え、空中を移動していた砂藤は信号機の上に着地。

「緑谷!聞いてくれ!」

「お前は特別な力持ってっけど気持ちは俺らも同じだ!」

デクには聞いてほしい話が沢山あります。

さっき口田くんが言っていた学校の対応についての話しもその一つ。

エリにリンゴアメ作る時食紅貸してやらないよと、敢えてデクを突き放しました。

しかしエリだって自分からじゃないほうがいいはずだとデク。

今デクは廃ビルの中で項垂れ、話をまともに聞く気はない様子。

彼の背後から音もなく近付いたのは八百万です。

八百万は巨大な機械でデクを拘束し、眠らせた上で動きを封じます。

当初の雄英1年A組はデクに付いて行くつもりだったが、今はエンデヴァー達の協力のもと個性を行使していると語る八百万。

任務内容はデクの安全の確保!

バキバキバキバキ

「もう······かまわなくて······いいから···!僕から···離れてよ!」

デクはダークシャドウと巨大な機械を破壊しながら、前へ前へと突き進みます。

これだけみんなが説得しているのに拒否するとは、デクはかなりの頑固者ですね。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!常闇·上鳴·障子に捕捉されるデク!

「やなこった!!」

今度は八百万の背後で控えていた上鳴が、デクの肩を抱き語りかけました。

確かにオールフォーワンは悪の権化、倒さなければならない最終目標。

だが今のデクにはそれ以上に大事なものがあると上鳴。

「全然趣味とか違げーけどお前は友だちだ!だから無理くりにでもやらせてもらう!」

上鳴に拘束されたデクに、絶縁テープを巻いた腕を巻き付けたのは障子です。

このメンバーならオールマイト相手でも怖くないというセリフは、合宿襲撃時にデク自身が言ったことだと指摘します。

“終焉 胎(ラグナロク胎)”

上鳴·障子の次はダークシャドウを駆使した攻撃が得意な常闇の番!

「黒影の攻撃力を”防”に利用するのはお前のアイデアだったっけな緑谷。」

ラグナロク胎でデクをぐるぐる巻きにした常闇はそう語りました。

“お前にとってA組メンバーは庇護対象でしかないのか!?”

デクの背中から意地でも離れないつもりの上鳴は、とりあえず風呂入ろ!と発言。

上鳴といえば、強力な電流を放出する能力がありますよね。

しかし友達であるデクにそんな事はしたくないでしょう。

電流を流すのはあくまでも最終手段だと思います。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!無反応の危機感知!

「頼むから···!!うう···!うああああ!!」

マスクで隠れて表情は分かりませんが、デクは必死で引き止めようとする友達の様子に涙しました。

常闇が放ったダークシャドウのラグナロクを抉じ開け、尚も逃走を続けるデク!

皆が心の底から心配してくれているのは、危機感知が全く反応しないことからデクも分かっています。

「だから···!離れてよ···頼むから!」

「僕は!大丈夫だから!!」

遂に脱げたマスクから伝わるデクの複雑な感情!

大切な者を巻き込まない為に、出来るだけ雄英1年A組を引き離そうとしました。

浮遊するデクを足止めしたのは、轟焦凍の穿天氷壁(がてんひょうへき)!

突如目の前に出現した巨大な氷の壁は、デクの行く手を遮ります。

氷の壁の頂上からデクを見下ろした焦凍は

「その責任 俺たちにも分けてくれよ。」

と言いました。

少々口は悪いですが、デクの苦しむ姿を見たくないのは焦凍も同じ!

絶対に方針を変えようとしない究極の頑固者の心にも、ある程度響いているでしょう。

 

ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!思いをぶつける梅雨!

ピタチョン

「行かせないわ。」

焦凍の言葉を受け継ぐように発言したのは、壁に忍者のように張り付く梅雨ちゃん。

「もうオロオロ泣いたりしない 大切だから。」

ワンフォーオールの力を受け継いだデクも、怖い時は震えて辛い時は涙を流す普通の少年です。

それにデクは守らなければならない大切な友達。

もしコミックのようなヒーローになるなら

「A組は一人で架空の世界へは行かせない!」

そこにはかつての泣き虫少女はいませんでした。

以上でヒロアカ320話のネタバレは終了です。

>>【続き】ヒロアカネタバレ321話最新速報!

 

ヒロアカ320話ネタバレ考察!

そろそろ雄英1年A組が登場してもいい頃だと思いましたが、早速デクの元に全員集結してくれました。

爆豪もお茶子も皆デクに戻ってほしい、協力したいと思う気持ちは一緒。

それにエンデヴァー達プロヒーローよりも、生徒達のほうがデクのことを知っています。

特にデクのライバルで友人でもある爆豪は、よおく彼のことを観察してきましたからね!

それにしてもここで一気に登場人物が増えて賑やかになりました。

最後は何やら一触即発の雰囲気になったものの、その程度で彼らの絆がなくなるわけではありません。

意見の隔たりがあっても、必ず一致団結して敵に立ち向かうことになるでしょう。

 

ヒロアカ最新320話ネタバレ考察|ディクテイター復活?

助っ人で現れた爆豪が攻撃をヒットさせたことで、ディクテイターは倒れたかに見えました。

前回のヒロアカは、デク対雄英1年A組の戦いが始まるぞ!というところで幕を閉じましたね。

しかしディクテイターが、確実に倒されたことを証明する場面はありません。

実は簡単に倒された”フリ”をしているだけで、まだ実力の半分も出していないのではないでしょうか?

彼はオールフォーワンが直々に選んだタルタロスの刺客!

1人目の刺客であるレディナガンがかなりの強敵だったので、ディクテイターが他の個性を隠し持っていても不思議ではありません。

例えば気配を消して相手に忍び寄る個性。

これがあれば戦いを有利に進められます。

さてデクと雄英1年A組は今まさに一触即発の雰囲気。

彼らが激突するとなれば、隙を見て一番邪魔なデクの排除に動くのではないかと予想。

それさえ達成出来れば即座にその場から離脱するでしょう。

A組全員を相手にしていたら分が悪いですからね。

いずれにせよあまり強そうに見えない敵が、一番厄介な敵ということもあります。

デク達には気を抜かずに、ヴィランに挑んでもらいたいなと思いました。

 

ヒロアカ最新320話ネタバレ考察|A組vsデクにヴィラン乱入?

意地を張りサポートを拒むデクと、なんとしてでも彼を助けようとする1年A組。

まさにこれからお互いがぶつかり合う一触即発の雰囲気!

これは打倒ヒーローを掲げるヴィラン連合にとってはチャンスだと思います。

戦力が集中することになるものの、逆に計画に邪魔な雄英1年A組の個性持ち達を排除する絶好の機会!

仲間割れをしていればデク達の結束も乱れますからね。

林間学校襲撃事件の時のように、一気にヒーロー側戦力を削ぐ為、デク対雄英1年A組の戦いに乱入するでしょう。

雄英側が何処で何をしているかなど、ヴィランにとって知るのは朝飯前!

つぶさに動きを監視していれば、突然の襲撃も可能ではないでしょうか?

オールフォーワンは最初から、ディクテイターに期待していなかったのではないかと思います。

ここで残りの刺客を一気に投入してくるとも予想。

いずれにせよオールフォーワンのことだから、あらゆる可能性を考慮して作戦を立てているでしょう。

 

ヒロアカ最新320話ネタバレ考察|精神世界の扉はデクの心の象徴?

ディクテイターとの戦闘で、絶対絶命状態だったデクを救出した雄英1年A組。

しかしデクはクラスメイト達のサポートを拒否しました。

大切な人達を巻き込まない孤独のヒーローを好むデク。

ここでふと気になったのが、歴代ワンフォーオール継承者が会議をしていた精神世界の扉。

あの鍵の掛かった頑丈な扉の向こうには、デクの心の象徴的なものが隠されているのではないでしょうか?

全く開く様子のない扉を見ていると、心を閉ざし周囲と距離を置くデクを表しているように思いました。

頑丈な扉は心を開いたデク自身でないと開けられないでしょう。

ではデクの心の象徴的なものとは何なのか?

それは戦いで死んでしまった仲間やデクに救われた人達!

彼らは扉の向こう側でデクを待っているのではないかと思いました。

デク自身がその人達が伸ばした手を取ることで、ワンフォーオールの真の力を引き出せるのではないでしょうか?

因みデクが思い出したくない黒歴史が、閉じ込められているとも予想。

しかしそれに正面から向き合えば、その先には希望の光が待っているでしょう!

あくまでもそうなったらいいなという考察でした!

 

ヒロアカ最新320話ネタバレ考察|デクが雄英に連行?

前回のヒロアカは、デクが雄英1年A組のサポートをキッパリと断ったところで幕を閉じました。

「どいてよ皆···!」

仲間を巻き込みたくない思いが強いだけに、簡単には説得出来ないでしょう。

となると互いの思いを戦いでぶつけ合うのみ!

雄英1年A組の代表としてデクと対峙するのは、爆豪とお茶子と予想。

爆豪が愛という名の鉄拳をお見舞いし、お茶子はデクを叱り飛ばすと思います。

抵抗する気力がなくなったデクは、雄英高校に連れ戻されるのではないでしょうか?

勿論オールマイトも一緒に。

一旦雄英に戻りデクの体調が戻り次第作戦会議をするでしょう。

いずれにせよあの状態のデクが戦いを継続しても、オールフォーワンどころかヴィラン幹部を倒すのも困難ですからね。

少しは周囲に頼り協力したり、必要に応じて休むことも覚えてほしいです。

 

ヒロアカ最新320話ネタバレ考察|オールマイトがデク再説得?

オールマイトは孤独のヒーローを貫くデクを、追いかけ説得しました。

しかしデクの決心は固く、これ以上説得する余地はないかのようにも見えましたね。

(もう自分に出来ることはないのか···。)

複雑な感情になるオールマイトですが、彼は必ず立ち上がり何度でもデクを説得するでしょう。

何故ならデクの母親に彼を守ると約束したし、愛する教え子が苦しむ姿を見ていられないから。

一時は追いかけることを諦めても

「君が嫌だと言っても俺は君に協力するぞ!」

と自分の意志を貫くでしょう。

デクもそんなオールマイトに心打たれ、ほんの少しずつでも変わっていくのではないでしょうか?

 

ヒロアカ最新320話ネタバレ考察|轟焦凍は別行動?

焦凍もクラスメイト達と一緒に、行方不明のデクとオールマイトのことで、エンデヴァーに抗議していましたね。

しかしデクとオールマイトの無事を確認したら、焦凍はエンデヴァーと共に荼毘の行方を探すのではないでしょうか?

頼りになるクラスメイト達にデクとオールマイトのことを任せ、途中から別行動!

荼毘、いや兄である燈矢をこのまま放置していては、いつまで経っても彼を暗黒面から助け出せません。

「みんなで燈矢兄を止めに行こう。」

雄英1年A組のクラスメイト達も、家族思いな焦凍の事情を察してくれるでしょう。

いくら敵連合に与していても、焦凍にとっては大切な家族ですから。

 

ヒロアカ320話ネタバレまとめ

「ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!雄英1年A組のコンビネーション!無反応の危機感知!」いかがでしたでしょうか?

デクが成長していくと同時に、雄英1年A組の心と体も成熟してきているのは自然な流れ!

皆それぞれが友達を思い、危険を省みずにデクを止めようとしているところに感動しました。

さて非常に高度なコンビネーションで、デクの動きを遅らせることに成功した雄英1年A組。

きっと厳しい訓練を何度も続けてきたからこそ、実現出来るものなのでしょう。

爆豪や焦凍は勿論、クラス全員が全力投球の様子は鳥肌ものです!

危機感知が無反応なことから、デクを排除しようとする思惑はゼロ。

みんな友達というより、本当の家族のようにデクを思ってくれているんですね。

仲間の思いは謙虚に受け止める!

絆の力を強め協力者を増やしていけば、打倒オールフォーワンに向けて大きな一歩を踏み出せるでしょう。

それでは、「ヒロアカネタバレ320話最新確定速報!雄英1年A組のコンビネーション!無反応の危機感知!」でした。

考察や確定記事は日々更新しますので、こちらのサイトでチェックをお願いします!