僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察!爆豪がデクに敗北?ステイン&荼毘が雄英襲撃?

ヒロアカ ネタバレ 最新 考察 確定 321話
Pocket

ヒロアカネタバレ321話最新考察!爆豪がデクに敗北?ステイン&荼毘が雄英襲撃?

次週少年ジャンプ休刊のため、次号のヒロアカ321話は8月2日に公開予定です。

こちらの記事では、8月2日に発売予定の週刊少年ジャンプに掲載されるヒロアカについてネタバレ最新考察・確定情報をお届けしていきます。

前回のヒロアカでは、雄英1年A組の抜群のコンビネーションが中心に描かれていました。

それぞれの登場人物がどう個性を駆使して戦うのかは勿論、デクへの思いについても熱く語られていたのが特徴!

例えば爆豪がデクにきつく当たっているように見えた場面。

しかしそれは周囲の心配を余所に、自分を犠牲にしてでも単独行動を貫くデクへの怒りだったんですね。

最終的に爆豪の怒りの鉄拳が炸裂すると思いましたが、勿論デクに敗北するパターンもあるでしょう。

なんといっても相手はワンフォーオールの力を受け継いだデクですから。

さて1年A組不在の雄英高校には、ステインと荼毘率いる大量のヴィランが襲撃すると思います。

2人はヴィランの中でも特に強敵なので、教師や生徒達も苦戦を強いられるのではないでしょうか?

今回は「ヒロアカネタバレ321話最新考察!爆豪がデクに敗北?ステイン&荼毘が雄英襲撃?」と題しまして、ヒロアカ321話ネタバレ考察、確定情報をお届けしていきます。

 

ヒロアカ321話ネタバレ考察

クラスメイト全員がデクへの思いを語り、単独で動こうとするデクを引き止める為に、仕方なく戦っていたのが前回のヒロアカ。

対するデクは覚醒状態に入り、皆が協力して挑んでも勝てるかどうか分からない存在!

既に黒鞭·煙幕·浮遊·危機感知などの強力な個性を使用し対抗していました。

しかし危機感知に反応がないことから、クラスメイト達に敵対心がないことが分かります。

デクもそのことに気づいていて、反撃するのではなく、少しでもその場を離れることに徹している様子。

彼が距離を離そうとする度に、A組メンバーが立ちはだかるという展開が継続していましたね!

迫力ある戦闘シーンは勿論、雄英1年A組のみんながデクをどう思っているのかがよく分かる回でした。

つまりクラスメイト一人一人が主人公というわけです。

仲間同士がぶつかり合う辛い場面ではありますが、両者の絆を再確認することが出来ましたよ!

それでは早速ヒロアカ最新321話ネタバレ考察を進めていきましょう!

 

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察|お茶子VSトガマッチ開幕?

お茶子とトガヒミコはデクを愛する者同士ですが、愛するの意味が異なるのが大きな特徴。

純粋にデクを大切に思うお茶子に比べ、トガヒミコはデク自身になりたいと思っています。

デクを安全に確保するという利害は一致しても、トガヒミコの愛は狂気であることには、変わりがないのではないでしょうか?

この相容れない2人は一度戦っていますが、まだ決着は付いていません。

ヒロアカも徐々に最終回が近付くなかで、お茶子とトガヒミコのバトルは必ずあると予想。

その時はトガヒミコのほうから、隙を見て襲撃してくるでしょう。

形は違えどデクを思う気持ちは自分のほうが上!

戦いのなかでもう一度語り合い、それでも意見の隔たりがあれば、命を奪うつもりで攻撃してきても不思議ではありません。

仲良くなれないのは仕方なくても、ヴィランとの戦いで一時的にでも味方になってくれると心強い人物。

いや···お茶子それに彼女の仲間達なら、トガヒミコの協力を得ることは可能でしょう。

因みにお茶子は日頃の訓練でかなりパワーアップしているはず!

単独でもトガヒミコとの戦いに勝利し、オールフォーワンを倒すまでという約束で、トガヒミコが一緒に行動してくれると予想。

いずれにせよ2人はどこかのタイミングで、必ず対峙するでしょう。

 

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察|ホークスの父親は無個性?

ホークスの父親といえば、息子であるホークスに辛く当たっていた人物。

「どけ!背中向けるな!言ったろが!何度めだ!」

と罵声を浴びせながら、背中を蹴ったこともありましたね。

ここで気になるのは、父親には個性があるのかどうかという点。

虐待が日常的に行われていたことから考えると、特に個性が備わっているとは思いませんでした。

個性があることを示唆する場面はなかったです。

実の息子に一切の愛情を注がないのは、特異体質を持って生まれた息子を妬んでいたのではないでしょうか?

そして連続窃盗殺人の罪を犯したのも、個性持ちへの一方的な恨みだとしても不思議ではありません。

またエンデヴァーが父親を捕まえた際、戦闘があったという話も聞きませんよね。

個性持ちなら激しく抵抗し、逮捕するのもそう簡単ではないと思います。

以上のことからホークスの父親は、元々無個性であると予想しました。

 

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察|内通者はお茶子?

内通者がいるという噂は、ネット上で度々囁かれていましたよね。

雄英1年A組や教師それに警察関係者など、様々な立場の人物が候補に挙がっています。

この中で一番怪しいのは、A組の中心的なメンバーでデクからの信頼が厚いお茶子ではないでしょうか?

というのも一番内通者としてはあり得ない人物だからこそ、最も熱い展開が期待出来るからです。

お茶子が内通者ならデクや周囲は驚愕し、酷く戸惑うのは確実!

具体的な理由は2つ。

第一にお茶子の個性である”無重力(ゼログラビティ)”は、ワンフォーオール7代目継承者·志村菜奈の持つ浮遊に似ています。

指先で触れた対象物を無重力化出来るところが、志村菜奈の浮遊の特徴に近いように思えるんですよね。

オールフォーワンが志村から個性を奪い、それをお茶子に譲渡していることもあり得ると予想。

さてもう一つの理由は、お茶子が入試試験当日にデクに接触しているということです。

早い段階に信頼関係を築いておけば、誰もお茶子が内通者だなんて疑わないと思います。

また、より絶望感を増幅させるのは確かでしょう。

それに時折見せる闇の部分も、善良そうで腹黒くも思えるんですよね。

ヒロアカは意外な展開が多いので、お茶子=内通者パターンもあってもいいななんて思ってしまいました。

 

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察|爆豪がデクに敗北?

雄英1年A組の相手は、オールマイトにも劣らない実力があるワンフォーオール9代目継承者!

レディナガンやマスキュラーといった強敵を倒すデクなのだから、かなり苦戦を強いられている様子でした。

A組メンバーの最後にデクの前に立ちはだかるのは爆豪だと思います。

「お前らは手を出すなよ。」

「最後は俺に一発殴らせろ。」

多少は性格が柔らかくなったとはいえ、爆豪のことだからデクに一対一の戦いを申し入れるでしょう。

そしてデクは爆豪へと一直線に向かってくるはず!

お互いに一歩も譲らない戦いが展開され、最後はデクが勝利すると予想。

爆豪もデクに追い付くように訓練しているとはいえ、やはりワンフォーオールの強力な個性には、敵わないのではないでしょうか?

実戦経験も単独でヴィランとの戦闘を繰り広げてきた、デクのほうが多いのではないかと思います。

デクは爆豪との勝負に勝利しその後もA組の包囲網を次々と突破!

その間に隙を見て逃げてしまっても不思議ではありません。

 

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察|ステイン&荼毘が雄英高校襲撃?

1年A組がデクとオールマイト救出の為に不在の雄英高校。

オールフォーワンはあえて彼らが不在の時に、ここをステイン&荼毘率いるヴィラン達(兵員は大量の脳無)に襲撃させるのではないでしょうか?

何故ならデク達にとって雄英は無くてはならない場所。

それに根津校長や教師陣に他の生徒達までいます。

ここを襲撃してヒーロー側の戦力を削っておくことは、ヴィランにとってプラスになるでしょう。

海外からのヒーロー派遣の話もあるなかで、敵対者が増えることは厄介ですからね。

何よりも雄英を襲撃すれば、結果的にデクやエンデヴァーなどが姿を現します。

ステインと荼毘なら因縁深き人物との戦いを望んでいても、不思議ではありません。

戦いを通じて互いの思いを存分にぶつけ合うのは、ステインと荼毘にとって望むところだと思いました。

いずれにせよ雄英襲撃は、二人にとってかなり重要なものとなるでしょう。

 

ヒロアカ最新321話ネタバレ考察|第二の雄英バリアは1年B組?

根津校長は雄英1年A組不在でも、雄英バリア(機械仕掛けの扉)で学校を守る自信があると話していましたね。

校長によると雄英バリアは更に強化されているということです。

そうなるとヴィランが襲撃するにしても、そう簡単には突破されないでしょう。

しかし相手は強力な個性持ちがうじゃうじゃいるヴィラン!

もしもの時に備えて第二の雄英バリアも備えていると予想。

第二の雄英バリアとは1年A組に比べ、影は薄いが強力な個性持ちもいる1年B組の生徒達だと思います。

例えば黒色の中なら何にでも溶け込め、急襲や退避も出来る黒色支配。

金属性の盾をも巨大な両手で破壊出来る拳藤一佳。

その他にも戦力になりそうなB組生徒は複数いるので、校長の指示で教師陣が特訓強化しているでしょう。

1年B組は雄英バリアが突破された時の保険!

そこまで根津校長は考えているのではないかと予想しました。

 

ヒロアカ321話最新確定速報!

次週少年ジャンプ休刊のため、ヒロアカ最新321話は8月2日(月)の週刊少年ジャンプ35号に掲載予定です。

ネタバレ確定速報は情報が入り次第こちらでお届けしていきますので、チェックをお願いします。

※ヒロアカ【321話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ヒロアカ321話ネタバレまとめ

「ヒロアカネタバレ321話最新考察!爆豪がデクに敗北?ステイン&荼毘が雄英襲撃?」いかがでしたでしょうか?

デク対雄英1年A組の戦いも激しくなりましたが、どちらかが敗北しない限り終わらないでしょう。

今の戦況は五分と五分なので、最後は爆豪がデクと一対一の戦いに持ち込むのではないかと思います。

しかしデクは格段に強くなっているので、爆豪が敗北しデクが逃げてしまっても不思議ではありません。

しばらくは再び逃走を開始したデクの捜索が続くと予想。

さてヴィラン連合の動向ですが、雄英高校を襲撃することで、戦況を有利にしようとするのではないでしょうか?

デクやプロヒーローのみに的を絞り襲撃するのは、敵側もリスクが高いと思います。

ここは外堀から徐々に固めていき、じわりじわりとその触手をデクに伸ばしていくでしょう。

その際はヴィランの中でも強い部類に入る、ステインと荼毘が現れるのではないかと考えました。

しかも大量の脳無達を引き連れているとなれば、大損害を受ける可能性も十分あり得ます。

そうならない為にも、雄英の守りはより万全にしてほしいですね。

それでは、「ヒロアカネタバレ321話最新考察!爆豪がデクに敗北?ステイン&荼毘が雄英襲撃?」でした。

考察や確定記事は日々更新しますので、こちらのサイトでチェックをお願いします!

次週少年ジャンプ休刊のため、次号のヒロアカ321話は8月2日に公開予定です。