僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ326話ネタバレ確定&感想!オールマイト復活!ステイン参上!

ヒロアカ ネタバレ 最新 考察 確定 326話
Pocket

ヒロアカ326話ネタバレ確定&感想!オールマイト復活!ステイン参上!

こちらの記事では、9月18日に発売予定の週刊少年ジャンプに掲載されるヒロアカについてネタバレ最新考察・確定情報をお届けしていきます。

前回のヒロアカでは、紆余曲折ありながら遂に雄英にデクが帰還を果たすところまで描かれました。

一時は反対派の市民達が、皆の為に泥を被ってきたデクを随分酷い言葉で非難しましたよね。

しかし本当の悪人ではない限り、心の奥底には純粋な気持ちが隠れています。

それをお茶子や動物の女の子など、多くの人々の協力で引き出したのです。

今回は失意の先にオールマイトが希望を見出し、復活する場面が描かれていましたよ!

そのきっかけとなったのはデクでも雄英1年A組でもなく、彼の目の前に参上したヒーロー殺しのステイン!

予想もしていなかった展開に今回も激熱です。

今回は「ヒロアカ326話ネタバレ最新確定!オールマイト復活!ステイン参上!」と題しまして、ヒロアカ326話ネタバレ考察、確定情報をお届けしていきます。

次号のヒロアカ326話は9月18日に公開予定です。

 

ヒロアカ326話ネタバレ確定速報

9月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ326話ネタバレ確定情報が入りました!

今回のヒロアカのタイトルは「お前は誰だ」。

ヒロアカ最新326話は9月18日(土)の週刊少年ジャンプ42号に掲載予定です。

情報が入り次第こちらでも更新していきますので、チェックをお願いします。

※ヒロアカ【326話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ヒロアカネタバレ326話最新確定速報!過去への後悔!

場面は雨が降りしきる街を尻目に、オールマイトが車を走らせているところから始まります。

雄英を後にしたオールマイトが向かうのは、未だに避難を拒否している脱ヒーロー派の拠点。

彼らが今どうしているか様子を見ようとしていました。

脳裏に浮かぶデクを止められなかった時の光景。

さてここでオールマイトは、自分の銅像がある広場で車を降ります。

足元に転がるのはボロボロになったデクのマスク。

結局弟子が辛い時に何も出来なかった。

イレイザーヘッドが

「生きてここにいるだけで背中を押される人間がたくさんいます。」

と言っていたことを思い出します。

“I AM NOT HERE”

銅像の首から下げられた、反対派市民によって✕印がつけられたカードを見つめるオールマイト。

最早何の役にも立たないと自分を責めて、その場を立ち去ろうとしました。

 

ヒロアカネタバレ326話最新確定速報!ヒーロー殺しステイン参上!

「それは英雄への冒涜か?」

とここで突然姿を現したステインは、発言を取り消すようオールマイトの喉元に刀を突き付けます。

オールマイトが現役の頃は直接対面することがなかったステイン。

感動の再会とはいかず、全盛期の肉体に一瞬だけ変身したオールマイトを見ても”偽物だ”と断言!

英雄の聖地で英雄を語るお前は何者だと凄むステインは、返答によっては容赦しない雰囲気でしたよ。

理不尽な世の中を変える為に動かずにはいられなかった。

しかし!世の中はメチャクチャになり弟子一人守れなかった現実!

ヒーローから遠ざかっていると決めつけるオールマイト。

ステインはそんな彼に接近し身動きを封じます。

ところが彼からは不思議と殺気を感じられず、先程のオールマイト像のある方向に強引に向かせられました。

 

ヒロアカネタバレ326話最新確定速報!オールマイト復活!

そこには近隣の避難所から来た若い女性の姿が!

彼女はオールマイトが最後に救った女性。

時勢が安定しない状況で危険を冒してまで一生懸命に銅像を掃除する姿は、なんて健気なんでしょう···。

脳裏には倒壊した建物の下敷きになりながら、必死に助けを求める女性の姿が思い浮かびます。

ハッと気付いたオールマイトにステインは、如何なる時も個性に依るものではなく、笑ってその身を捧げた時のオールマイトを思い出させようとしました。

「魂に刻まれたその信念を人々は称えた!」

結果だの過程だのと言い訳を並べるような奴は、俺が尊敬した人なんかじゃない!

彼の残した強き火は雨風にも負けず燃え続け、新たな大火へと進化しつつあるのです。

真のヒーローとは、生ある限りその火を絶やさないように焼べ続けなければなりません。

ステインの心からの訴えを聞きながら、オールマイトは先程の女性を見つめます。

やっとオールマイトも、諦めかけていた心を取り戻したようですよ!

そんな彼にステインは、タルタロスに関する情報が書かれたメモ紙を残しました。

真の英雄ならその情報を使い、このヒーロー40名殺傷犯を終わらせに来い!

立ち去るステインを見送りながら、オールマイトは生ある限り抗い続けることを決意。

まだまだ終わっちゃいませんよ。

以上でヒロアカ326話は終わりです。

>>【続き】ヒロアカ327話ネタバレ最新速報!

 

ヒロアカ326話ネタバレ最新の感想

前回のヒロアカではお茶子が一般市民を説得し、今回はステインがオールマイトにやる気を起こさせましたね。

敵味方関係なく、全く予想出来ない人間ドラマが展開されるのはヒロアカの魅力!

感想を述べるついでに今後の考察を一つ。

オールマイトの銅像を掃除していた若い女性は、随分彼のことを思ってくれていた様子。

しかも命の恩人ということで、それが感謝の気持ちから恋心に変わってもおかしくありません。

まさかのオールマイトが女性に告白される展開も、あるのではないでしょうか?

いや寧ろオールマイトが恥ずかしがって動揺する場面が、見てみたいと思いました。

 

 

ヒロアカ326話ネタバレ考察!

最終章に突入し度々熱き人間ドラマが展開されているヒロアカ。

ヒーローという存在に守られてきた一般市民達は、互いに協力し合うことの大切さを忘れていました。

一人の一般市民が言ったように、こんな状況になるまでヒーローに頼り続けていた事実。

しかし雄英1年A組がデクに、そして周囲のみんなに紡いだ絆は、少しずつ成長しているようですよ。

どんな困難に直面しても小さな希望の光はある!

A組のみんなは確実に最高のヒーローへと踏み出しています。

その覚悟や心意気は更に多くの人々に浸透するでしょう。

それでは早速ヒロアカ最新326話ネタバレ考察を進めていきましょう!

 

ヒロアカ326話ネタバレ最新考察!内通者はシェルター操作が目的?

根津校長の話だと、雄英バリアにはシェルター機能があり、各ヒーロー科高校に移動出来るようですね。

シェルターを操作出来るのは雄英で限られた人間だとしても、内通者説前提で考えるなら狙いはそこじゃないでしょうか?

つまりその権利さえ奪ってしまえば、ヴィランの雄英襲撃に合わせてシェルターを起動。

デクを逃すと思わせて、オールフォーワンに届けることも不可能ではありません。

難攻不落な雄英バリアも欠点がないわけではないので、既に内通者が入り込んでいるならそこを狙うと予想。

あのあらゆる事を想定出来る根津校長でも、流石にここまでは予想出来ていないでしょう。

外敵には強固だが内側からの襲撃には欠点あり!

とこのように勝手に考察してみました。

 

ヒロアカ326話ネタバレ最新考察!荼毘の火傷跡は体質のせい?

荼毘といえば顔や身体に痛々しい火傷跡が残るヴィラン。

炎の個性を扱えるのに、何故火傷跡があるのか不思議に思った方もいるでしょう。

元々荼毘は母親である冷の体質を持っています。

冷は寒いのが好きと言っていたので、同じ体質である荼毘は熱さに弱いんですね。

個性が氷属性ならば熱への耐性はありますが、残念ながら荼毘にはそれがありません。

しかも炎はより高火力である青色。

熱に弱い身体が長時間の戦闘に耐えられず、あのような継ぎ接ぎだらけの身体になってしまったのではないでしょうか?

あの痛々しい火傷跡を見ると、敵ながら心が痛みますね。

 

ヒロアカ326話ネタバレ最新考察!一般市民の一部がヴィランの手先?

雄英1年A組の絆とお茶子の体を張った説得は、なんとか功を奏しました。

しかしデクの雄英入場を巡る一般市民達の抗議は、かなり激しいものでしたよね。

彼らの不安はもっともですが、世の中がこんな状況だからこそ、それを利用しようとする者がいてもおかしくはないのではないでしょうか?

つまり抗議者の中にヴィランの協力者がいて、市民達の不安を煽ったのではないかと予想。

例えば説得を試みるお茶子に、しつこく食い下がった男性市民。

また彼以外にも市民の中にはかなり酷い事を言った人もいました。

一部の一般市民がヴィランから金を受け取り、雄英を混乱させようと目論んでいても不思議ではありません。

今回は失敗しましたが、市民達の不安が完全に拭われていない状況なら、再び抗議の声を上げるはず。

それが発端で抗議から暴動にでも発展すれば、ヴィランが雄英に進行する隙を作ってしまいます。

オールフォーワンのことだから、精神的にデクを追い詰めるような作戦を考えているでしょう。

 

ヒロアカ326話ネタバレ最新考察!オールマイトは孤独のヒーロー?

前回のヒロアカラストには、少し離れた場所から雄英を眺めるオールマイトが登場しました。

何かを悟った様子から考えると、デクが雄英にA組と共に帰還を果たしたところを見届けたのでしょう。

しかしオールマイトは雄英とは逆の方向に歩きだし···。

オールマイトの行動が意味しているのは、デクには自分が必要ないという意思を表しているのではないでしょうか?

「君が僕の手助けを必要としなくても僕は君を守りたいんだ。」

デクとの関係が冷え込んだとはいえ、オールマイトにとって彼は大切な弟子であり家族。

雄英に迫り来るヴィラン達と命を捨てる覚悟で戦うことで、デクを支えようとしていると予想。

つまりたった一人で戦う孤独のヒーロー。

勿論かつての力がないオールマイトは、個性持ちの敵と対峙すれば大ピンチ!

オールマイトが危ない!デク みんな早く助けに来て!

そんな展開になったら面白いと思い考察を作ってみました。

 

ヒロアカ326話ネタバレ最新考察!トガヒミコがお茶子に変装?

デク自身になりたいと考えるほど、彼に対して異常な執着心を見せるトガヒミコ。

なのでデクに信頼され側にいることの多かったA組を、疎ましい存在だと思っているのではないでしょうか?

中でもお茶子の存在は、トガヒミコにとって一番と言ってもいいほどの障害でしょう。

デクを一番近くで支え彼からの高い信頼を得てきたお茶子。

彼女に変装し完璧に本人を演じられるなら、お茶子としてデクに接近するのは比較的容易。

既に一般人に紛れ雄英に侵入し、虎視眈々とお茶子を誘拐し彼女に成り代わる機会を狙っていると予想!

成功すれば長時間の変身に必要な、大量の血をゲット出来ますからね。

若しくは複数の内通者と共謀し、デクが雄英に帰還するずっと前に、入れ替わっていても不思議ではありません。

つまりデクを守る為に訴えたお茶子の魂の声は、全てトガヒミコの”演技”ということになります!

トガヒミコが名演技をしてデクの信頼を得ている間、お茶子本人は雄英の何処かで拘束されているでしょう。

そして必要な時だけ血を採取。

今頃身体がボロボロになりながらも、必死でデクの助けを待ちわびているのでないでしょうか?

 

ヒロアカ326話ネタバレまとめ

「ヒロアカ326話ネタバレ確定&感想!オールマイト復活!ステイン参上!」いかがでしたでしょうか?

デクがやっと一時の安らぎの場所(雄英)に帰った時、オールマイトは彼と再会することなくその場を去りました。

闇堕ちしつつあった時のデクに突き放されていたことが、かなり堪えていたんですね。

失意の底に沈んだオールマイトには、最早かつてのNo1ヒーローの面影はありません。

しかしそのまま闇堕ちすることはなく、失意の先に見えた希望の光!

あのステインが参上したかと思えば、オールマイトの為にここまでしてくれるなんて···。

凶悪犯ではあるけど意外と良い奴ですね。

最後に”このヒーロー40名殺傷犯を終わらせに来い!”という台詞は、敵ながらカッコいいと思っちゃいました!

待ちに待ったオールマイト復活ですよ!

それでは、「ヒロアカ326話ネタバレ確定&感想!オールマイト復活!ステイン参上!」でした。

考察や確定記事は日々更新しますので、こちらのサイトでチェックをお願いします!