僕のヒーローアカデミア

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンの計画!次の標的はデク!

ヒロアカ ネタバレ 最新 考察 確定 316話
Pocket

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンの計画!次の標的はデク!

こちらの記事では、6月14日発売予定の週刊少年ジャンプに掲載されるヒロアカについてネタバレ最新考察・確定情報をお届けしていきます。

前回のヒロアカでは、デクがワンフォーオールのあらゆる個性を駆使して、レディナガンに勝利していました。

今回は契約不履行という理由で、オールフォーワンに見捨てられたレディナガンを、デクとホークスが助ける場面から始まります。

例え一時的に暗黒面に落ちた者にも、手を差し伸べる彼らの優しさは底が知れません。

また壊理を利用してきたオーバーホールの事情にも、一定の理解を示したデク。

しかしレディナガンからオールフォーワンの計画を聞き、デクは怒りを増幅しているように見えます。

一方のオールフォーワンも、オールマイトより自分の関心はデクにあると断言。

デクの目指す平和は結局偽りの平和にすぎないと、好き勝手なことを言ってましたね。

今回のオールフォーワンもラスボス感が半端なかったです。

では早速ヒロアカ316話のハラハラドキドキな展開を見ていきましょう!

今回は「ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンの計画!次の標的はデク!」と題しまして、ヒロアカ316話ネタバレ考察、確定情報をお届けしていきます。

 

ヒロアカ316話ネタバレ確定速報!

6月14日発売の週刊少年ジャンプ掲載のヒロアカ316話ネタバレ確定情報が入りました!

今回のヒロアカのタイトルは「THE NEXT」

早速ヒロアカネタバレ確定最新速報をお届けしていきます。

ヒロアカ最新316話は6月14日(月)の週刊少年ジャンプ28号に掲載予定です。

※ヒロアカ【316話】の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!デクとホークスの協力プレイ!

場面は力尽き落下したレディナガンを、ホークスが抱きとめたところから始まります。

ゴオッ

「オールマイトから報告を受けた!!」

そこに空を飛びながら、猛スピードでエンデヴァーがやって来ます。

「遅れてスマン。雨は苦手でな。」

「状況を!ナガンの他に敵は!?」

と聞いてきたエンデヴァー。

「やっぱまだ···飛ぶのムリでしたぁ!!」

デクがエンデヴァーと言いかけたところに、助けを求めたのはホークスです。

ホークスはレディナガンを支えきれず、そのまま地面へと急降下していきます。

荼毘に炎で巻かれて重傷を負っていたので、その傷がまだ完治していないのでしょう。

ガクン

寸前のところでホークスの背中に黒鞭を伸ばしたのはデク。

(力が出ない···!引っ張り上げられない!)

弱音を吐きそうになるも、こんなところで大切な人を失うわけにはいきません!

最後まで諦めないのがデクの心情。

グググググッッ

「本人の意思とは思えないタイミングで爆発しました!!」

「ナガンはオールフォーワンから”個性”を付与されていた!!恐らく何か仕掛けをされて···!!」

ボロボロになりながらも必死に2人を助けようとしたデクは、これまでの経緯をホークスに説明します。

今回も序盤からデクは大活躍ですね!

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!力の限り叫び続けるホークス!

(この子は···!!)

こんな時にまで人の心配を…。

自分より他人を優先するデクに、ホークスは大きく心を動かされました。

「俺はホークス!!あなたの···後釜だ!!」

レディナガンの後釜だと断言してしまうあたり、ホークスの自信の程が伺えます。

黒焦げになり意識もほとんどないレディナガンに、力の限り呼びかけるホークス。

「オールフォーワンなんかに唆せよってから!!!あなたのことは知っている···。」

デクと対峙したなら全てを諦めるには、時期尚早だと分かったはず!

あれだけ平和を愛し、誰一人見捨てない熱きヒーローはなかなかいません。

「知ってる事を教えてください!!希望を次に繋いで下さい!!」

「利用されて終わるな!!あなたヒーロー レディナガンだろ!!」

精一杯の思いをぶつけたホークスですが、それでもレディナガンは目を覚ましませんでした。

しかし徐々に死が近づくレディナガンの意識に、僅かな光が差し込みます。

やはりレディナガンは根っからの悪役ではなく、良心的な部分が残されていたということでしょう!

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!過去を振り返るレディナガン!

レディナガンは朦朧とする意識のなかで、しっかりとホークスの声を聞いていたのです。

公安の後輩ということは、きっと上司の命令でろくでもないことをさせられていたのでしょう。

(なんでそんなキラキラした目いられるんだ。)

ホークスの澄みきった目を見たレディナガンの脳裏に、希望に溢れ公安に入った頃の自分の姿が浮かびます。

まだあの頃は将来への希望しかない、真っ直ぐな少女でした。

しかし偽りの正義を求める組織で、長きに渡り歯車として働いてきたのが現実。

“秘匿任務”によって偽りの平和を目指す公安を、正義と断定することは難しいと思います。

そして現在も先の見えない混沌の時代は続いているのです。

それなのに何故デクやホークスは、こんなにも抗うんだろうか···。

レディナガンには不思議でなりませんでした。

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンの計画!

再び場面はレディナガンを必死に支える、デクとホークスに切り替わります。

「二ヵ月···!!以内に···!!」

灰掘の森林···洋館へ標的を連れてくることっ!!」

二人の思いが通じたのか、レディナガンはオールフォーワンに関する重要な情報を告白!

デクとホークスによって無事に地面に送り届けられてからも、彼女は残る力を振り絞り話し続けました。

「私の他に···声を掛けられていた人間が···数人。」

彼らはいずれも一癖も二癖もある強者達ですが、影だけなので誰なのかは分かりません。

私はギガントマキアや黒霧といった精鋭達だと予想します。

つまりレディナガンはオールフォーワンにとって、単なる捨てゴマでしかなかったのです···。

自分の知りうる限りの情報を伝えたレディナガン。

消えそうな意識のなかでホークスの顔を見つめました。

「なァ···後輩くん···私は···心が保たなかった···。」

「君は···なんでそんな顔でいられる···。」

尊敬する先輩からそう問いかけられたホークス。

彼の脳裏にはエンデヴァーのぬいぐるみをしっかりと抱き抱える、子供時代の自分の姿が映ります。

「支えてくれる人がいた。」

「俺 楽観的なんす。」

ホークスは嬉しそうな顔で、レディナガンに語りかけました。

レディナガンには良心が残っていたけど、たまたま周囲に支えてくれる人がいなかった···。

2人の違いはこの部分にあるのでしょうね!

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!エンデヴァーがオーバーホールを連行!

場面は切り替わり、デクの下にオーバーホールを抱えたエンデヴァーが現れます。

「デク!!こいつだけで良いんだな!?」

とデクに確認するエンデヴァーは、既にビルの屋上にいたオーバーホールを連行していました。

「···おい 話が違うぞ。捕まったじゃないか。」

「オヤジに会わせろ···!!俺にはもうオヤジしかいないんだ。」

絶望的な表情をしたオーバーホールは

「オヤジに謝りたい········!!」

とデクを前にして激しく訴えます。

「治崎。」

「黙ってろ病人め 俺はその女に。」

尚も食い下がろうとするオーバーホールに対し、デクはこう問いかけました。

「エリちゃんにしてきた事覚えてる?」

壊理はオーバーホールが都合良く利用しようとした罪もない少女。

「壊理···ああ···そうだ壊理がいれば······!」

にも関わらず壊理に対しての謝罪は、彼の口から出ません。

まだ壊理の持つ巻き戻しの個性を利用し、世界を変えようという野望を捨てきれないのでしょう。

自分の手で植物状態にしてしまった組長(オヤジ)を、戻せる能力がありますしね。

「謝りたい人がいるんだね。」

「その気持ちをもしエリちゃんに向ける事ができたなら···レディナガンとの約束を僕が引き継ぐよ。」

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!激しい怒りに震えるデク!

「少年!!無事か!?」

デクとオーバーホールの攻防の直後、オールマイトが車で駆けつけました。

どうやら襲撃した二人の刺客は、無事に退けられた様子。

「レディナガンと治崎廻 確保だ!」

「警察に連絡!救急に連れていく。」

ここでエンデヴァーが現場の状況を確認し、的確な指示を出しました。

レディナガンは既に気力を使い果たしたのか、完全に気を失っています。

「緑屋くんもひどい怪我をしてる!一緒に。」

エンデヴァーにデクの状態を伝えるホークス。

しかしデクは自分の怪我のことより、平気で仲間を切り捨てるオールフォーワンが許せません。

“オールフォーワン···!!”

デクは彼に対して激しい怒りを燃やしました。

放っておくとすぐに突っ走るのがデクの性格なので、無茶をして倒れないか心配になりますね。

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!デクが目的の洋館に潜入!

レディナガンとオーバーホールを警察に引き渡した翌日。

場所は灰掘森林異形排斥主義集団CRCアジト跡。

この荘厳な構えの洋館に宿敵オールフォーワンがいる!

デクとトップ3が指揮する選りすぐりのヒーロー達に、緊張が走りました。

(オールフォーワンと死柄木はまだワンフォーオールを奪える状態じゃない。)

そんな不完全な状態だからこそ、今宿敵に挑む必要があるのです。

厄介な敵はなるべく弱っているうちに、討伐するのがベストではないでしょうか?

潜入班の先頭に立っていたデクは、勢い良く玄関の扉を開けました。

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンからのメッセージ!

館内はシーンと静まり返り無人状態。

すると玄関に設置されたモニターに、憎き宿敵であるオールフォーワンの顔が映りました。

「レディナガンとの問答は楽しんでくれたかな?緑屋出久。」

「これが起動したということはそういうことだ。」

レディナガンを倒したことに、わざとらしく称賛の拍手を送るオールフォーワン。

彼の映像をじっと見つめるデクの後ろでは

「やはり···もぬけの殻か···。」

とエンデヴァーがガックリと意気消沈。

この様子だと今後もデク達は、オールフォーワンに翻弄されるように思います。

それだけオールフォーワンは策略家で、油断のならない人物です。

「君のような人間ならあの手の人種は見捨てられないだろう?」

デクがレディナガンを見捨てられなかったことなど、オールフォーワンはとっくに予想済み。

「僕は強制してないぜ?彼女の意志だ。」

「つまづいちまった人間が敵と呼ばれるのさ。」

平然と仲間を切り捨てたオールフォーワンは、まったく悪気がなく言ってのけました。

あくまでもレディナガン本人が、それを”選択”したのが悪いと···。

 

ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!次の標的はデク!

オールフォーワンの一方的な演説はまだまだ続きます。

気分が乗ってくると会話が止まらない性格なのでしょう。

「個性だ何だと個人主義を謳っていても結局管理社会。

合わない個は排斥するだけ。」

表向きは平和なヒーロー社会も、裏では社会のはぐれ者が普通に排除されているとオールフォーワン。

「例外は無いよ 民主主義でも社会主義でも根は同じだ。」

「社会以前の問題 群生生命の原則だよ。」

結局いくら群れたところで何も変わらない。

「君の選んだ道は茨だぜ。」

「戦う度に心がすり減り終わりは来ない。」

つまり今デクがやろうとしていることは、まったくの無駄だと決め付けました。

しかも話している間のオールフォーワンは、終始歯を剥き出しにして笑っています。

「獄中でね···ずっと君の事考えてた。

僕の興味は最早あのオールマイトにない。」

チッチッチッ

室内に響き渡る何かの装置の作動音。

「次は君だ!!」

BOOOM!!!

オールフォーワンが話し終えた途端、デク達がいた洋館は大爆発。

最後に洋館を爆発する手の込んだことをするあたり、オールフォーワンもエンターテイナーですね。

その能力を別のことに使えば、別の道もあったでしょう。

 

ヒロアカ316話ネタバレ最新考察!

デクとレディナガンの戦闘はまさに激戦で、どちらが勝ってもおかしくない状況でした。

オーバーホールを攻撃することでデクの注意を引こうとしたレディナガン。

しかしデクは近くのビルに黒鞭を固定した上で、その反動と発勁の遠心力で弾を避けつつオーバーホールを救出。

更にはワンフォーオールと”発勁””黒鞭”に個性を絞ったことで、片足分のエネルギーを残すことに成功。

レディナガンに急接近しながら”疑似100%マンチェスタースマッシュ”を発動し、敵のライフルを破壊しました。

最後は力尽き落下するレディナガンを助け出すという、普通ではとても不可能なことをやり遂げています。

またレディナガンの心に僅かに残る”良心”に火をつけるなど今回のデクは大活躍!

この分なら打倒オールフォーワンと死柄木の悲願を、達成するのも夢ではないのではないでしょうか?

それでは早速ヒロアカ最新316話ネタバレ考察を進めていきましょう!




ヒロアカ最新316話ネタバレ考察|ワンフォーオールの最後は消滅?

譲渡する度に力が増し、更に強大な力に成長を遂げるワンフォーオール。

デクを始めとするワンフォーオール継承者達は、代々この個性を受け継いできたわけですね。

私が思うにはワンフォーオールはオールフォーワンを倒すと同時に、消滅するのではないでしょうか?

そもそもワンフォーオールが出来た理由は、正義感のある弟の与一が兄であるオールフォーワンの暴走を止める為でした。

だから与一はワンフォーオールを2代目に引き継ぎ、次々と継承者を生み出すきっかけを作ったわけです。

しかし対象であるオールフォーワンが倒されれば、創始者である2人の目標は達成されることに。

目標達成と同時に、ワンフォーオールが消滅するよう設定されていても、不思議ではありません。

またオールフォーワンのような者が再び現れ、ワンフォーオールを悪用しないとも限りません。

いくらデクが強くても更に別の敵が現れ、奪われてしまうこともあるでしょう。

そうならない為にも強力で危険な能力であるワンフォーオールを、与一や2代目は無くしたいはず。

以上のことからワンフォーオールが最終的に消滅すると考えました。

 

ヒロアカ最新316話ネタバレ考察|2代目の個性は治療系?

歴代ワンフォーオール継承者の個性のうち、2代目の個性以外が明らかになりました。

レディナガンとの戦闘では、黒鞭·発勁·浮遊·煙幕·危機感知を上手く組み合わせ、戦いを有利に進めていましたね!

ここで気になるのは、まだ明らかになっていない2代目の個性。

これはあくまでも私の予想ですが、ワンフォーオール2代目継承者の個性は治療系ではないでしょうか?

というのもワンフォーオールは強力なパワーを秘めているだけあり、使用する際は腕や足へのダメージが大きくなります。

パワーが大きければ大きいほど、その代償も考えなければならないということですね。

そこで治療系の能力があれば、ワンフォーオール100%の力を思う存分発揮出来るわけです!

特に強大な力を持ったオールフォーワンとの戦いでは、治療系の個性は超重要。

使い方を誤らなければ、デクにとって強力な”武器”になるでしょう。

それになんといってもワンフォーオールは、オールフォーワンを倒す為に誕生したもの。

私の予想では2代目の個性は、ワンフォーオール全体に影響するものだと思います。

個性を駆使しボロボロになることが多いデクにとって治療系の個性は、渡りに船になりますね。

 

ヒロアカ最新316話ネタバレ考察|オールフォーワンは無感情?

オールフォーワンはオールマイトを始めとしたヒーロー達によって、組織を壊滅状態にさせられ自身も深手を負うことになりました。

ヴィラン連合が現在の勢力になるまで回復するのに相当な時間と労力を要し、後継者である死柄木まで一度はヒーローに敗北する結果に。

となればヒーロー達に激しい憎悪を抱いていてもおかしくはないのですが、オールフォーワンはまるで感情がないかのようにいつも笑っています。

そうした背景を考慮すると、オールフォーワンには元々感情がなくても不思議ではないでしょう。

敵対する者や裏切った者に対しては排除に動くものの、常に冷静沈着で怒り狂ったことはありません。

しかしワンフォーオールを奪取するには憎しみの感情が必要なのだとか。

だからオールフォーワンは死柄木の持つ”憎しみ”を利用して、ワンフォーオールを奪取しようとしているんですね。

目的を達成する為には、無駄な感情を持つことが逆に障害になったのでしょう。

しかし生まれた時から無感情というのは考えづらいので、遡れば原因はオールフォーワンの子供時代にあると思います。

これは私の勝手な予想ですが、オールフォーワンは両親に愛を注がれていなかったのではないでしょうか?

愛のない家庭で育った子供は、非行に走るなんて言われますよね。

それで暗黒面に落ち正義感のある弟の与一からも拒絶され、徐々に感情をなくしていったのでしょう。

また数え切れないほどの犯罪に手を染め、修羅場を何度も切り抜けてきたことで、無駄な感情を捨てていても不思議ではありません。

 

ヒロアカ最新316話ネタバレ考察|オーバーホールの最期は自殺?

オーバーホールはヴィラン連合の下部組織をまとめ上げ、強力な能力でデクを一度は追い詰めた人物。

デクに敗北し死柄木からは個性を奪われたとはいえ、何らかのタイミングで復活するのではと考える人もいるでしょう。

しかし私の予想ではオーバーホールは絶望に打ちひしがれ、期は自殺を選択するのではないかと思います。

そもそも彼がヒーロー達に敵対する理由は、ヒーロー中心の社会の中で生きづらくなった自分達の極道組織を救う為でした。

それを達成するには壊理の巻き戻し能力を利用し、個性を消すことが出来る薬を作ることが必要だったんですね。

結果的に薬の開発に成功するも、自身がデクに敗北し、更にはヴィランに研究成果を奪われる事態に・・・。

「全て失った・・・俺に残されたのはもう・・・。」

デク襲撃準備に入ったレディナガンに、オーバーホールはこう話していました。

ここまで精神が不安定だと復活は絶望的で、生きる気力をなくした彼が死を選んでも不思議ではないのではないでしょうか?

 

ヒロアカ最新316話ネタバレ考察|常闇復活で荼毘に復讐?

常闇はホークスが荼毘に止めを刺される直前に敵の攻撃を防ぎ、後方支援の救護班までホークスを運んでいました。

容赦ない荼毘の攻撃に晒されながらも、ホークスを守り切った常闇はカッコいいいですね!

しかし救護班の下に到着後の常闇の姿は描かれておらず、何処で何をしているのかは全くの不明。

私なりに考えてみたところ、常闇は敬愛するホークスを排除しようとした荼毘を恨んでいると思います。

なので他のヒーローから荼毘についての情報を収集し、復讐の為に必ず荼毘の前に現れるのではないでしょうか?

また荼毘への憎悪だけでなく、他のヴィランにホークスが狙われる可能性も高いので、常闇がホークスを守ろうと奮闘しても不思議ではありません。

このように今の常闇には荼毘への復讐心と、ホークスの安否を気遣う気持ちが混同していると思いました。

 

ヒロアカ316話ネタバレまとめ

「ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンの計画!次の標的はデク!」いかがでしたでしょうか?

例え相手がどんな強大な敵でも、自らの信念を曲げず立ち向かうデク。

しかしオールフォーワンだけはいつも笑ってばかりで、何を考えているのか分からない人物。

そんな彼が他人を利用して、自分を排除しようとする計画が許せなかったんですね。

“俺が邪魔なら自分で動け!”

とデクは心の中でこう思っているのではないでしょうか?

この調子だとオールフォーワン本人との対決はまだ先で、次々とデクを標的とする刺客が現れるはず!

どんな強敵が相手でも、デクの優しさと鋼の精神は失わないでしょう。

ただオールフォーワンに辿り着くまで、誰一人欠けることがないように祈りたいです。

それでは「ヒロアカネタバレ316話最新確定速報!オールフォーワンの計画!次の標的はデク!でした!

考察や確定記事は日々更新しますので、こちらのサイトでチェックをお願いします!