呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ144話最新確定速報!禪院真希は生きていた!脹相の術式効果で薨星宮本殿へ侵入!

呪術廻戦 144話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦ネタバレ144話最新確定速報!禪院真希は生きていた!脹相の術式効果で薨星宮本殿へ侵入!

呪術廻戦前話で、乙骨が虎杖たちの味方であることが判明しましたよ!

乙骨が虎杖を殺したのは、総監部からの縛りをかけられていたからだったんですね。

自らの手で殺して、生き返らせるなんて乙骨にしかできませんよね。

そして、虎杖は伏黒から姉を助けてほしいと頼まれました。

なんと、伏黒の姉、津美紀が加茂憲倫の術式である死滅回遊に組み込まれているのだとか!

果たして虎杖は伏黒にどんな答えを出すのでしょうか?

新しい展開が始まりそうで、今からワクワクしますね!

というわけで「呪術廻戦ネタバレ144話最新確定速報!禪院真希は生きていた!脹相の術式効果で薨星宮本殿へ侵入!」と題しまして、呪術廻戦ネタバレ144話の確定・考察・感想をお届けします。

 

Contents

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新144話のネタバレ考察!

今回は戦闘シーンはなかったものの、呪術廻戦の核心を突く部分の手がかりがたくさん散りばめられていたように思います。

特に、虎杖の出生部分に関しては、虎杖を産んだ母親に大きな秘密が隠されていました。

これを見れば、虎杖が宿儺を取り込んだのも、呪術師になったのも偶然ではなく運命だったのかもしれないと感じる人も多いのではないでしょうか?

虎杖だけでなく、加茂憲倫の秘密を解明するためには144話は必見です!

それでは、早速呪術廻戦144話ネタバレ考察を進めていきましょう!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新144話のネタバレ考察|虎杖の母親は加茂憲倫?

虎杖の夢の中で、最初の妻であった香織は、すでに亡くなっていたことが祖父の口から告げられました。

そして、新しい奥さんが登場したのですが、その容姿が衝撃的でしたよね。

なんと、その女性の額には偽夏油と同じ傷があったのです!

現在、夏油の中に入っている加茂憲倫は、遺体を奪う術式を持っているので、虎杖を産んだ女性も同じように体を乗っ取っている可能性は十分ありえます。

つまり、虎杖を産んだのは加茂憲倫であるといえるのではないでしょうか?

しかも、加茂の術式では、遺体しか乗っ取れないはず。

ということは、虎杖は死体と生きた人間の間から産まれたことになります。

こういった異様な遺伝子を持っていたから、宿儺を取り込めたのかもしれません!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新144話のネタバレ考察|死滅回遊に虎杖が乙骨&伏黒と参加する?

虎杖は人を殺した罪悪感で落ち込んでいますが、伏黒に頼まれたからには死滅回遊に参戦するしかないでしょう!

罪を犯した分、これからたくさんの人を助けることが、虎杖にとって償いになると思います。

また、死滅回遊には、乙骨も一緒に参戦するのではないでしょうか?

なぜなら、おそらく死滅回遊に五条も組み込まれていて、五条を助けたいと考えているからです。

伏黒の姉と五条を救出するために、これから3人で協力して戦っていくのかもしれませんね!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新144話のネタバレ考察|加茂憲倫は死滅回遊で五条の術式を奪う?

呪術廻戦前話では、死滅回遊の8つのルールが明かされました。

そこで、私が注目したのは、8つ目の

「参加、またはポイント取得後、19日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者(プレイヤー)からは術式を剝奪する。」

というもの。

おそらく、死滅回遊の範囲内には獄門彊で封印されたままの五条悟がいるはずです。

死滅回遊では19日以内にポイントの変動がなければ術式を剥奪できるので、加茂は、五条を獄門彊の中に19日間滞在させて術式を剥奪させることが目的ではないでしょうか?

加茂は死滅回遊の管理者(ゲームマスター)であるため、死滅回遊の範囲内にしながら術者との戦いを見届けます。

その際、五条を封印している獄門彊は肌身離さずに持って19日間過ごすのではないでしょうか。

しかし、呪術師が簡単に加茂の元まで来れないようにたくさんの敵を配置しているのです。

虎杖たちは19日以内に加茂の元にたどり着くかどうかが、死滅回遊の重要なポイントになると考えます。

加茂は五条の強さをなにより恐れています。

五条を直接殺せないと判断した加茂は、獄門彊に封印するだけでなく、完全に五条の強さを奪いたいのかもしれません。

 

【最新144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)確定ネタバレ速報!

呪術開戦144話ネタバレ確定速報が出ました!!

呪術廻戦前話では、東京事変の戦いが終わり、加茂憲倫が発動させた死のゲーム「死滅回遊」について明らかになりましたね。

しかし、今回は、死滅回遊については一旦置いて置いておいて、東京事変で戦った後の術師たちがどうなったかが少しだけわかりますよ!

高専の仲間については、今までずっと触れられていなかったので、ずっと気になっていた人も多いのではないでしょうか!

さらに、ラストには新しいキャラクターも登場しますよ!

今回のタイトルは「あの場所」です。

詳しくは、ぜひこの記事を読んでみてくださいね!

3月29日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号にて掲載予定のネタバレ確定最新速報をお届けしていきます。

情報が入り次第、随時お知らせしていきますので、こちらのサイトを日々チェックしてください!

※呪術廻戦【最新144話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|宿儺が出たら自分を殺すように頼む虎杖!

伏黒の頼みを受け入れるものの、人を殺した罪悪感はぬぐいきれず、浮かない表情の虎杖。

もう二度と人を殺したくないと強く感じた虎杖は、乙骨に「もし次宿儺が現れたら自分を殺してほしい」と頼みます。

乙骨は、虎杖の覚悟を汲み取って「頑張るよ」と頷きました。

本当は乙骨だって殺しをしたくないはずなのに、虎杖の頼みを受け入れるところが乙骨らしい。

心優しい乙骨に、虎杖を殺すなんていう汚れ役をさせる状況を作らせないで~。

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|今後の目的を明かす恵!

姉の津美紀を一刻も早く助けたい恵。

しかし、加茂が発動させた死滅回遊に作戦もないまま突っ込むのは無謀であると判断します。

そこで、恵は一度高専に戻ってやるべきことをまとめて説明しました。

①天元様と接触して結界で隠す方法を知る

②獄門彊の封印の解き方を教えてもらう

③加茂憲倫の目的や手段のアドバイスをもらう

さすが恵!どんな状況になっても冷静ですね~。

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|釘崎野薔薇の生死について!

虎杖は真人と戦った釘崎野薔薇がどうなったのか尋ねました。

すると、恵は苦しそうな顔でうつむいて沈黙します。

その様子を見て、虎杖はすべてを理解したように「わかった」と悟りました。

これは釘崎が死んだことを意味するのでしょうか?

たしかに真人戦で呼吸も脈も止まり、頭も粉砕されましたが、生きていると信じたい!

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|禅院直琵人は死に、禅院真希は生きていた!

虎杖、恵、乙骨が高専に戻ると、九十九由基と禅院真希がいました。

真希曰く、陀艮戦で禅院直琵人は死に、真希だけが生き残ったのだそう。

生死を分けたのは、呪いの耐性ではなく、生来の肉体の強さ!

つまり、天与呪縛で強い肉体を持っていたからこそ、真希は生き残ることが出来たのです。

それでも、陀艮戦で受けたダメージは大きかった。

真希は髪の毛がショートカットになっていて顔に大きな火傷が残っていました。

さらに、右目は包帯で巻かれていて、見るからに痛々しい。

これは反転術式を使っても完全に治すことはできないそうです。

女の子の顔にこんな傷をつけるなんてひどい~。

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|虎杖に兄と呼ばれ喜ぶ脹相!

高専には、脹相の姿もありました。

真希は脹相を見るのは初めてだったので、一体誰なのかと尋ねました。

すると、虎杖は少し気まずそうにしながら一応俺の兄であると言ったのです。

脹相が虎杖と戦っていたときに見た夢はここにつながっていたんですね。

虎杖と死闘の戦いをしたはずなのに、虎杖に兄と言ってもらえたことで嬉しくて「悠仁ーーー!」と叫ぶシーンはシリアスな状況の中でぷっと笑える1コマです。

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|脹相の術式の副作用を使って本殿に入る!

東京事変で生き残った虎杖、恵、乙骨、脹相、真希は、九十九由基に連れられて本殿の扉の前まで案内されます。

ここから本殿の内部に入るためには、脹相の力がポイントになるのだとか。

高専には、脹相の弟たちの遺骨や呪具を薨星宮の中で保管しています。

脹相なら、術式の複式効果によって弟たちの亡骸の気配がわかるといいます。

九十九たちは、脹相の言葉を信じて本殿の内部に侵入することに成功しました。

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|謎の言葉を残す九十九由基!

脹相に案内され、地下の秘密階段のような場所を降りていく6人。

そして脹相が指をさした場所には、黒くて重厚な扉がありました。

この先に弟たちが眠っていると断言し、脹相はゆっくりと扉を開けると、そこにはたくさんの樹木で覆われた森のような部屋になっていたのです。

その光景を見て驚く虎杖たちに、九十九はさらに奥へ進もうと促しました。

本殿に向かう途中、床に大きな血痕の跡を発見しました。

虎杖は「なにかあったのかな?」と不思議に感じていると、九十九が「11年前の話さ。今思えば、全ての歪みはあの時始まったのかもしれない」と、ぼそりと呟きました。

そして、九十九の脳裏には樹木に拘束された伏黒甚爾の顔が浮かんだのです。

めちゃくちゃ意味深なシーン!

11年前になにがあったんだ~!

 

【144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレ最新話確定速報|新たな術師が登場!

6人はさらに奥へと進み、ついに本殿に到着しました。

そこは、先ほどの森のような場所とは打って変わり、一面真っ白でなにもない空間でした。

これは、天元がまだ虎杖たちの侵入を許しておらず、拒絶されている状態なのだと九十九は説明します。

ここからどうしようかと、虎杖たちが辺りを見渡していたとき、突然背後から目が4つある白い謎の人物が現れたのです。

見た目だけ見ると、とても人間とは思えませんね~。

これは人間なのか?呪霊なのか?

やはり本命は、天元様である可能性が高いのではないでしょうか!

もし本当に天元様なら、もっとスタイリッシュな外見をイメージしていたので予想外だな~。

謎の白い人物は、みんなの前に立つと「初めまして、禅の子、道真の血、呪胎九相図、そして宿儺の器よ。」と口を開いたところで144話は終了しました。

>>【続き】呪術廻戦145話ネタバレ最新確定!

【最新144話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレまとめ

「呪術廻戦ネタバレ144話最新確定速報!禪院真希は生きていた!脹相の術式効果で薨星宮本殿へ侵入!」と題してお届けしてきました。

東京・渋谷の戦いが今回で一段落し、次は死滅回遊編が始まりそうですね!

結局、渋谷では五条悟を解放することができなかったので、死滅回遊では、今度こそ五条悟を救出できるといいな~。

呪霊側は渋谷で、ほとんど死んでしまいましたが、次はまた新しい強敵が登場するでしょう。

死滅回遊では、乙骨も参戦して新しい術式や技を披露してほしいものです。

また、虎杖と伏黒も死滅回遊の戦いの中で、さらに強くなって加茂を倒してほしいですね!

というわけで、今回の「呪術廻戦ネタバレ144話最新確定速報!禪院真希は生きていた!脹相の術式効果で薨星宮本殿へ侵入!」はここまで!

日々、ネタバレ確定・考察・感想を追記していきますので明日もお楽しみに。