呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ145話最新確定速報!偽夏油の名は羂索!死滅回遊に来栖華参戦!

呪術廻戦 145話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦ネタバレ145話最新確定速報!偽夏油の名は羂索!死滅回遊に来栖華参戦!

ついに!天元様が登場しましたよ~!

今回は天元様がいろいろ教えてくれて、偽夏油の名前や目的についても明らかになります。

また、天元様と九十九とは、過去になにか確執のようなものがある様子。

さらには、死滅回遊に新キャラ「来栖華」が登場!

彼女の術式がこれまたすごいんです!

ストーリーの重要キーワードが、たくさん散りばめられているのでじっっっっっくりと読むことをおすすめします。

というわけで「呪術廻戦ネタバレ145話最新確定速報!偽夏油の名は羂索!死滅回遊に来栖華参戦!」と題しまして、呪術廻戦ネタバレ145話の確定・考察・感想をお届けします。

 

Contents

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ考察!

渋谷での戦いを終え、生き残ったのは虎杖、恵、乙骨、そして禪院真希だけだったようです。

生死不明はまだ数人いますが、呪術師側の犠牲はかなり大きかった。

もちろん呪霊も倒しましたが、呪術師の方が劣勢な状況で、加茂憲倫の計画通りに進んでいる感じがします。

加茂を倒す手がかりが本殿で見つかるといいけど、果たしてどうなるのでしょうか?

また、九十九由基と禪院甚爾は11年前になにか大きな事件を起こした様子。

これが現在とどうつながっていくのかが、物語の重要なポイントになってくるのかも!

それでは、早速呪術廻戦145話ネタバレ考察を進めていきましょう!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ考察|脹相が呪術師側で死滅回遊に参加する?

東京事変を経て、脹相は虎杖のことを弟だと信じており、虎杖も今のところは兄だと認めています。

事実は定かではありませんが、兄弟思いの脹相はこのまま虎杖たちとともに行動することになるのではないでしょうか?

脹相にとって兄弟はなによりも大切で、守るべき存在です。

そのため、同じ呪霊である加茂憲倫よりも、兄弟と思っている虎杖を優先させることは十分考えられますよね。

つまり、今回のような本殿侵入を手助けするだけではなく、これから始まる死滅回遊にも虎杖の仲間として参戦するのではないでしょうか。

もし、死滅回遊に参戦し、呪術師側に寝返った脹相と加茂が対面したとき、加茂がどんな反応をするのかな~?

裏切者と罵るのか、はたまたいつものように不敵な笑みを見せて、脹相に報復するのか…。

もしかしたら脹相と加茂の対決が見られる日があるかもしれません。

いろんな想像ができて、考えるだけでワクワクしますね!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ考察|釘崎野薔薇は生きている?

東京事変で、野薔薇は真人との戦いで目と頭を負傷して倒れたところから姿を見せていません。

一緒に戦った虎杖は、恵に野薔薇の容態について尋ねると、苦しい顔で沈黙しました。

虎杖は恵の表情を見て、全てを悟ったように「わかった」と頷くだけでしたね。

2人とも野薔薇が死んだと思っているようですが、個人的な希望も込めて死んでいないと予想します!

発見された野薔薇は、すでに呼吸も脈もなかったようですが、すぐに秤の元へ運ばれました。

恵が様子を聞いた段階では、まだ息をしていなかったとしても、きっと死滅回遊が始まる頃には回復して意識を取り戻すはず!

そして、死滅回遊で虎杖がピンチになったときに登場して助けにきてくれるんですよ~。

早く野薔薇の毒舌が聞きたいよ~。




 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ考察|11年前の歪みがきっかけで加茂憲倫が動き出した?

個人的に今回1番気になったのは、九十九由基がポツリと言った「11年前の歪み」というキーワードです。

私は、どうやら11年前に起こった「歪み」が、東京事変とつながっているのではないかと予想します。

11年前といえば、天元と星奨体の天内理子が同化をする儀式が行われた頃。

しかし、それは天内理子を禪院甚爾が暗殺し、失敗に終わりました。

つまり天元様は同化できないまま、今に至っているのでかなり力が弱くなっているのではないかと思われます。

加茂からすれば、天元が弱くなっている今こそ目的達成のために絶好のチャンスだと考えているのではないでしょうか?

目的はまだ不明ですが、11年前に天元が同化できないことが「歪み」と称されており、加茂が本格的に動き出したきっかけになったと考えられます。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ考察|九十九由基と禪院甚爾は親友だった?

11年前の出来事を回想する九十九の脳裏には、ボロボロになった禪院甚爾の姿もありました。

死んだ後も禪院甚爾はいろんな場面で出てきますね~。

さらに九十九と禪院甚爾はなにやら深い関係がある雰囲気。

ここで私は、九十九と禪院甚爾は同じ目的を持った親友、もしくは同志ではないかと予想します。

禪院甚爾は名門である禪院家から追放された人間です。

きっと九十九も似たような境遇であったため、シンパシーのようなものを感じて甚爾と関わっていたのではないでしょうか?

甚爾が死んだのは、天元と同化する星奨体の天内理子の暗殺を依頼されたのが原因です。

九十九は甚爾の身が危険だと察知し、この依頼をやらない方がいいとアドバイスしていたのかもしれませんね。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ考察|天元の側近が現る?

今回のラストには、本殿に侵入した虎杖たちの前に謎の人物が現れました。

その人物は、虎杖のことを宿儺の器、乙骨のことは道真の血と呼んでいます。

つまり、この人物は虎杖たちの家系や歴史の謎について詳しく知っているのではないでしょうか?

ただ、この本殿の長である天元が、簡単に姿を見せるとは考えにくいです。

おそらく、この人物は側近であり、虎杖たちを見定めた後に天元のところへと連れていく役割なのではないでしょうか!

個人的に天元は呪霊のような外見ではなく、もっと幼い子どものような容姿をイメージしていたので、これが天元ならちょっとショックだな~。

どちらにせよ、これからの戦いに向けて重要なキーマンであることは間違いないでしょう。

 

【最新145話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)確定ネタバレ速報!

4月12日発売の少年ジャンプ145話掲載の第一報が入りました!

タイトルは「裏」です。

早速ネタバレ確定最新速報をお届けしていきます。

情報が入り次第、随時お知らせしていきますので、こちらのサイトを日々チェックしてください!

※呪術廻戦【最新145話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。




 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|天元と九十九は以前会っていた!

呪術師の前に現れたのは天元本人でした。

突然登場した天元に、虎杖たちは驚く中、九十九由基だけは「私には挨拶しないのか」とフランクな口調で話しかけます。

どうやら、九十九とは初対面ではないようですね。

九十九はなぜ薨星宮を閉じたのかと天元に問い詰めるも、人の心まではわからないと一蹴します。

一体、九十九と天元の間でなにがあったのか?

まったく核心部分を言ってくれない~。涙

気になって眠れないじゃん!

読者同様、虎杖たちも九十九たちの会話についていけていません。笑

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|天元は不死だけど不老ではなかった!

天元は目が4つあって、妖怪のような姿でした。

なぜ、そんな容姿なのか無邪気に尋ねる虎杖に、天元は自分は不死ではあるものの不老ではなくなんと500年も生きているのだとか!

また、天元がこんな姿になった要因として、11年前に星漿体と同化できなかったことが大きかったのです。

同化ができなかった天元は、この11年で一気に老化は加速して、今はもう「個」としての自我が消えて、天地そのものが自我となったと語ります。

もはや人間離れしすぎていて、私には理解が及ばない存在になっているのですね~。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|偽夏油の名前は羂索(けんじゃく)!

天元は現在、夏油の中に入っている魔術師の名前も知っていました。

その名も「羂索(けんじゃく)」!

九十九いわく、羂には慈悲、索には救済という意味合いがあるそうです。

人間をあれだけ大量に殺しておいて、そんな名前とは皮肉ですね。

ただ、これで1つ謎が解けましたよ!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|羂索(けんじゃく)の目的は天元と人間を同化すること!

天元は羂索(けんじゃく)の目的についても知っていました。

さすが天元!博識ですね~。

羂索(けんじゃく)の目的とは、日本全土の人間を進化させることだそうです。

それを聞いた伏黒は、進化をさせたいなら天元様の結界を利用して「無為転変」を使って、日本の人間を全て術師にすればいいのではないかと、疑問を投げかけました。

しかし、天元いわくそれをするには呪力が足りなく、術式で1人ずつ進化を促すのは効率が悪いと説明します。

そこで、羂索が考えたのは人類と天元を同化させて進化をさせるという方法だったのです!

羂索の計画は想像以上に壮大だったのですね~。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|人間と天元が同化したら新しい存在が生まれる!

羂索の計画を聞いて、一同は驚愕します。

しかし、同化というのは星漿体にしかできないはずだと脹相が、疑問を口にしました。

すると、天元は以前の私ならできなかったが、11年前に星漿体と同化できなくなり新しく進化した自分ならば星漿体以外との同化も可能だといいます。

そもそも、今目の前にいる天元が全てではなく、魂は天地の至るところに存在しているのだそう。

また、今天元が理性を保てているのは結界術のおかげであり、もし、天元と同化した人間が出てきたら、術師としての壁も超えて新しい存在が誕生するのだとか。

難しい話すぎて頭がこんがらがってきたよ~。汗

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|天元は呪霊操術の対象である!

天元いわく、自分と人間が同化して進化すると世界は滅亡すると確信しています。

もし、人類が進化して1人でも暴走し、悪意のある進化を遂げれば、全ての人間に伝染して穢れていくのです。

そうなれば1億人の穢れが世界中に流れ出て破滅していくと天元は感じていました。

話を聞いた真希は、天元様が同化を拒否すれば解決するのでは?と素朴な疑問をぶつけます。

すると、天元はこれこそ羂索が夏油に憑りついた真の目的なのだと神妙な雰囲気で説明を始めました。

実は、進化した今の天元は人間よりも限りなく呪霊に近い存在になっているのです。

つまり、天元は呪霊操術の対象となっていて、夏油に操られる可能性があるというわけです。

な、なるほど~!

ここで羂索が夏油を狙った意図がはっきりしましたよ!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|九十九と脹相は天元の護衛として残る!

羂索の目的を知った一同は言葉を失いました。

もし、羂索と天元が遭遇すれば一瞬で取り込まれる可能性が高いそうです。

そこで、天元は自分の護衛をしてほしいと依頼しました。

すると、脹相と九十九が率先して残ると前に出たのです。

脹相は虎杖の力を考慮して、近くに乙骨か真希がいる方がいいと冷静に判断しました。

また、羂索がここへやってくる可能性があるなら、弟の仇として自分が戦いたいという意志を示したのです。

さすが、脹相の兄弟思いな部分はぶれませんね~。

一方で九十九はまだ天元と話し足りない様子。

やっぱり九十九は他の呪術師とは違うステージにいるようですね。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|獄門彊の解除方法が判明!

死滅回遊でなんとか五条悟を獄門彊から解放させたい呪術師たちは天元にその方法を尋ねました。

実は、獄門彊には裏があるというのです。

とはいえ、獄門彊の所有者は羂索のものですが、裏からならこじ開けて五条を解放することができるんだとか。

ただ裏を解放するには2つのアイテムの内どちらか1つが必要なのだそう。

1つはあらゆる術式を強制解除することができる「天逆鉾(あまのさかほこ)」。

もう1つはあらゆる術式効果を相殺する「黒縄(こくじょう)」と呼ばれるものです。

ただ、そのどちらも、以前五条が破壊して手元にはない状態なのです。

ズ、ズコー!笑

虎杖たちは五条の馬鹿さ加減に呆れてしまいます。

ちなみに、乙骨が海外へ行っていたのは黒縄の残りを探しに行っていたわけでした。

ミゲルとアフリカまで探しにいったのに結局手がかりはなかったのです。

ざ、残念過ぎる。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新145話のネタバレ確定|来栖華が死滅回遊に参戦!

五条を解放する呪具は五条本人が破壊していたという事実に衝撃を受ける一同。

しかし、復活させる手段はあると九十九は言います。

それは、死滅回遊に参戦している、新しいプレイヤーの存在でした。

その姿は、まるで天使のような出で立ちで、空を飛んで周りを見ています。

名前は「来栖華(くるすはな)」といってなんと1000年前から存在する術師なのです。

見た目は愛らしいですが、彼女は恐るべき術式を持っていたんです!

それは「あらゆる術式を消滅させることができる」というもの。

来栖がいれば、死滅回遊を消滅することもできるし、五条を解放することもできるのかも!

彼女は死滅回遊の重要なキーマンとなりそうです。

145話はここで終了します。

>>【続き】呪術廻戦146話最新ネタバレ確定情報!

 

【最新145話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレまとめ

「呪術廻戦ネタバレ145話最新確定速報!偽夏油の名は羂索!死滅回遊に来栖華参戦!」と題してお届けしてきました。

今回、個人的に一番衝撃的だったのは羂索の真の目的についてでしたね~。

まさか日本中の人間を進化させるために天元様と同化するつもりなんて…。

羂索の計画があまりに壮大すぎる!

つまり日本中の人間の命は呪術師たちに懸かっているということです。

私のような非呪術師のことを影で守ってくれるなんて、呪術師はまさに影のヒーロー!

みんな~!羂索を倒してくれ~!

それにしても、なんで羂索はこんなことをするつもりなんだろう?

まだまだいろんな謎は残りますが、まずは死滅回遊をクリアすることがポイントになりそうです。

というわけで、今回の「呪術廻戦ネタバレ145話最新確定速報!偽夏油の名は羂索!死滅回遊に来栖華参戦!」はここまで!

日々、ネタバレ確定・考察・感想を追記していきますので明日もお楽しみに。