呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ147話最新確定速報!夜蛾死亡!日下部がパンダ救出!

呪術廻戦 147話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

「呪術廻戦ネタバレ147話最新確定速報!夜蛾死亡!日下部がパンダ救出!」

来栖華に続いて新キャラである高葉文彦秤金次登場し、いよいよ死滅回遊に向けてそれぞれ動き出しました。

このまま進んでいくのかと思いきや、今回はまさかの夜蛾がメインの回だったのです!

ま、まさか夜蛾が倒されるなんて…

しかも、それを実行したのは、なんと楽巌寺嘉伸だったのです!

いったい何がどうなっているの~!?

また、夜蛾と日下部の過去についても明らかになったりと、前回とはまったく違った展開でおもしろいですよ~!

とにかく、夜蛾が倒されたのを発見したパンダの反応は必見です!

というわけで「呪術廻戦ネタバレ147話最新確定速報!夜蛾死亡!日下部がパンダ救出!」と題しまして、呪術廻戦ネタバレ147話の確定・考察・感想をお届けします。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ考察!

今回は、考察したいところがたくさんありすぎて迷っちゃいますね~。

新キャラ2名も気になるし、私が個人的に大好きな真希ちゃんはなんと単独行動するんです。

他にも、呪術廻戦前話では、恵がいつの間にか禪院家の当主になっているという事実まで発覚!

いきなり恵が当主になっているなんてどういうこと?

こんな衝撃的な出来事なのに、さらりと話が進んじゃうところが凄い。笑

さて、いろんなところに謎が散りばめられていて、どこから考察しようかな~?

それでは、早速呪術廻戦147話ネタバレ考察を進めていきましょう!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ考察|組屋十造は真希の師匠?


天元様の護衛と死滅回遊への参戦については今まで明かされてきたものの、ここにきて真希は単独行動を取ることになりました。

それは、呪具の回収と組屋十造のアトリエに向かうこと。

呪力を持たない真希が呪具を回収して、新しい武器を調達するのは想像できますが、組屋十造のアトリエはまったく想像できません。

しかも天元様も真希が行くことを分かっている様子。

名前からイメージして、組屋十造とはかなりの年配で、なにかに特化したベテラン呪術師ではないかと予想します。

おそらく、東京事変で真希は自分の力不足を痛感し、もっと強くならなければ戦力にならないと感じたのではないでしょうか?

だからこそ、真希はわざわざ決戦の前に組屋十造のところに向かって修行をつけてもらうのではないかと思います。

つまり、組屋十造は真希の直々の師匠に当たる人なんじゃないかな?

アトリエということは普段は芸術を嗜んでいますが、実は体術のスペシャリストだったらおもしろいですよね。

組屋十造のもとへ行った後、真希がさらにパワーアップしていることに期待します!

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ考察|秤金次は高専で拘束されている?


虎杖、恵、乙骨は死滅回遊に向かう前に秤金次を見つけて参戦させろと真希から指示を受けました。

秤金次とは、真希や乙骨と同級生で高専の3年生。

しかし、今は停学中だから東京事変にも来られなかったようです。

停学になったということは、かなりの問題児なんでしょうね。

しかも、調子が良ければ乙骨よりも強いらしいので、おそらく秤金次は高専に拘束されているのではないかと予想します。

高専では停学すると拘束される決まりがあるのか、もしくは秤金次の強さに困惑した上層部が拘束したのか…。

いろんな想像ができますが、きっと秤金次もかなりの曲者なのは間違いないでしょう。

それでも乙骨より強いのなら、死滅回遊に参戦してもらえれば、めちゃくちゃ戦力アップになるはず!

きっと簡単に参加するとは言わないでしょうが、乙骨がうまく説得してくれることを信じているぞ~。




 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ考察|禪院直毘人の遺書で恵が当主に選ばれた?


真希がそれぞれの役割分担をまとめていたとき、サラリと恵が禪院家の当主になったことを激白!

衝撃的な事実なのに「後で説明する」ってそりゃないよ~!涙

たしかに禪院家の当主である禪院直毘人は東京事変で死んでしまったので、次の当主を決める必要はありますよね。

禪院家は、御三家の1つだから親族や血族もたくさんいるはず。

それなのに、禪院家のしがらみを拒否していた恵がなぜいきなり当主になったのでしょうか?

それはきっと禪院直毘人が東京事変前にあらかじめ遺言を残しておいたのではないでしょうか?

そこに恵を次期当主にすると記載されていたのです。

禪院家では、当主の遺言は絶対的な力があり、拒否することができない仕組みになっているのです。

そうじゃなければ、きっと恵は拒否していたでしょうし、他の親族も黙っていないはず。

禪院家の当主を目指していた真希は恵が当主になってどう思っているのかも気になるな~。

 

【最新147話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)確定ネタバレ速報!

4月26日発売の少年ジャンプ147話掲載の第一報が入りました!

タイトルは「パンダでさえ」です。

早速ネタバレ確定最新速報をお届けしていきます。

情報が入り次第、随時お知らせしていきますので、こちらのサイトを日々チェックしてください!

※呪術廻戦【最新147話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ確定|楽巌寺嘉伸が夜蛾を殺す!

夜蛾が高専から出て行くと、目の前に楽巌寺嘉伸の姿がありました。

楽巌寺はすでにギターを持って戦闘態勢で待っています。

すると、夜蛾はすべて察したように、向かい合って楽巌寺嘉伸と対峙しました。

しかし、結果は夜蛾の惨敗だったのです。

夜蛾は、体に大きなバツ印の傷跡があり壁にもたれかかったまま倒れています。

それをじっと見下ろす楽巌寺嘉伸。

2人の間に一体なにがあったんだ~?

急展開すぎてついていけません(汗)

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ確定|夜蛾の息子は犬の呪骸!

夜蛾と楽巌寺の戦闘シーンは詳しく描かれていませんでしたが、もちろん夜蛾は簡単にやられたわけではありません。

夜蛾は息子に会いたい一心で、楽巌寺に必死に立ち向かったのです。

脳裏には「まさみち」と呼ぶ可愛い犬のような呪骸と夜蛾が隣で座っていました。

あの犬が夜蛾の息子なのか?

詳細はわかりませんが、とにかく夜蛾にとってとても大切な存在なのが窺えます。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ確定|日下部がパンダを救出!

一方その頃、東京事変で壊された瓦礫の中からパンダが現れました。

なんと助けてくれたのは日下部だったのです。

しかし、日下部は自分が助けたことを他の人には言うなと口止めします。

どうやら日下部は妹を夜蛾に助けてもらった恩があるそうです。

パンダはなにも言わず、夜蛾の元へと急ぎます。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ確定|夜蛾の死にパンダが涙する!

パンダが到着したときには、すでに夜蛾と楽巌寺の勝負はついていました

夜蛾は楽巌寺に「私からあなたへの呪いですよ」と最期の力を振り絞って呟きます。

パンダは、2人を見るなりすぐに間を割ってきました。

楽巌寺はパンダが攻撃を仕掛けてくると思い、臨戦態勢に入るも、パンダは楽巌寺には目もくれず夜蛾の方へと駆け寄ります。

なぜ戦わないのだと楽巌寺がパンダに尋ねると、パンダは「人間と一緒にすんな。俺はそんなものに囚われない。」ときっぱりと断言したのです。

そして、楽巌寺と夜蛾はもともと仲が良かったこと、上層部から命令されてやっただけであることも察していたのです。

しかし、パンダは頭ではわかっているものの、涙が止まりません。

「いいか、これだけは覚えておけ。パンダでも泣くんだ。」と楽巌寺に泣きながら告げました。

せ、切なすぎる。

パンダ~(号泣)

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ確定|日下部の妹を助ける夜蛾!

時は少し遡り、日下部が車いすに乗った妹と共に夜蛾の元へ訪れました。

夜蛾はあらかじめ、日下部に「コイツはお前の甥ではなく、甥の情報を持った何かである」と説明します。

日下部はそれを覚悟しているようで、たしかにいつまでも死人にこだわらず、未来に向けて生きるべきであるというのは理解しています。

しかし、妹は死んだ息子であるタケルが支えてくれなければ生きていけないのだというのです。

そこで夜蛾は、甥の情報を入れた犬の呪骸を妹の元へ連れて来たのです。

すると、妹は呪骸を「タケル!」と、ぎゅっと抱きしめて泣き崩れました。

本来、完全自立型の呪骸の存在は公にはできません。

そのため日下部は妹と呪骸を決して表には出さないよう夜蛾と約束を交わしました。

妹が生きる力が湧いたのを見て、日下部は夜蛾に心から感謝をしてお礼を言いました。

 

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)最新147話のネタバレ確定|呪骸に別れを告げる夜蛾!

夜蛾と犬の呪骸は天元様が守っている森の中に隣同士で座っていました。

そして、夜蛾はしばらく帰れそうにないと皆に伝えて欲しいと犬の呪骸に頼みました。

犬の呪骸は「また出張?」とつまらなそうに言うと、夜蛾は長い出張だと肯定します。

そして、この森なら安全で、お母さんもまた会いに来てくれる。自分がいなくても大丈夫だと犬の呪骸に声をかけたのです。

まるで、自分の身に危険なことが起こることがすでに分かっている口ぶりですね。

夜蛾は楽巌寺に倒されることを知っていたのでしょうか?

謎を残したまま、ここで147話は終了します。

>>【続き】呪術廻戦148話最新ネタバレ確定情報!

 

【最新147話】呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)ネタバレまとめ

呪術廻戦ネタバレ147話最新確定速報!夜蛾死亡!日下部がパンダ救出!と題してお届けしてきました。

今回はまさかの夜蛾が楽巌寺嘉伸に殺されるという悲しい結末でしたね。

パンダ曰く、上層部の指示だそうですが、同じ呪術師同士で殺し合うという制度に憤りを感じます。

夜蛾の死を見て、パンダが涙を流すシーンは胸が痛くなりました。

パンダだけではなく、夜蛾に作ってもらった呪骸たちも悲しむことでしょう。

まだ、夜蛾の死を受け止めきれませんが、次回はどんな展開になるのか予想できませんね。

おそらく夜蛾が死ぬ間際に、楽巌寺嘉伸にかけた呪いというものが判明するのかな?

ちなみに次週はGWのためジャンプ自体がお休みで、再来週は休載なので、次は5月17日に発売される予定です。

というわけで、今回の「呪術廻戦ネタバレ147話最新確定速報!夜蛾死亡!日下部がパンダ救出!」はここまで!

日々、ネタバレ確定・考察・感想を追記していきますので明日もお楽しみに。