呪術廻戦

呪術廻戦156話ネタバレ最新確定速報!星綺羅羅の術式は星間飛行!伏黒恵が脱兎と玉犬で勝利!

呪術廻戦 156話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

【呪術廻戦156話ネタバレ最新確定速報!星綺羅羅の術式は星間飛行!伏黒恵が脱兎と玉犬で勝利!】

8月30日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の最新156話確定速報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦156話のネタバレ確定速報&考察をお送りしていきます!

前回の呪術廻戦では、伏黒恵が式神の”脱兎”を召喚したところで終了!

”脱兎”をどのように使うのかと思われましたが、星綺羅羅の術式を解明するための手段だったようですね。

伏黒恵の神的考察によって、術式の謎が解けていく156話。

星綺羅羅の術式『星間飛行(ラヴランデヴー)』の詳細がついに明かされましたよ…!

”玉犬”とのコンボ作戦で、とうとう伏黒恵が勝利するのでしょうか!

この記事は「呪術廻戦156話ネタバレ最新確定速報!星綺羅羅の術式は星間飛行!伏黒恵が脱兎と玉犬で勝利!と題しまして、呪術廻戦最新156話のネタバレ確定速報&考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新156話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦156話ネタバレ確定最新話速報!

8月30日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の呪術廻戦156話ネタバレ確定速報第一報が入りました!

タイトルは『きらきら星』。

  • 星綺羅羅の術式は南十字座がモチーフ!
  • 『星間飛行(ラヴランデヴー)』が星綺羅羅の術式!
  • 伏黒恵が星綺羅羅確保!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新156話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【呪術廻戦156話】ネタバレ確定最新速報|伏黒恵が脱兎で術式のヒント発見!

召喚した”脱兎”の体には「★AcruX」という文字が、モニタールームのドアには「★GacruX」という文字が刻まれていることに気が付いた伏黒恵。

一方、星綺羅羅は突然現れた”脱兎”の量に驚きを見せますが、冷静な反応です。

星綺羅羅の術式は呪力にマーキングするそう。

よって、綺羅羅が脱兎に触れていなくても、既に伏黒にマーキングしているため、同じ呪力の脱兎にもマーキング済みになっていたのでした。

あわや大量の”脱兎”を体に引き寄せられて窒息…というところで、伏黒は”脱兎”の召喚を解除。

”脱兎”がどこなら近づくことができていたかをパンダに問います。

パンダ曰く、”脱兎”はパンダには近づけたが、綺羅羅とモニタールームのドアには近づけなかったとのこと。

そこから伏黒恵は術式の条件を察し、パンダの体に「★ImaI」と、自分の体に”脱兎”と同じ「★AcruX」の文字が刻まれていることを確認します。

「この術式のタネは星座です!」

と叫ぶ伏黒恵。

そこまでなら分かる人は分かると余裕を見せた星綺羅羅でしたが、伏黒が南十字座がモチーフだと当てずっぽうで口にすると、表情が一変しました!

 

【呪術廻戦156話】ネタバレ確定最新速報|星綺羅羅の術式突破は5つの星がカギ!

南十字座がモチーフというのは、星綺羅羅にとって図星でした。

このまま伏黒らに術式を見破られるとモニタールームに入られるため、ここで伏黒とパンダを足止めすると決意する星綺羅羅。

一方、伏黒恵も南十字座が正解だったことに驚きを見せます。

とはいえ、モチーフが当てられたとしてもそれ以上は分からないと悩む伏黒。

伏黒や”脱兎”は、パンダには近づくことができるため、星綺羅羅の術式には近づける★と近づけない★が存在しているようです。

そのことから伏黒は、★にはスタンプラリーのように近づくための順番があり、同じ★同士はくっつくのだと予想します。

さらに、星綺羅羅もマーキングした”玉犬”に近づけなかったので、術師本人が術式の対象外というわけではないということまで考察!

どうやら★は5種あり、パンダ・伏黒・?・綺羅羅・ドアにマーキングされているようです。

この謎の?の地点を見つけて経由しなければ、星綺羅羅やドアには近づけないということですね!

作戦を練る伏黒とパンダに、星綺羅羅が強襲!

星綺羅羅が屋上の車にマーキングすると、浮いた車は真っ直ぐパンダの方へ。

車にパンダと同じ「★ImaI」がマーキングされているため、パンダが投げ返しても車は再びパンダに引き寄せられてしまいました。

引き寄せる力を使えば何でも武器にもなる便利な術式です!



【呪術廻戦156話】ネタバレ確定最新速報|星綺羅羅の術式は『星間飛行』!

その隙に5つ目の★を探す伏黒恵は、星綺羅羅は対象の呪力にマーキングしていることを見抜きます。

伏黒は呪力の残穢を辿り、車のタイヤ留めに「★Mimosa」が刻まれていることを発見!

タイヤ留めに触れたことで星綺羅羅に近づけると思った伏黒でしたが、その伏黒に向かって車のドアやタイヤ留めが襲いかかります!

ここで明らかになった星綺羅羅の術式は『星間飛行(ラヴランデヴー)』。

南十字座をモチーフとして、5種の★を対象の呪力に割り振ります。

★が別の★に近づくためには、現実の星同士の奥行きに従った順番を守らねばならず、同じ★同士は引き寄せられるという術式です。

術式を見破った伏黒を、すごいと賞賛する星綺羅羅。

対する伏黒恵は、飛んでくる物の直撃を受けるしかできません。

綺羅羅は自分自身にマーキングしていた「★Ginan」を解除して、代わりに物に対して自分の呪力を込め、伏黒と同じ「★AcruX」をマーキングしていたのでした。

しかし、油断していた星綺羅羅の背後に、玉犬が現れます!

玉犬・星綺羅羅・伏黒が一直線になるタイミングを、伏黒はずっと見計らっていたのでした。

伏黒へ引き寄せられた玉犬は、間に立っていた星綺羅羅を巻き込んで衝突!

咄嗟に術式を解除した星綺羅羅でしたが、時すでに遅く、伏黒恵に取り押さえられてしまいました。

綺羅羅に果たして話を聞いてもらえるのか…?!というところで呪術廻戦156話は終了します!

>>【続き】呪術廻戦157話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦156話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新156話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

モニタールームで秤金次と対話が叶った虎杖。

呪術界の混乱に乗じて賭け試合を公に認めさせるというのが、秤の目的だと判明しました。

秤は協力者として虎杖を勧誘していましたが、星綺羅羅からの着信によって状況が一転!

虎杖が高専関係者であることを見抜いた秤は、術式を発動する事態にまで発展してしまいます!

一方、モニタールームの外では伏黒恵&パンダが星綺羅羅を説得中。

しかし、星綺羅羅も秤同様、伏黒らの話に耳を貸そうとしません。

会話の中で明かされたのが、秤金次は術式が原因で上層部と揉めたという新事実!

術式のあり方が保守派と相容れないというのですが…。

そして伏黒が現状打破のため、星綺羅羅に”脱兎”を召喚したところで終了しました!

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 秤金次が術式発動!
  • 術式が原因で保守派と揉めた
  • 伏黒が”脱兎”を星綺羅羅に放つ!

以上を中心に呪術廻戦最新156話についてネタバレ考察していきたいと思います!

 

【呪術廻戦156話】ネタバレ最新考察|しりとりが秤金次の術式?

虎杖に向かって、電車のドアのようなものを出現させた秤金次。

明らかに術式のようですが、一体どのような術式なのか気になりますよね!

秤金次の術式は「しりとり」だと面白いなと思っています!

というのも、コップ(グラス)を叩きつけた後、電車のドアが出現していました。

電車のドアは別名「プラグドア」とも呼ばれます。

術式発動直前に触れていたものをスタートとして、コップ→プラグドアのように言葉を繋ぐことで、その物を具現化できるのでは!

秤金次の術式については以下の情報が明らかになっています。

  • ノっている時は乙骨より強い
  • ニューテクと絡んでいる
  • コンプラ的にアウトかもしれない

呪術師ならば対人ではなく、意思疎通のできない呪霊相手の戦闘がメインになるはず。

術式があまりに複雑な条件では、対呪霊戦闘に向いていません。

もし術式が「しりとり」だと仮定すると、武器になりそうな言葉が繋げれば強いですが、使い物にならないものを具現化する可能性もありますよね。

語彙が必要になるので、能力にムラがあるというのも納得。

しりとりによって最新機器なんかも具現化できるとすれば、ニューテクに絡んでいるというのもあり得ます。

また、実は「しりとり」の歴史は、平安時代の「文字鎖」にまで遡れるのだとか!

かなり歴史があることからも、術式として成立していてもおかしくありませんね。

コンプライアンス的にアウトというのが引っかかりますが、それは後々明かされるでしょう!(笑)

秤金次の術式については、156話でもう少しヒントが欲しいところです…!

 

【呪術廻戦156話】ネタバレ最新考察|影に潜って伏黒恵が星綺羅羅に迫る?

”脱兎”を召喚し、伏黒恵は何やら息を吸い込んでいる様子でした。

伏黒恵は、この”脱兎”の影に潜って影の中から星綺羅羅に接近する作戦なのでは!

”玉犬”にも影があったように、式神にも影はある模様。

大量の”脱兎”を星綺羅羅に向けつつ、伏黒はその”脱兎”の影の中を潜って進めば術式関係なく星綺羅羅に接近できると考えます。

しかし、伏黒は星綺羅羅にあまり手荒なことはしたくないはず。

接近して拘束するのではなく、あくまで星を説得し、パンダやモニタールームにかけた術式を解いてもらうつもりなのではないでしょうか?

「ウサギ…」と星綺羅羅は”脱兎”に見惚れている様子だったので、今がチャンスです!


 

【呪術廻戦156話】ネタバレ最新考察|五条悟を利用する目的で秤金次が仲間に?

現状、秤金次や星綺羅羅が死滅回游に参加するメリットは見えてきません。

しかし、秤金次には「賭け試合を公に認めさせる」という熱い目的があると明らかに!

秤金次は封印から解放することで五条悟に借りを作り、五条の力を借りて自分の目的を達成させようとするのではと予想しています!

何かしらのメリットがないと秤金次が死滅回游に参加してくれるとは考えにくいですよね。

156話で五条が封印されたことを知れば、秤金次は五条に借りを作るまたとないチャンスと思うのではないでしょうか。

呪術界で物理的にも立場的にも大きな力を持つ五条悟。

保守派とも対立していますし、あまり固い人間ではないので、秤金次の目的達成にも力を貸してくれるかも…?!

秤が運営する賭け試合も、賭け試合を通して呪詛師を取り締まれる存在になれば案外悪くないのかもしれませんしね!

五条悟封印に対する秤の反応を早く知りたいところです…!

 

【呪術廻戦156話】ネタバレ最新考察|秤金次は生得術式を改造?

昨年の百鬼夜行で上層部と揉め、停学になった秤金次。

保守派と揉めた理由は、何やら術式の考え方の違いが原因のようだと明らかになりました。

もしかすると、秤金次は自分の術式を改造し、それが保守派の気に障ったのではないでしょうか!

改造というより、術式の”拡張”のやり方に問題があったのかもしれません。

”拡張”とは、生まれた時に刻まれた生得術式をベースとして、術式を応用したオリジナル技のこと。

七海建人も「十劃呪法」の拡張術式を、真人との戦いで披露しました。

術式を拡張し、オリジナル技を生み出すことは悪くないのでしょうし、生得術式自体を否定することはできないでしょう。

しかしパンダの話から考えると、生得術式を先進技術などと絡めることは保守派は良しとしないようですね。

虎杖と秤のバトルで出てきたのは、何やら電車のドアのようなものでした。

保守派にとって「呪いのビデオ」がアウトなら、電車なんてもっての外だったのかも…。

そもそも、保守派の筆頭と言えそうな楽巌寺学長がエレキギターを使用しているのは、保守派的にはお咎めなしなのでしょうか(笑)




【呪術廻戦156話】ネタバレ最新考察|脱兎が星綺羅羅の術式攻略の鍵?

星綺羅羅説得のために”脱兎”を召喚した伏黒恵!

156話では、この”脱兎”が星綺羅羅の術式を攻略する鍵になると考えます。

”脱兎”といえば、渋谷事変で呪詛師・粟坂の術式”あべこべ”を見破るために召喚されたウサギの式神です。

攻撃力のある式神ではありませんが、とにかく数が多いのが特徴!

身を隠したりして、陽動するのに使用します。

星綺羅羅の術式の条件などは判明していませんが、対象にマーキングすることが必要なのでしょう。

よって、数が多すぎる”脱兎”1匹1匹に対して星綺羅羅はマーキングできず、術式を発動できないと思われます!

攻撃力がないことからも星綺羅羅に危害が及ぶことはありませんし、数で抑え込んだり視界を奪うことも可能なのでは。

そうこうしている間に、伏黒やパンダに施された術式も切れるかもしれませんね。

とにかく敵対せず、星綺羅羅に話を聞いてもらう時間が欲しいので、”脱兎”は適任でしょう!

ここ最近の伏黒恵の頭脳はキレ味抜群です(笑)




【呪術廻戦156話】ネタバレ最新考察|五条悟と秤&星は不仲?

どうやら五条悟が封印されたことを知らなかった様子の秤金次と星綺羅羅。

星綺羅羅の口ぶりから考えると、五条悟と秤&星は高専時代に不仲だったのではと予想されます。

ウマが合わないといった関係でしょうか。

伏黒恵に対し、「五条悟にいくらでも尻拭いしてもらえるのに自分達に頼る意味が分からない」と零していた星綺羅羅。

この言葉から察するに、秤や星は五条悟が後ろ盾にいなかったということなのでは?

保守派と揉めたという百鬼夜行でも、秤金次は東京ではなく京都にいたといいますし…。

五条悟は秤や星については放任主義だったのかもしれません。

改革派の五条と、秤金次らは考え方が合わないわけではなさそうですが、性格的にはあまり仲が良くなさそうだなと(笑)

秤が保守派と揉めた時、庇ってくれてもよかったのにと星綺羅羅は五条に対して感じているのかもしれませんね…。

156話では0巻の時代のことを、もう少し詳しく教えてほしいです!!

 

呪術廻戦156話ネタバレ最新話まとめ

『呪術廻戦156話ネタバレ最新確定速報!星綺羅羅の術式は星間飛行!伏黒恵が脱兎と玉犬で勝利!』と題し、最新話の呪術廻戦156話の確定速報&考察をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

”脱兎”が突破口になって、ついに星綺羅羅の術式の謎が解明できました!

汎用性が高そうな術式ですが、中々理解も難しいです…(笑)

術式の名前が『星間飛行(ラヴランデヴー)』だなんて、星綺羅羅らしいですよね!

それにしても、伏黒恵の”脱兎”や”玉犬”などの式神の使い方はさすがの一言。

おかげで勝利を収めることができました。

このまますんなり星綺羅羅が伏黒恵の説得に応じてくれたらいいですよね!

『呪術廻戦156話ネタバレ最新確定速報!星綺羅羅の術式は星間飛行!伏黒恵が脱兎と玉犬で勝利!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!