呪術廻戦

呪術廻戦158話ネタバレ最新確定!秤金次が死滅回游協力合意!新キャラ鹿紫雲一がルール追加!

呪術廻戦 158話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

【呪術廻戦158話ネタバレ最新確定!秤金次が死滅回游協力合意!新キャラ鹿紫雲一がルール追加!】

9月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の最新158話確定速報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦158話のネタバレ考察をお送りしていきます!

前回の呪術廻戦では、秤金次と星綺羅羅が話を聞いてくれることになりました。

呪術廻戦158話にて、夜蛾学長と五条悟に起こったことを伏黒恵やパンダらから聞いて、流石の秤たちもびっくり!

在学時にはお世話になっていたようで、秤金次が死滅回游の平定に協力してくれることになりましたよ!

さらに、また新たなキャラクター・鹿紫雲一(かしも はじめ)が登場し、死滅回游に新ルールまで追加!

既に死滅回游で大暴れしている様子の鹿紫雲一は、なんと宿儺を探しているようですよ…?

この記事は「呪術廻戦158話ネタバレ最新確定!秤金次が死滅回游協力合意!新キャラ鹿紫雲一がルール追加!と題しまして、呪術廻戦最新158話のネタバレ確定速報&考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新158話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

呪術廻戦158話ネタバレ確定最新話速報!

9月13日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の呪術廻戦158話ネタバレ確定速報が入りました!

タイトルは『コガネ』。

  • 秤金次と星綺羅羅が死滅回游への協力合意!
  • 新キャラクター・鹿紫雲一登場!
  • 死滅回游に新ルールが追加!
  • 鹿紫雲一は宿儺を探している!
  • 虎杖らの狙いは鹿紫雲一と日車寛見!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新158話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【呪術廻戦158話】ネタバレ確定最新速報|秤金次が死滅回游に協力合意!

呪術廻戦158話は、伏黒恵が秤金次と星綺羅羅に渋谷事変でのことを説明するところから始まります!

五条悟が封印されたこと、学長の夜蛾が死亡したことを聞かされて、驚きを隠せず頭を抱える秤金次。

「世話んなった人らが悉く…」

と凹んでいる様子を見ると、秤にとっては五条悟も夜蛾も悪い関係ではなかったようですね。

少し考え込んだ後、秤金次は死滅回游の平定に協力すると合意してくれました!

とはいえ、決して情に流されたわけではなく、あくまでも死滅回游が平定できたら目的に協力してもらうための取引だと秤は言います。

呪術規定の改訂に乗っかって、賭け試合を認めさせたい秤金次。

伏黒恵はそんな秤に対し、禪院家当主としての立場を利用すると決め、自分が禪院家の現当主だと名乗り出ました。

すると、秤金次の態度が一変!

それまで「ウニ頭!」だった伏黒恵の呼び名が、「伏黒君!」に変わりましたよ(笑)

それもそのはず、御三家がバックにつけば呪術規定の改訂に口出しなんてお手の物ですからね!

賭け試合の運営に禪院家をいかに関わらせないか…と、秤が将来の問題点を考えていた矢先、この翌日に禪院家は壊滅することになるのですが;

 

【呪術廻戦158話】ネタバレ確定最新速報|新キャラ鹿紫雲一登場!

秤金次らとの話がまとまり、後は各々が向かう結界(コロニー)の割り振りを考えようとした瞬間!

「リンゴン」とけたたましい音と共に、虎杖の頭上に呪霊”コガネ”が現れます。

コガネが告げたのは、他泳者(プレイヤー)による死滅回游の新ルール追加が行われたということ。

『泳者は他泳者の情報(名前・得点・ルール追加回数・滞留結界)を参照できる』というルールが、早速9つ目として追加されました!

ここで場面は変わり、頭上で髪を2つのお団子にした男が登場します。

既に他泳者を殺し、ポイントを獲得し続けている様子のその男。

「400年前の方が幾分かましだった」

と男は言いながら、なんと宿儺を探しているようで…?!

男の名前は鹿紫雲一(かしも はじめ)。

死滅回游に上記の新ルールを追加したのは、すでに200ポイントを有する謎の新キャラ・鹿紫雲一だったのです!

400年前から生きている様子で、さらに宿儺を探しているなんて、またとんでもない新キャラが現れましたよ…!?




【呪術廻戦158話】ネタバレ確定最新速報|虎杖らの狙いは鹿紫雲一と日車寛見!

場面は戻り、再び虎杖らとコガネへ。

コガネは、自分は泳者である虎杖に憑いている窓口だと語ります。

しかしそもそも死滅回游の泳者とは、羂索に術式や呪物を付与された人間以外は、コロニーに侵入して初めて泳者に認定されるはずですよね。

何故、羂索から何も付与されていない虎杖が既に泳者に…と考えたところで、虎杖の頭には一つの仮説が浮かびます。

それは、宿儺が過去に羂索と契約し、呪物を与えられた術師の1人だったということ。

けれど宿儺の指は虎杖の意思で取り込んだものなので、虎杖が泳者に認定される理由にはならないと、伏黒は思います。

とはいえ、今考えても伏黒恵にも虎杖にも原因が分からないので、一旦この話は保留になりました。

気を取り直して虎杖らは、コガネに他泳者の情報を表示させます。

情報を見ていく中で、ルールを追加したのは鹿紫雲一という人物だということが判明しました。

ポイントの総数から考えて、ここ数日で少なくとも40人は殺している鹿紫雲一。

彼にどういう意図があってこのルールを追加したのか、虎杖らには見えてきません。

しかし同時に、鹿紫雲が残りの100点を余らせている事実を知った虎杖と伏黒恵。

鹿紫雲のように「100点以上持っていてルールを追加する気がない人間」をあたり、伏黒津美紀が死滅回游から抜けるルールを作らせる作戦を立てます!

全員が全員、死滅回游に対してモチベーションが高いわけではないですからね!

コガネに「得点が100点以上」の泳者の情報を出させると、なんと現時点で2人いることが判明しました。

1人は鹿紫雲一。

もう1人は、日車寛見(ひぐるま ひろみ)という人物。

彼らのポイントを利用すれば、高専メンバーは誰も他者を殺すことなく死滅回游にルールを追加できることに!

追加を目標にするルールは「泳者間でのポイントの譲渡を可能にする」と「ポイントを消費して死滅回游から離脱できる」の2点です。

虎杖たちは、獄門疆の封印を解ける”天使”(来栖華)を探しつつ、鹿紫雲一と日車寛見を狩ることを狙いとして死滅回游に臨むことになりました!

呪術廻戦158話は、こんな気になる展開で終了してしまいますよ…!

>>【続き】呪術廻戦159話ネタバレ最新情報!

 

呪術廻戦158話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新158話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

星綺羅羅を捕らえた伏黒恵でしたが、すぐさま態度を改め、綺羅羅に渾身の土下座!

自分には時間が無いことを伝え、協力を願い出ます。

伏黒恵のこの態度に、さすがの星綺羅羅も渋々話を聞いてくれることになりました!

一方の虎杖は、秤金次に殴られてモニタールームの外へ吹き飛ばされるという難航ぶり。

しかし、秤金次に自分を認めさせるため、虎杖は秤に殴られるまま一切反撃しようとしません!

「俺に”熱”を伝えてみせろ」と叫ぶ秤に、虎杖は「自分は呪いを祓うための部品だ」と語ります。

部品には部品としての役割があり、秤の役割は何かと問う虎杖。

何度殴られても役割を全うしようと立ち上がる虎杖に、冷めていたはずの秤金次もいつしか熱くなっていました。

結果、秤は虎杖との関わりで再び”熱”を持った自分を認め、伏黒恵とパンダに取引を持ちかけることにしましたよ!

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 秤金次たちと対話成立!
  • 伏黒恵とパンダに取引を持ちかける!
  • 熱くなっていた秤金次の過去!
  • 死滅回游の動向は?

以上を中心に呪術廻戦最新158話についてネタバレ考察していきたいと思います!

 

【呪術廻戦158話】ネタバレ最新考察|伏黒恵が上層部改革を約束?

とうとう秤金次が話を聞いてくれることになりましたよ!

そうとはいえ「取引だ」と言っていたので、何かしらの条件提示は必要ですよね…。

呪術廻戦158話で伏黒恵は、自分が禪院家当主である立場を利用し、秤金次に上層部の改革を約束すると予想しています!

秤金次の目的は、呪術規定の改定に乗じて賭け試合の存在を公に認めさせること。

正直、秤の目的を達成するためには呪術界上層部に発言力がある人物の協力が不可欠でしょう。

そこで適任なのが伏黒恵!

伏黒は仮にも御三家の当主になったわけですから、発言力がありますよね。

秤金次の目的については、呪術廻戦158話以降、伏黒やパンダも知ることになるでしょう。

禪院家当主として伏黒が上層部を改革することを取引材料にすれば、秤金次にとっても有益な提案になるのでは?

五条悟も改革派なので、協力することで改革派の御三家当主を2人も味方につけられるとなれば、秤金次としても十分旨味があると思います!

 

【呪術廻戦158話】ネタバレ最新考察|秤金次が無償で協力に応じる?

伏黒恵とパンダに取引を持ちかける様子の秤金次でしたが、死滅回游のことや伏黒の事情などは全く知りません。

虎杖たちが助けを求めにきた理由を呪術廻戦158話で知れば、秤金次は事の重大さから無償で協力してくれるかもしれませんよ!

呪術廻戦前話での星綺羅羅の口ぶりでは、秤は高専で人助けをしていた時が一番熱かったとのこと。

つまり、秤金次は呪術で人助けをすることに熱意を持てる人物ということですね!

意外と秤は情に熱い性格なのかもしれません。

伏黒恵は姉が死滅回游に巻き込まれ、虎杖は五条悟が封印されてしまったことで死刑判決が出ています。

前話で虎杖の熱意を認めた様子の秤金次なら、その事情の重さを熱く受け止め、取引と言わず無償で協力してくれる…なんて都合のいい展開ないでしょうか(笑)

いい人であってくれ〜;




【呪術廻戦158話】ネタバレ最新考察|髙羽史彦が死滅回游参戦で大暴れ?

髙羽史彦を覚えておいででしょうか?

「本当は七三くらいが…」と意味深な発言を残していた、売れない漫才師の男!

呪術廻戦158話では、髙羽史彦が死滅回游に参戦して大暴れしている様子などが明らかになるのではないでしょうか!

髙羽史彦は死滅回游の泳者(プレイヤー)であると紹介はされていました。

しかし現状、髙羽どころか死滅回游がどうなっているのかすら全く動きが見えませんよね…。

秤金次と星綺羅羅の説得は呪術廻戦158話でどうにかなりそうですし、そろそろ死滅回游の様子が分かるのでは!

売れない漫才師でストレスが溜まっていそうな髙羽史彦。

死滅回游に参加し、本能のままに他の泳者を次々狩っていく過激な姿が見られるのではと、筆者は密かに楽しみにしています…(笑)

 

【最新158話】呪術廻戦ネタバレまとめ

『呪術廻戦158話ネタバレ最新確定!秤金次が死滅回游協力合意!新キャラ鹿紫雲一がルール追加!』と題し、最新話の呪術廻戦158話のネタバレ確定速報&考察をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

一気に話が動いてきた呪術廻戦158話でしたね!

秤金次や星綺羅羅が協力してくれることになったのは嬉しいものの、まだまだ懸念事項は盛りだくさん…。

新キャラの鹿紫雲一は早速ルールを追加するほどですから、かなりの強敵と見られます!

「400年前の方がマシ」と言ったり、宿儺を探しているような発言も出てくるなんて、今後が気になりすぎて夜しか眠れません…;

日車寛見も名前だけの登場でしたが、また新たなキャラクターが登場すると思うと楽しみですね♪

髙羽史彦や来栖華も出てくるでしょうし、死滅回游は新キャラ祭りでしょう!(笑)

『呪術廻戦158話ネタバレ最新確定!秤金次が死滅回游協力合意!新キャラ鹿紫雲一がルール追加!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!