呪術廻戦

呪術廻戦159話ネタバレ最新確定&感想!日車寛見は式神術式の弁護士!死滅回遊に参加した理由!

呪術廻戦 159話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

【呪術廻戦159話ネタバレ最新確定&感想!日車寛見は式神術式の弁護士!死滅回遊に参加した理由!】

9月18日(土)発売の週刊少年ジャンプ掲載の最新159話確定速報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦159話のネタバレ確定速報&考察をお送りしていきます!

前回の呪術廻戦では秤金次らが死滅回游に協力してくれることになり、さらに鹿紫雲一や日車寛見など、見逃せない新キャラも登場!

呪術廻戦159話は、その中でも日車寛見の過去が早速明らかになりますよ…!

弁護士バッジをつけていた日車寛見は、被告人の無罪を証明しようと自らの正義を貫く弁護士だったようです。

しかし思うようにいかない世の中の理不尽さに怒り、なんと呪術廻戦159話では日車寛見の何やら不気味な術式まで発動して…?!

術式を使用するほどの怒りとは、一体どんな経緯があったのでしょうか!

この記事は「呪術廻戦159話ネタバレ最新確定&感想!日車寛見は式神術式の弁護士!死滅回遊に参加した理由!と題しまして、呪術廻戦最新159話のネタバレ確定速報&考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新159話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦159話ネタバレ確定最新話速報!

9月18日(土)発売の週刊少年ジャンプ掲載の呪術廻戦159話ネタバレ確定速報が入りました!

タイトルは『裁き』。

  • 日車寛見の過去は国選弁護士!
  • 弱い立場の人に手を差し伸べたい日車寛見!
  • 日車寛見の術式が発動!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新159話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【呪術廻戦159話】ネタバレ確定最新速報|冤罪事件に挑む国選弁護士日車!

呪術廻戦159話は、日車寛見の過去についてがメイン!

襟元のバッジから明らかなように、日車寛見は過去やはり弁護士だったようです。

刑務所の面会室で殺人事件の容疑者である大江圭太(おおえ けいた)と面会した日車寛見。

大江は、女児とその母親2人に対する強盗殺人の容疑で起訴されていました。

巡回中の警官からの職務質問中に逃亡し、自宅に駆け込んだところを追いかけてきた警官が大江の自宅の中に血のついた刃物を発見。

刃物の血痕と被害者のDNAが一致していたこともあり、彼を現行犯として逮捕したのです。

しかし、大江は一貫して犯行を否認。

職務質問を拒否したことも、自宅にあった血のついた包丁を警察に届けなかったことも、全て大江なりの理由があってのことなのだと彼は日車に訴えていました。

全ての状況を鑑みて、日車寛見は犯人が大江ではなく別にいる可能性を考慮します。

日本の裁判の99.9%が有罪判決に至る中、日車寛見は被告人が無実であると思った時には決して見捨てず、徹底的に調査する意思を持ち続けていたのでした。

被告人の無実を正しく証明しようとするなんて、日車は良い弁護士だったのですね!

 

【呪術廻戦159話】ネタバレ確定最新速報|日車寛見の弁護士たる信念!

そのまた昔、日車寛見は飲酒運転の被告の弁護を任されていました。

19歳の被告は、飲酒も運転も職場の人間に強要されたものだったとのこと。

しかし関係者に口裏を合わせられ、示談金も用意できず、結果的には執行猶予すら取れなかったのです。

そんな被告に、なんとか執行猶予がつくようにと弁護人として最善を尽くした日車寛見。

しかし被告は「無罪になると言った」と判決後、日車を酷く責めたのでした。

落ち込む日車に、彼の同僚は弁護士に弱者救済は無理があると諭します。

依頼人に逆恨みされてまで続けることはないと。

それに対して日車寛見は、弱い立場の人間は経済的にも精神的にも追い詰められており、自分に当たるのも無理はないと答えました。

自分は弱者救済を掲げているわけではなく、自分がおかしいと感じたことを放って置けない性分なのだと。

正義の女神は法の下の平等のために目を塞ぎ、人々は保身のためならあらゆることに目を瞑ります。

そんな中で縋り付いてきた手を振り払わないよう、自分だけは目を開けていたいのだと答える日車。

自分なりの弁護士としての信念を持っていた日車寛見だからこそ、少年のことも大江のことも放っておけなかったのですね!




【呪術廻戦159話】ネタバレ確定最新速報|冤罪判決に怒れる日車寛見が術式発動!

大江の供述を元に、地道な調査を進めていた日車寛見。

結果、裁判では大江に無罪判決が下ります!

被害者から盗まれたものが大江の元に無かったことや、大江の周辺で反抗直後から行方不明者が出ていること。

さらには想定される反抗時刻に、コンビニの防犯カメラに大江が映っていたことが決め手となりました。

「俺を信じてくれてありがとう」

と、日車に向かって涙した大江。

しかし、これだけの証拠がありながら検察側は控訴し、二審でなんと大江は有罪、無期懲役の判決が下ったのです!

二審で検察側の新しい証拠が提出されたわけでもなく、「行方不明者の犯行と疑う理由はない」という無茶な事実認定から判決が一転。

この時、日車はこの裁判はどれだけの証拠があろうと大江を有罪にするつもりだったことを悟ります。

無期懲役の判決を聞いた大江からは、弁護人席にいる日車を責めるような視線が。

その目が19歳のあの少年を日車の脳裏に蘇らせました。

怒り、また絶望した日車寛見は、机を木槌で叩き始めます。

「全員戻れ。やり直しだ」

と、怒りの形相で木槌を頭上に振り上げた日車。

そんな日車の後ろには、お面のような顔に暗い色の布、そしてその布の両端に天秤のようなものがぶら下がった不気味な式神のようなものが…。

このような過去を持って日車寛見は死滅回游の参加を宣言し、呪術廻戦159話は終了しました!!

>>【続き】呪術廻戦160話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦159話ネタバレ感想!

前号の煽りでは「虎杖、いよいよ結界へ」とあったので、「死滅回游に入るぞー!」と楽しみにしていたらまさかの新キャラ・日車寛見の回でしたね(笑)

これから戦うであろう相手の人間性が知れるのは、読者にとっても嬉しいこと!

以前の話で伏黒恵が「因果応報は全自動ではなく、悪人は法の下で初めて裁かれる」と語っていました。

しかし、今回の日車寛見のエピソードから、法の下ですら悪人は裁かれていないということが明らかに…。

さらには日車が救えなかった19歳の少年は、どうやら呪術廻戦序盤の少年院で死んだ岡崎正だったと見られます。

こうした細かなセリフや登場人物の繋がりが呪術廻戦には多く、読んでいてハッとしますよね!

日車寛見の術式も垣間見たことですし、どんな戦いが見られるのかより楽しみになった呪術廻戦159話でした!

 

呪術廻戦159話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新159話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

秤金次と星綺羅羅に、これまで渋谷事変から高専に起こったことを説明した伏黒恵たち。

どうやら五条悟も夜蛾正道にも、秤金次は在学中お世話になっていたようで、結果として死滅回游に協力してくれることになりました。

伏黒恵が禪院家の現当主と知った時の、秤の手のひら返しぶりは見事でしたね(笑)

順調に計画が進む中、虎杖の元に現れたのが死滅回游の管理者”コガネ”!

コガネによると、早速新しいルールが死滅回游に追加されたというのです。

ルールを追加したのは鹿紫雲一(かしも はじめ)という謎の男でした。

たった数日で200点を稼いでいるという新キャラは、どうやら400年前を知っており、さらに宿儺を探している模様!

虎杖たちは、鹿紫雲のように既に100点以上稼いでいて、かつポイントを持て余している人物をあたり、ルールを追加させるという作戦を立てます。

100点以上持っているのは現時点で、鹿紫雲一と日車寛見(ひぐるま ひろみ)の2人だと特定することができました。

この情報と作戦を踏まえて、虎杖たちはとうとう死滅回游へ挑むことになりますよ…!

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 秤金次と星綺羅羅が死滅回游平定に協力!
  • 鹿紫雲一・日車寛見登場!
  • 死滅回游に虎杖たちが挑む!

以上を中心に呪術廻戦最新159話についてネタバレ考察していきたいと思います!

 

【呪術廻戦159話】ネタバレ最新考察|虎杖と秤金次が共に結界内へ?

既に200ポイントも手に入れている鹿紫雲一の登場により、死滅回游は波乱の予感ですよね。

虎杖たちは鹿紫雲一と日車寛見に狙いを定め、彼らにルールを追加させようと死滅回游へと向かうことになりました!

目的達成のため、呪術廻戦159話で虎杖は秤金次と共に死滅回游の結界へ入り、共闘することになると予想!

現在のポイントは、ルールを追加してポイントを消費した鹿紫雲一が100ポイント保有。

姿だけが出てきている日車寛見は、102ポイントだと判明しています。

日車と比べても100点以上の差をつけている鹿紫雲一が一番手強いのはポイントから見て取れますよね。

よって、現在のメンバーで最高戦力とも言える秤金次は虎杖と共に、鹿紫雲一のいる東京第1結界へ向かうのではないでしょうか!

東京にある2つの結界のうち、伏黒津美紀がいる結界がどちらかは分かりませんが、津美紀のいる結界へは伏黒恵が行くことになるでしょう。

伏黒のことを宿儺が狙っているので、死滅回游では虎杖と伏黒は離れることになるのでは?

対真人戦の時のように、今度は東堂ではなく秤金次と虎杖の共闘が見てみたいなと個人的には思っています!

 

【呪術廻戦159話】ネタバレ最新考察|来栖華探しに真希とパンダが向かう?

ようやく秤金次と星綺羅羅が死滅回游平定に協力してくれることになりました!

これで現在の高専側の泳者は虎杖・伏黒・パンダ・真希・乙骨・秤・綺羅羅の7人。

この中で”天使”こと来栖華探しの役目になるのは、真希とパンダではないかと睨んでいます!

来栖華は東京より東側の3つの結界のどこかにいることが判明しており、乙骨は宮城の結界に。

少なくともあと2つ、岩手と青森の結界へ行く人選が誰か…ということになりますね!

来栖華の術式は「あらゆる術式を消滅させる」というものでした。

真希に関しては、禪院家での一件を経て完全に呪力が無くなり、パンダについては呪骸なのでファンブックにも術式の記載はありません。

よって、2人も「術式を消滅させる」という術式に対してはノーリスクでアドバンテージがあるように思います!

反対にポイントを獲得してルールを追加するのは、伏黒恵の姉である伏黒津美紀を救うためですよね。

秤金次にとっては、伏黒津美紀を助けることは伏黒恵に恩を売ることになりますから、「伏黒君」のためにもきっとポイント獲得サイドで活躍してくれることでしょう!(笑)

呪術廻戦159話以降は、2年生たちで五条悟解放へ動くことを期待します♪




【呪術廻戦159話】ネタバレ最新考察|伏黒恵の術式のモデルは「十種神宝」?

伏黒恵の術式といえば「十種影法術」。

最近では影の中に潜むことができることが判明したりと、かなり汎用性の高い術式です!

こちらの術式にはモデルがあり、日本神話に出てくる「十種神宝」ではないかと言われています!

「十種神宝」とは、『先代旧事本紀』に登場する10種類の宝物のことで、鏡2種、剣1種、玉4種、比礼(スカーフのようなもの)3種に分類されるもの。

強力な霊力を宿しており、それぞれ異なる効力があるものなのだとか!

10種の宝にはそれぞれモチーフとなる紋様があるのですが、伏黒恵の式神にもこれと同様の紋様が刻まれています。

式神「八握剣 異戒神将 魔虚羅」などは、まさに「十種神宝」の1つ「八握剣」の名前を冠しているので、「十種神宝」が十種影法術のモデルとなったのは間違いなさそうですね。

今のところ魔虚羅を含めて、伏黒の式神で登場しているのは7種。

「十種神宝」が本当にモデルだとすると、恐らく式神は10種いることになります。

残りの3種はまだ出していないのか、それとも魔虚羅のように調伏前なのか…。

死滅回游はかなり激しい戦いになりそうなので、伏黒恵の残りの式神も呪術廻戦159話以降、登場するかもしれませんよ♪

 

呪術廻戦159話最新ネタバレまとめ

『呪術廻戦159話ネタバレ最新確定&感想!日車寛見は式神術式の弁護士!死滅回遊に参加した理由!』と題し、最新話の呪術廻戦159話のネタバレ確定速報&考察をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

まさか登場して次の話で日車寛見の過去が見られるとは思いませんでした(笑)

完全に目が危なそうなキャラでしたが、日車寛見の過去は正義を貫く弁護士だったとは!

弱い立場の人を諦めたくないと、彼なりの正義感がある人物だったのですね。

しかし、判決に絶望して日車寛見の不気味な式神の術式を発動するとはまさかの展開…。

この時死滅回游に参加を宣言したようですし、もしや裁判の関係者を全員手にかけたのでしょうか?!

日車の術式の詳細が待ち遠しいです…;

『呪術廻戦159話ネタバレ最新確定&感想!日車寛見は式神術式の弁護士!死滅回遊に参加した理由!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!