呪術廻戦

呪術廻戦164話ネタバレ最新確定!日車寛見が領域展開!虎杖有罪で呪力没収!

呪術廻戦 164話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

2020年年始の週刊少年ジャンプでも、「この中(虎杖・釘崎・伏黒)で週刊少年ジャンプのコンプラに抵触したのは誰でしょう」という番外編が…。

この時、パチンコに行った虎杖がコンプラ違反!ということで、既に公式で紹介されていたネタなんですよね。

まさかこのネタで、本当に本編で主人公が有罪になるとは思ってもみませんでした…(笑)

一体どんな術式で虎杖が有罪になり、さらに呪力を没収される事態になってしまったのでしょうか?!

 

呪術廻戦164話ネタバレ確定最新話速報!

タイトルは『東京第1結界④』。

  • 日車寛見が領域展開!
  • パチンコ店入店を起訴される虎杖!
  • 虎杖は呪力を没収される!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新164話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【呪術廻戦164話】ネタバレ確定最新速報|領域で裁判する虎杖と日車!

さらに、対象となる被告(虎杖)には黙秘・自白・否認の3つの選択肢が与えられると日車は言います。

否認には虚偽陳述も含まれると説明され、悩む虎杖。

自分がパチンコに入店し、遊び、しかも勝ったことは紛れもない事実なので、無罪になるためには嘘をつくしかありません。

しかし、日車の手にある「証拠」が何なのか分からないという状況で、どのように答えるべきか虎杖は必死に頭を働かせます。

虎杖が出した答えは「パチンコ店”マジベガス”に入店はしたがトイレを借りただけ」!

この虎杖の陳述を聞いて、日車が「証拠」の封筒を開封。

「証拠」の中身は、なんと換金所の防犯カメラに映った虎杖の写真でした!

決定的な証拠を突きつけられ頭を抱えた虎杖は、日車にこれは何罪なのか問いかけます。

日車曰く、パチンコ店は18歳未満の入店を拒否しているため、虎杖の行為は建造物侵入罪にあたるのだそう。

ただし、パチンコ店と換金所は日本の法律では別の法人です。

つまり虎杖が証拠の写真で換金所にいたこと自体は問題ではなく、パチンコ店”マジベガス”に入店したことが問題!

証拠写真を出される以前に、虎杖が自分で「マジベガスに入店した」と陳述してしまったので、なんと自分の発言が決定打になってしまったのでした…(笑)

「そんな店は知らない」と答えていれば無罪だったんですね!

 

【呪術廻戦164話】ネタバレ確定最新速報|虎杖は有罪で呪力を没収される!

日車寛見が手にしていたガベルを2回打ちつけます。

すると判決として”ジャッジマン”が虎杖に有罪を言い渡しました。

続けて”ジャッジマン”が口にしたのは、「没収」。

その瞬間、日車の領域展開が解け、2人は元の劇場の空間へ戻ります。

「有罪」と「没収」を言い渡された虎杖でしたが、体に変化は見られません。

そんな虎杖にガベルを投げて襲い掛かる日車寛見!

投げつけられたガベルを防いだ虎杖は、ここでようやく自分の体の異変に気が付きます。

しかし日車は攻撃の手を休めることなく、一気に虎杖との間合いを詰めてきました。

先ほど投げたはずのガベルは、日車の手元に。

さらにガベルは日車の手の中で巨大化し、そのまま虎杖を襲います!

虎杖は左腕でガベルをガードするも吹き飛ばされてしまいました。

どうやら日車のガベルは自在に出したり消したりできる上に、大きさまで変えられるよう。

それだけでなく、虎杖に起こった異変とは、なんと呪力が練れないということ!

領域で有罪になったことで、虎杖は呪力を没収されてしまったようです!

と、いうところで呪術廻戦164話は終了〜;

新しい領域展開の形に、呪術廻戦ファンも納得の面白さと言える呪術廻戦164話となりましたね!

>>【続き】呪術廻戦166話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦164話ネタバレ最新話考察!

まずは前話のおさらいから!

いじめる側の下っ端として生きてきた甘井の過去から始まった前話。

自分の身を守るため、いじめを咎めることなく静観していた甘井の前に現れたのが、中学時代の虎杖でした!

過去に言葉を交わしたことがあったために、甘井は虎杖を認知していたんですね。

そんな甘井は、虎杖を日車寛見がいるという劇場に連れて行きます。

一方、麗美と行動を共にしている伏黒恵の前に現れたのは、日車ではなく、レジィと名乗る謎の男!

麗美に騙されたと分かった伏黒は、一触即発の雰囲気で玉犬を召喚しました。

反対にその頃の虎杖は、甘井のおかげで無事日車寛見と対面を果たすことに。

何とか100点を使わせてもらえるよう交渉する虎杖でしたが、日車は虎杖の申し出を即効拒否します。

死滅回游の総則に魅力を感じ、終わらせたくないと願う日車。

言葉ではもう交渉は不可能だと判断した虎杖は、力づくで日車にポイントを使わせようと拳を構えますが果たして…?!

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 甘井の言葉の真意は?
  • 日車寛見は元から術式持ちではない?
  • レジィは何者?

以上を中心に呪術廻戦最新164話についてネタバレ考察していきたいと思います!


【呪術廻戦164話】ネタバレ最新考察|日車寛見の術式は嘘の数で強くなる?

呪術廻戦164話で、早速虎杖とのバトルが見られそうな日車寛見!

過去でも出てきたあの不気味な式神を後ろに携えていたので、やはりあの式神が日車の術式だと思われます。

さらに日車が手に持っているガベルも、式神が出てきてから日車の手に現れたことから術式に関連するものなのではないでしょうか?

気になるそんな日車寛見の術式の詳細ですが、対象者がついてきた嘘の数によって術師本人が強くなるなどの力だと予想してみました!

式神のお面のような顔は、薄らと目は開いているものの瞼が縫い付けられており、さらに体の両サイドには天秤のようなものがぶら下がっています。

この見た目、ギリシア神話やローマ神話に登場する「正義の女神」を象徴していると考えられますね。

「正義の女神」は左手に天秤を持ち、右手には剣を携えた「法と正義」を司る女神。

彼女の手にある天秤は「正義」の象徴であり、事の善悪、正邪をはかると言われています。

反対に剣は「力」を象徴しており、この「正義」と「力」が法の両輪であることを示しているのだとか。

しかし日車寛見の背後に現れた式神にはこの剣がなく、代わりに日車の手にあるガベルに剣の模様が刻まれていました。

つまり、式神の能力で相手の善悪・正邪・罪を明らかにし、その結果からガベルを使って日車が裁きを下すのでは?

罪の数をはかる式神なのかなと想像したのですが、それだと罪の定義が曖昧ですし、式神にそんな高度な精査能力があると思えません。

よって、真実を正義だとする日車の術式ということから、対象者のこれまでの嘘の数を明らかにするものだと予想!

天秤にかけた対象者の嘘の数に応じて、日車寛見の呪力が跳ね上がるのかもしれません!

それでガベルがめちゃくちゃ大きくなったりしても面白いですよね(笑)

何にせよ、日車寛見は虎杖と相性の悪そうなキャラクターだなとは思います…;

 

【最新164話】呪術廻戦ネタバレまとめ

休載明けに怒涛のバトル展開がきました!

まさか日車寛見が領域展開できると思っていなかったので驚きましたが、領域にも縛りをつけられるんですね!

余談ですが、「誅伏賜死」という領域展開名が個人的にめちゃくちゃカッコいいなと…。

自業自得で有罪になってしまった虎杖が、呪力を没収された今、どのように戦うのかとても楽しみな展開に!

果たして虎杖はこのまま日車に負けてしまうのでしょうか…!

次週の呪術廻戦も楽しみに待ちましょう♪