呪術廻戦

呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!虎杖に死刑判決!誅伏賜死再び式神開眼!

呪術廻戦 165話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

【呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!虎杖に死刑判決!誅伏賜死再び式神開眼!】

11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の最新165話確定速報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦165話のネタバレ確定速報&考察をお送りしていきます!

前回の呪術廻戦では、日車寛見の領域展開によって虎杖は呪力を没収されてしまいました。

呪力を使えない虎杖に、巧みなガベルさばきで襲いかかってくる日車寛見!

なんと今回の呪術廻戦165話では、日車の術式を攻略するために虎杖が自ら再審請求をして「誅伏賜死」を展開させるようなんです。

日車の領域展開「誅伏賜死」といえば、ルールは同じく裁判。

二審となった虎杖に、開眼した式神が告げるのは「渋谷事変で大量虐殺をした疑い」という残酷な言葉…。

この起訴内容に対し、虎杖は有罪になって死刑宣告を言い渡されてしまうんですよ!!

ちなみに筆者はこの呪術廻戦165話を最後まで読んで泣きました。

呪術廻戦165話は、虎杖に胸を打たれること間違いなしです…!

この記事は「呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!虎杖渋谷事変虐殺で有罪!式神が虎杖に死刑宣告!と題しまして、呪術廻戦最新165話のネタバレ確定速報&考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新165話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦165話ネタバレ確定最新話速報!

11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の呪術廻戦165話ネタバレ確定速報が入りました!

タイトルは『東京第1結界⑤』。

  • 日車寛見は呪術の天才!
  • 虎杖は二審で渋谷事変虐殺を起訴される!
  • 有罪判決で虎杖は死刑宣告!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新165話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【呪術廻戦165話】ネタバレ確定最新速報|日車寛見は呪術の天才!

呪術廻戦165話は、日車寛見のプロフィールから始まります。

岩手県の弁護士会に所属していた日車寛見は36歳。

なんと法科大学院導入前の旧司法試験など、あらゆる超難関試験にストレートで突破してきた天才だったのだとか。

そんな日車寛見は、手にしたガベルを振り下ろし虎杖を襲います。

自由自在にガベルを持ち替えたり、消したりしながら、巧みな手捌きで虎杖に怒涛の攻撃!

堪らずに反撃を試みる虎杖でしたが、腕にガベルを引っ掛けられてひっくり返されてしまうなど、かなりの劣勢に…。

ここで明かされるのが、日車寛見が勉学だけではなく、呪術師としても天才であったということ!

日車の術式自体が、元々領域ありきの術式だったそうです。

なんと日車は、自分の術式を自分で解明することで結界術の基礎を習得。

結界術から逆算して思考を重ね、呪力操作による強化術までも自力で掴みました。

そして、術式が開花してからたったの12日間で1級術師並みの力を手に入れたのだとか!

この力により日車は死滅回游に参加する前から数多くの呪霊を退け、参加してからも20人以上の泳者を返り討ちにして、今に至ります。

さすがにこれは天才だと言わざるを得ませんよね…。




【呪術廻戦165話】ネタバレ確定最新速報|再審で「誅伏賜死」展開!

日車寛見曰く、「没収」の罰は一時的に術式の使用を不可能にするものだそう。

しかし、呪力が練れなくなった虎杖を見て、虎杖が術式を持っていなかったことを察します。

術式を持っていないために、虎杖への罰が”呪力の使用不可”に変わったということですね!

日車は、呪力がないにも関わらず自分と対等に渡り合ってくる虎杖に恐ろしさを覚えました。

本来であれば、術式が使用できなくなると基礎的な呪力操作すらグダグダになることが多い術師。

それに対し、術式どころか呪力そのものを封じられていながら戦える虎杖は、呪術師としてではなく生来の肉体の強度が恐ろしく高いのだと日車は気が付きます。

油断すれば足元をすくわれるとして、全力で虎杖を潰すと決める日車寛見。

ガベルを構えた日車の怒涛の連続攻撃が虎杖へ!

攻撃を全てかわしながら、その動きについていく虎杖。

日車はガベルをさらに巨大化させ、体勢を崩した虎杖を押しつぶすように振り下ろします。

巨大なガベルを呪力がないまま必死に受け止める虎杖。

早く呪力を、と焦る虎杖に対し、日車は壊れない人形を相手にしているようだと素直に虎杖のフィジカルに驚愕します。

これだけの能力に、何か日車にとって不利な要素がないかと必死で思考を巡らせる虎杖。

そこから導き出した突破口は、日車の術式が裁判に関連していることから、再審請求をすることでした!

虎杖は日車に裁判のやり直しを要求!

ガベルは消え、再び日車の領域「誅伏賜死」が展開されます。

果たして虎杖は二審で”ジャッジマン”から無罪を勝ち取ることができるのでしょうか?!


 

【呪術廻戦165話】ネタバレ確定最新速報|渋谷事変虐殺で虎杖に死刑判決!

虎杖のこの再審請求は、日車の術式攻略の正解でした。

”ジャッジマン”に有罪を言い渡され罰を科された対象は、罪を認めない限り2回まで裁判のやり直しを請求できるのだそう。

つまりこの二審で無罪を勝ち取れば、虎杖の勝機は見えてきます!

もう一回、と口にする虎杖に反応するように、日車の背後に現れる式神”ジャッジマン”。

「虎杖悠仁は2018年10月31日渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある」

と、”ジャッジマン”は起訴内容を淡々と告げます。

予期せぬ言葉に一瞬目を見開いた虎杖。

しかし、なんと虎杖は一切言い訳をせずにこれを認めるんですよ。

「ああ、俺が殺した。これは嘘でも否定でもない」

と、正面から言葉にした虎杖に、さすがの日車も驚いたような表情を見せます。

この渋谷事変虐殺に関する虎杖の自白に、日車の陳述を聞くことなく即座に判決を言い渡す”ジャッジマン”。

縫われていたはずの目を見開いて、「有罪」「没収」、そして「死刑」と叫び、ここで呪術廻戦165話は終了しました。

……あまりに真摯な虎杖の表情と言葉に、筆者は本当に辛くて涙しましたね…。

 

呪術廻戦165話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新165話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

100点を手に入れるため、バトルになった虎杖と日車寛見。

バトルの序盤で早速、日車は自身の領域展開「誅伏賜死(ちゅうぶくしし)」を発動します。

なんと日車の領域展開は、領域内で互いに暴力を振るうことはできないのだそうです。

領域展開に「必中」の能力だけを付与することで、より簡単に領域展開ができるような仕組みになっているのだとか!

そして日車の領域の必中効果は、対象に裁判を強制するというものでした。

式神”ジャッジマン”が虎杖への起訴内容として読み上げたのは「18歳未満にも関わらず客としてパチンコ店へ入店した」こと!

この起訴内容に対し、虎杖は黙秘・自白・否認を主張する権利が1度だけ与えられます。

虎杖は嘘をついて否認することを決め、「入店したがトイレに行っただけ」と発言しました。

しかし日車の手には、パチンコ店の換金所でコインを交換する虎杖の写真が!

結局は自分の発言が決定打となり、”ジャッジマン”に「有罪」と「没収」を言い渡された虎杖。

領域展開が解け、元の空間に戻ると、日車の手には巨大化したガベルが現れます。

ガベルでの攻撃を間一髪受け止める虎杖でしたが、何故か呪力が使えなくなっていて…?

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 日車寛見が領域展開!
  • 呪力が使えなくなる虎杖!
  • 伏黒恵の動向は?

以上を中心に呪術廻戦最新165話についてネタバレ考察していきたいと思います!

 

【呪術廻戦165話】ネタバレ最新考察|虎杖に術式が刻まれる?

呪術廻戦前話で強制的に呪力を没収されてしまった虎杖。

日車寛見の領域展開で有罪になったためだと思われます。

呪術廻戦165話では、この件をきっかけにとうとう虎杖の体に術式が刻まれると予想!

通常、術師にとって呪力を封じられるのはかなりの痛手です。

しかし虎杖の場合は、これまで「逕庭拳」など呪力を用いて戦ってはきましたが、まだ自分の術式がありません。

自分の素の肉体に呪力を上乗せして戦っていただけなんですよね…。

宿儺が内側にいるので、呪術廻戦165話では宿儺に「呪力を貸してやろうか?」なんて持ちかけられるのかも!

もちろん宿儺の力は借りない虎杖ですが、呪力が封じ込められたことがトリガーとなって、ついに虎杖自身の術式が開花するのでは?!

虎杖の術式については、「いつか体に刻まれる」と五条悟が以前話していました。

それが宿儺の術式なのか、虎杖自身の術式なのかは未だ不明。

けれど体に刻まれるいつかは、きっと今でしょう!(笑)

追い込まれて初めて力が開花するのはあるあるですが見たい展開ですよね〜^^




呪術廻戦165話ネタバレ最新話まとめ

『呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!虎杖に死刑判決!誅伏賜死再び式神開眼!』と題し、最新話の呪術廻戦165話のネタバレ確定速報&考察をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

まさか「誅伏賜死」に再審請求ができると思いませんでしたよね。

そもそも日車寛見と戦うとなった時点で、「虎杖の渋谷事変虐殺の罪は一体どうなるのだろう…」と心配していた方も多かったのでは?

渋谷事変での虐殺について虎杖の有罪は免れないとは分かっていたものの、式神によって死刑宣告されるとは思いませんでした…。

でも正面から罪を受け入れる虎杖に心を打たれた人は多いはず!

次回の呪術廻戦で虎杖がどのようになってしまうのか、楽しみではありますが心苦しくもあります。

この1週間は呪術廻戦ファンにとって長い1週間になりそうですね(笑)

『呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!虎杖に死刑判決!誅伏賜死再び式神開眼!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!