キングダム

キングダム687話ネタバレ最新確定!桓騎中央も危うく信も一騎打ちに苦戦!

キングダム 687話 最新 ネタバレ 考察 確定
Pocket

キングダム687話最新確定!桓騎中央も危うく信も一騎打ちに苦戦!

キングダム好きの皆様。

キングダム687話最新確定をご覧いただきありがとうございます!

今回のキングダムでは雷土の骸は確認できませんでしたが、拷問は終わった様子だったので、きっと死亡したように思われます。

今回の注目すべきは信VS岳白公の一騎打ちです!!!

何やら影丘でも動きがあったようです!(^^)!

詳しいことについては下記の確定に書かせていただきます!

前回のキングダム686話では雷土の拷問シーンからの桓騎と雷土の関係性が垣間見られ、最後は死亡したであろうという展開で終わってしまいました。

大きく何かが動いたわけではありませんが、いつも冷酷卑劣な印象のある桓騎軍の見えない絆というものが見られた気がします(@_@)。

前回のお話で雷土の死亡は確定ですが、まだ桓騎の動きについてや信と岳白公の一騎打ちはまだまだいろんな考察ができそうですよね!!!!

どんな考察が考えられるか・・・・皆さんも一緒に考えながら読み進めていただけたら嬉しいです!(^^)!

 

最近では漫画キングダムを無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫違法サイト一覧

もし、キングダムの漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリmusic.jpで読むことを強くお勧めします。

キングダム ネタバレ 最新話 確定

なんとmusic.jpでは現在、無料お試しキャンペーンを実施中なので登録するだけで1600円分のポイントがもらえます!

そのため最新刊であろうが2冊分タダで読むことができるんです!(U-NEXTは600円分なので1冊まで)

さらに、無料お試し期間が30日と長いので、単行本のほかにも最新映画だって存分に楽しむことだってできちゃいます。

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはそうなかなかありません。

music.jpは最近出始めのサービスなので、まだ知らない人も多いことでしょう!

安心して無料で漫画が読めるmusic.jpの無料キャンペーンは今だけですので、あなたもぜひこの良さを体感してみてくださいね。

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

music.jp

キングダム 687話確定最新速報!

週刊ヤングジャンプに掲載されるキングダム686話は7月29日発売予定です!!!!

今回のキングダムでは雷土から何も聞き出せなかった雇輒がこんごどのようなことを警戒しているかや、影丘についての進展が描かれていました!!

なので今回の確定は

  • 雇輒が気にしているのは影丘と王翦軍!
  • 桓騎軍右翼と中央軍は壊滅状態!
  • 岳白公が技を出し始め信はなぜか備平を呼ぶ!

について書かせていただこうと思います。

今回も速報がわかり次第すぐにアップしていくのでお楽しみに!!!

キングダム687話発売情報は、週刊ヤングジャンプ公式サイト公式ツイッターもご参考にしてください!

 

キングダム687話確定|雇輒が気にしているのは影丘と王翦軍!

拷問が終わったのでしょうか、雇輒はテントの外で作戦を考えています。

雷土からは何も聞き出すことができなかった様子・・・・。

雇輒の甲冑にいくつのも血が飛んでいるのが、この拷問のむごさ加減を物語っています・・・。

しかし、何も語らないとなると逆に何か作戦があると雇輒は判断した様子です!!!

雇輒は自分が戦っている桓騎軍の配置などを細かくテーブルに並べながら話を進めました。

そして、気になるのは影丘の岳白公が抜かれ本陣の背後をつかれること、そして何よりも気にしているのが桓騎軍ではなく王翦軍と言い出します!(^^)!

さすが、邯鄲の守護神とも言われた人!!!守備の範囲がとても広いです。

まだ王翦軍がどのような動きを見せてくるかもわからない状態で警戒を強めた雇輒・・・。

史実では桓騎が雇輒を討ったとなっているので、この王翦軍への気の取られが班員になってしまうのでしょうか??

雇輒の感が当たるかも今後見所の一つになってきました!!

 

キングダム687話確定|桓騎軍右翼と中央軍は壊滅状態!

雷土をうしなった桓騎軍右翼軍はほぼ壊滅状態と言ってもおかしくない状態です。

そこに雇輒から名を受けた龍布が攻め込んできました!!!

成すすべもない雷土軍・・・・。

槍で顔面をザクザク刺されていきます。

この様子ですと桓騎本軍からの援軍はなかったように感じました。

また、桓騎中央軍の黒桜と厘玉もまだ虎白公の作戦により分断が続いていました。

劣勢であることは間違いないため、中央軍からも逃げ出す兵が続出しています・・・。

このままでは全滅も目の前・・・・。

桓騎の動きが最近描かれていませんが、この状態をどのように受け止めているのでしょうか。

これも作戦の打ちだとすると相当やばい戦いをやってのけていますよね!!!

何にしても桓騎の動向が気になります・・・。




キングダム687話確定|岳白公が技を出し始め信はなぜか備平を呼ぶ!

影丘では一進一退の攻防がまだ続いていました。

崖の上もそうですが、崖下もなかなか苦戦を強いられています・・・。

そんな時に声をあげたのが玉鳳隊の関常です!!!

関常もすでにボロボロではありますが、まだ動ける兵を連れ河了貂から作戦を言い渡されながら戦地へと向かいました。

この隊がどのようにこんご影響を出してくるのかが本当に期待大ですよね( *´艸`)

影丘の崖上にいる信はやはり岳白公との一騎打ちに苦戦を強いられていました。

パワーもありつつ、俊敏な動きを見せる岳白公の一太刀に吹き飛ばされるシーンも描かれています。

そして、信は戦いの中で気づいたこと、確信したことがありました!

それが、崖下に落ちながら羗礼が叫んでいた何かの術を使うということ。

そしてそれが確信に変わったのが、岳白公が太刀を振る前に見せる一本足立ち!!!

そうこれって羗瘣や羗礼が舞を使うときによく見せるポーズですよね( *´艸`)

それに気づいた信はなぜか大声で備平を呼びました!!!

今回のキングダム687話はここで話が終わりました。

なぜ信は備平を呼んだのか???

早く続きを見たいですよね!!!!

キングダム688話確定最新速報!

 

キングダム 687話最新考察!

今回は上記でも述べた通り今回の考察では桓騎軍のうごきについてや、信と岳白公の一騎打ちについて書いていこうと思います( *´艸`)

内容としては

  • 雷土死亡をきっかけに桓騎が雇輒討伐に動く?
  • 中央軍と左翼軍はすべておとりだった?
  • 黒桜と摩論で趙軍の大多数を相手に戦う?
  • 信と岳白公の一騎打ちはまだ決着がつかず?

のラインナップで考えていこうと思います!!!

それではさっそく内容に入っていきましょう(@^^)/~~~

 

キングダム687話考察|桓騎も砂鬼一家を使って龍布を拷問?

前回は雇輒軍が雷土を尋問して桓騎がどのような作戦を立てているのかを伺っていました。

あの拷問シーンはあまり見たくないと思っていた時に、そういえば桓騎軍も相当極悪非道な拷問をするメンバーがいましたよね!!!

そう砂鬼一家です(;^ω^)

前回のキングダムでは雇輒が龍布に趙軍から見て左翼軍を率いて戦いに行くように伝えていました。

そこはもともと雷土が将をしていたので、今は誰も統率する人がいません・・・。

つまり、趙軍からすれば邪魔をされずに桓騎本軍を狙える絶好の場所ということになります。

そんな場所を桓騎が放っておくでしょうか????

きっと趙軍が来ることを予想して待ち伏せをしているのではないでしょうか。

そして攻めてくるのは雷土を捕らえた張本人である龍布!!!!!

龍布に拷問の辛さをわからせるために砂鬼一家を使って拷問し、雇輒が何を考えているのか、どんな作戦を立てているのかを聞き出すのではないでしょうか?

いずれにせよ、桓騎が今後どんな動きをとるのかは本当に楽しみです!!!

 

キングダム687話考察|桓騎が狙っているのは結果として残る完全勝利?

今回の趙軍との戦いに対してかなり苦戦を強いられている桓騎。

史実では趙軍率いる雇輒を倒し、この戦いに勝利したとなっているので、万に一つとして負けるということはないと思います。

しかし、右翼軍の雷土はほぼ死亡が確定し、負けを悟った桓騎軍の兵も散り散りに・・・ほぼ壊滅状態と言ってもおかしくないでしょう。

左翼軍は影丘という死地ともいわれる地形を攻めさせられ、王賁率いる玉鳳隊は壊滅、援軍できた飛信隊と亜花錦によってようやく信と岳白公の一騎打ちにまで持ち込むことができました。

中央軍も大きな大敗はしていないものの、前線を圧されている様子。

これは以前桓騎が大将として戦った黒羊での戦いよりもひどい負け方をしていますが、あの時も慶舎の策で苦戦を強いられていましたよね(;^ω^)。

しかし、そんな中で桓騎は副将たちに『俺のやっていることはいつも完全勝利の結果につながっている』と豪語し、その通り完全勝利を収めることができました。

つまり、桓騎は結果にのみこだわっており、勝利までの過程はあまりこだわりがないように感じます!!!!

これも元野盗ならでわの考えなのでしょうか!(^^)!

桓騎がどんな作戦を考えているのかはまだ明らかになっていませんが、どんな過程を経て勝利を収めるかはやっぱり楽しみですよね!


 

キングダム 687話最新考察|桓騎の作戦では中央と左翼はすべておとり?

桓騎は今期の戦いで全軍に対してすべての作戦をまだ伝えていない状態が続いています。

今までの戦いにおいても奇襲攻撃がメインで、このようや大敗するような戦い方はしたことがありませんよね。

誰もが無謀だ!!!!と思うような指令ばかりが出ており、本当に勝てるのか不安を抱いている兵も多いはず・・・・・。

しかし、これもすべて桓騎の作戦だとしたら(;^ω^)

戦いのシーンにおいてよく耳にする『敵を欺くにはまずは見方から!!!』という言葉がありますよね!

私もこれは日本のことわざだと思っていたんですが、実はこれは孫子の兵法九地編に書かれたものが由来で、各将は自分の兵たちにすら作戦の本質部分を隠すことがあるという意味でつかわれています。

孫子といえばもちろんみなさんご存じの中国春秋戦国時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書ですよね!(^^)!

そう!!!この孫子はキングダムと同じ時代である春秋戦国時代に書かれた兵法書なのです。

桓騎が兵法書などを読むかはわかりませんが、この『敵を欺くにはまずは見方から』を本能でやっているとするなら、今までの行動はすべておとりである可能性も大いにあり得ますよね( *´艸`)

敵を欺くことは朝飯前の桓騎のことなので、こんな大掛かりな欺き方を考えていてもおかしくはないです。

今後今までの作戦がどうつながっていくのかが本当に楽しみですよね!!!!

 

キングダム 687話最新考察|桓騎が右翼軍を率いて雇輒本軍へ?

雷土死亡の知らせはすぐに桓騎のもとにも届くと思われます。

将を失った右翼軍はほぼ壊滅状態であるとこは間違いないでしょう・・・・・。

統率が乱れ、桓騎軍の下っ端なら逃げ出す兵も大勢いることは目に見えて分かることだと思います。

その乱れた状態のところに桓騎が到着して統率を取り直すということは桓騎の性格上あまり考えられません(;^ω^)

元々桓騎は少数精鋭での奇襲作戦を得意としていますよね!!!

そうなると、穴が開いてしまった右翼軍に少数精鋭で突っ込み、地形などを利用しながら龍布をまき雇輒本軍へと向かうことも考えられます。

雷土を失った今、桓騎の右腕ともいえる将を失ったのは桓騎軍にとって大きな痛手となるでしょう・・・・。

桓騎が雷土の死を聞いて感情的怒りを表すかは分かりません・・・・あまり感情を表に出すのは得意そうではないですもんね。(;^ω^)

元々考えていた作戦にどれくらい雷土が必要だったかもわかりませんが、オギコを雷土のところに走らせたくらいなので、雷土のことを案じていることは間違いなかったと思います。

戦いの最後までは冷静にふるまい、怒りを表現するために史実に書かれていた趙兵10万人の首を落とすということは普通にあり得そうですよね!!!!




キングダム 687話最新考察|黒桜と摩論で趙軍の大多数を相手に戦う?

前回のキングダムでは雷土の死を感じ取ったのか、黒桜と摩論が空を見上げるシーンで幕を閉じていましたよね。

趙軍からすれば、桓騎右翼軍は壊滅状態、左翼軍の影丘も地形から考えて突破されるはずがないと思っているはずです。

そうなると中央軍さえ落としてしまえば完全勝利は間違いない!!!なんて甘い考えを描いている兵も多いのではないでしょうか・・・・。

趙軍は今が勝負どころと言わんばかりに中央軍を徹底的に攻め始めると思われます。

中央軍を守っているのは黒桜ですよね!!!

黒桜といえば弓の使い手で、一気に2~3の弓を放ち、それがどれも敵兵の急所に当たるというすご技を持っています。

それだけでなく、これは女性特有とでもいうべきか、勘の鋭さも抜群でピンチとチャンスをしっかりとかぎ分けることができますよね。

そんな黒桜のもとに桓騎の作戦を知っている摩論がいるということは、きっと黒桜にも桓騎の作戦が伝えられたと思って間違いないでしょう!(^^)!

黒桜は桓騎に惚れているところもあるので、自分の役割は絶対に全うすると思われます。

そんな時に雷土死亡を感じ取ってしまったとしたなら・・・・言葉では馬鹿にするかもしれませんが、雷土への弔いとして中央軍に大勢放たれた趙軍を次々に打ち取ってくれるのではと期待しています!(^^)!


 

キングダム 687話最新考察|信と岳白公の一騎打ちはなかなか決着がつかず?

話は影丘での戦いに移ります。

前回のキングダムでは全くと言っていいほど影丘での戦いについては描かれていませんでした。

しかし、そもそもの桓騎軍のわかっている範囲での作戦ではこの影丘を突破してそのまま飛信隊が雷土右翼軍の後ろをつくという作戦でしたよね!!!

この作戦については信も承知のはずです。

しかし、岳白公との一騎打ちになった今その岳白公をなかなか倒せずに苦戦を強いられるであろうと考えます。

まずあの対格差は信にとって不利としか言いようがありません。

また、信が今まで戦ってきた相手の多くが信と同じ剣を使っていますが、今回の岳白公は棍棒を使っています。

剣と棍棒では戦いの中で重要となってくる間合いの差が出てきてしまいます。

動きも素早く、跳躍力もある信ですが、羗礼曰く岳白公も何かしらの術を使って素早い身のこなしをやってのけていると言っていました。

これは一筋縄ではいかなさそうですよね(;^ω^)。

信が今までの戦いを経てどれくらいの戦力を身に着けたのかがここで大いに発揮されると思われます!!!!!

どんな戦いが繰り広げられるのか、影丘の戦いからも目が離せませんね!(^^)!

 

 

キングダム 687話まとめ

今回の「キングダム687話最新確定!桓騎中央も危うく信も一騎打ちに苦戦!」はお楽しみいただけましたか?

桓騎軍全滅は目の前に迫っているのになかなか桓騎本人が登場せず、どんな作戦を考えているのかも全く読めませんよね(-_-;)

雇輒の考察が今後どう戦いに響いてくるのかも見ものですし、そう読むであろうともし桓騎が察しているのであれは桓騎は中華一と言っていいほどの策略家なのかもしれませんよね!!

今回のキングダム最新687話では信と岳白公の一騎打ちも描かれていました。

岳白公の術を見てなぜ信が備平を呼んだのかは謎ですが、きっと信には思うところがあるのでしょう!(^^)!

今後の考察や確定で備平VS岳白公との戦いなんてことが起こり得たら盤上がひっくり返るほど面白そうですよね!

今後の展開に目が離せません(@_@)

早く最新情報をゲットしたい!!!という方は是非ブクマのほうよろしくお願いします(@^^)/~~~