キングダム

キングダム675話ネタバレ確定最新速報!桓騎の不敵な笑みを見せつつ玉鳳隊ついに影丘に突撃!

キングダム 675話 ネタバレ 確定 最新 考察
Pocket

キングダム675話ネタバレ確定最新速報!桓騎の不敵な笑みを見せつつ玉鳳隊ついに影丘に突撃!

キングダム好きの皆様。

キングダム675話ネタバレ確定最新速報!をご覧いただきありがとうございます。

ネタバレ確定速報第一弾!

キングダム675話の確定ネタバレが少しずつ分かってきたのでご報告させていただきます。

とうとう影丘での戦いの火ぶたが切って落とされました。

詳しい内容は下記のネタバレ確定!!にてご報告させていただきます。

前回のキングダム674話では、羗瘣の完全復活や王賁の結婚に子供ができたなど、直接戦いには関係がありませんが、まさかの展開がたくさんあり驚かされましたよね!

これをきっかけに、信と羗瘣の関係も発展するのでは?そう言えば、髪を切った羗瘣を見て、信は顔を赤らめてましたよね(#^^#)

桓騎に関しては考察通り、六大将軍になって戦争の自由化が進み、さっそく暴走気味の進軍をし始めました。

桓騎軍に王賁率いる玉鳳隊が組み込まれてどう戦況が変わっていくのかが今後の見所です。

また、蒙恬も王翦軍に召集されどんな戦地に赴くかも見ものですよね。

時代が大きく動き始めた今、飛信隊がこの戦争のカギを握ってくるのは確定ではないでしょうか・・・。

今回はどんな考察が確定していくのか・・・・・。

早く最新巻である675話が読みたくてたまりません( *´艸`)

 

キングダム 675話ネタバレ最新考察!

前話では、影丘で戦う桓騎軍やそれに召集された玉鳳隊が最後に記されていましたよね。

675話ではきっとこの影丘の戦いにクローズアップして話が進められていくのではないかと考察しました。

なので、今回は

  • 影丘にて玉鳳隊がどのような戦い方をするのか?
  • 飛信隊は桓騎軍に召集されるのか、それとも王翦軍か?
  • 王翦軍に召集が決まった楽華隊はどんな戦い方をするのか?

など、趙軍との戦いを中心に考察をしていこうと思います!!

 

キングダム 675話ネタバレ最新考察|影丘にて王賁率いる玉鳳隊苦戦か?

前話で玉鳳隊が影丘に向かったのはもう皆さんご存じですよね。

ではこの影丘、いったいどういう場所なのでしょうか?

前話で、河了貂が「この場所は、攻めの場所にとっては不利だ」と言っていましたよね。

それは、影丘は丘と名前がつく通り崖のような絶壁をもつような高い丘になっており、桓騎軍はその丘の麓から丘の頂上にいる趙軍を攻める形になります。

つまり、その丘に集まった桓騎軍は趙軍の弓隊の格好の餌食になってしまうという場所です。

桓騎軍がここから攻めるにはこの崖のような丘を登るなどしかありませんが、戦力をそがれるのは必至。

まさに死地といえる場所を攻めているわけで、そんな中に玉鳳隊は派遣されてしまいます。

史実によると、王賁が最初に大きく活躍する戦いは、父である王翦と一緒に攻める燕国との戦いであるとされており、趙国との戦いでは名前が出ていないので、大きな武功は上げられなかったのではないかと考察します。

しかし、幼いころから戦術や戦略を学んでいる王賁が簡単にやられるわけがない!!

ましてや、子供が生まれ守るべき妻子がいる状態で、あの王賁が簡単に負けるわけがないですよね。

この死地に対してどんな戦術をもって挑むのか、またその丘の上にどんな強敵が待ち構えているのか、今後の展開を考えると王賁からも目が離せません。

 

キングダム 675話ネタバレ最新考察|飛信隊は桓騎軍に召集される?

前話では王翦軍に召集されるのか、桓騎軍に召集されるのかわからないまま北上を続けていた飛信隊。

玉鳳隊は桓騎軍に、楽華隊は王翦軍にと周りの隊がどんどん召集されている中で、飛信隊がどこに召集されるか早く知りたいものですよね。

飛信隊としては王翦軍に召集されたいはずです。

桓騎軍とは黒羊の戦いなどで共闘。

しかし、敵に対し兵士から平民問わず虐殺し、見方に対しても無理な戦略で大きな負傷を負わせてしまう桓騎のやり方と、信の仲間を助け、敵に対しても虐殺を許さないやり方が合わずギクシャクしていましたよね。

しかし、私は今回の戦いで飛信隊は桓騎軍に召集されると予想!!

史実によると趙軍との戦いで武功を挙げた将軍は王翦・楊端和・羗瘣とされています。

そうなんです!この戦いで指揮をとっている大将軍の中で桓騎の名前だけが残されておらず、変わりに羗瘣が残されているんですよ。

これをもとに、今後の予想を立てていくと、元々苦戦を強いられていた桓騎。

そこに玉鳳隊を投入するも戦況は変わらず・・・・。

最後の要として飛信隊を召集することで完全復活した羗瘣が大活躍し平陽を突破、そのまま王翦と楊端和と共に邯鄲を落とした!!!

なんてシナリオになると面白いですよね。

 

キングダム 675話ネタバレ最新考察|王翦軍と楽華隊によって武城攻略か?

王翦軍に召集されることになった楽華隊の蒙恬。

どんな戦い方をするのか、王翦がどんな指示を出していくのかも楽しみですよね。

蒙恬のことを参謀にしてもよいとまで思っている王翦のことなので、ここぞというときに楽華隊を投入してきそうですよね。

また、前話の河了貂が王翦軍が攻めている地形は秦国側に有利で、攻めやすいだろうと言っていました。

その地形にプラスして王翦と蒙恬の軍略があれば、あまり死闘をせずに戦いに決着をつけることができるのではないかと思います。

この武城を早く攻め落とせてしまえば邯鄲までは残り平陽のみ!!

趙国に対して平陽に追軍させないためにも王翦と蒙恬は先に邯鄲に向かい、城を包囲して飛信隊や玉鳳隊が来るのを待っているかもしれませんね。

 

キングダム 675話ネタバレ最新考察|羗瘣と信の関係が一気に進展か?

王賁の結婚と子供ができたときいて、なんだか今まで以上に意識し始めている二人の姿は本当にほほえましいですよね。

では、信と羗瘣は本当に結婚するのか?

そしてそれはいつになるのか?

とても気になるところですよね。

史実によると、信と羗瘣が結婚をした!という情報は載っていないそうです。

しかし、信に子供ができたことは事実。

しかもこの子供(李超)はとても強く、中華統一後の漢になった際に大将軍になり、名を残しています。

武力や統率力がある信と、知力や戦術に特化した羗瘣の子供は言わばサラブレッド。

それが李超であっても全くおかしくありません。

では、二人の結婚はいつぐらいになるのか・・・・。

史実によると趙国を攻め落とした後、飛信隊はそのまま燕国攻めに向かうそうです。

年齢から考えても、この趙国との一戦が終わり、燕国を攻める前に結婚しそうな予感。

きっとこの趙国戦での死闘の中で、いつ死んでもおかしくない二人にとって、何らかの気持ちが芽生え、子孫を残さなくては・・・・。

なんて展開になったら、素敵ですよね。

 

キングダム 675話ネタバレ確定最新速報!

週刊ヤングジャンプに掲載されるキングダム675話は4月1日に発売予定です!!

今回の確定ネタバレでは

  • 玉鳳隊の前に桓騎軍軍師の摩論現る!

について書いていこうと思います。

とうとう影丘での戦いが始まってしまいましたね。

死地ともいわれる影丘、守るべき妻子ができた王賁はどのように戦いを進めていくかがとても見ものです。

やはり675話は影丘での戦いを中心に話が進められていました。

確定ネタバレでも影丘での戦いについて詳しく書いていこうと思います。

キングダム675話発売情報は、週刊ヤングジャンプ公式サイト公式ツイッターもご参考にしてください!

 

キングダム 675話ネタバレ確定最新速報!|玉鳳隊の前に桓騎軍軍師の摩論現る!

とうとう死地と言われる影丘に玉鳳隊の王賁が降り立ちました。

地形に詳しい者であればここ影丘を攻めるべきではないと言うはず。

もちろん、精鋭ぞろいの玉鳳隊の関常もここで戦うべきではないと助言しています。

そこに現れたのが桓騎軍軍師の摩論が到着しました。

摩論といえば桓騎軍の幹部の一人で、五千人将の位置にあり、幹部の中でも参謀という位置づけにあります。

摩論本人的には桓騎軍の大軍師と言っていますが、戦い方の戦略を考えているのは桓騎のみで、摩論は桓騎の戦略を他の将軍に伝える伝令係とも言えます。

この摩論の伝令によると、桓騎軍の左翼ち玉鳳隊にて影丘を突撃せよ!というもの。

そして、影丘を突破したのちに、前方を攻めている桓騎中央軍と右翼に追いつき挟撃するよう伝えました。

しかし、この作戦は玉鳳隊と左翼軍が影丘を突破することが絶対の条件になってきます。

はたしてこの作戦を王賁は吞むのでしょうか?

 

キングダム 675話ネタバレ確定最新速報!|援軍を求める王賁に対して摩論反論!

上記でも述べた通り、桓騎はかなり無理難題な条件で王賁に影丘を攻め倒すように言っていましたね。

さすがに、この条件に対して王賁も無条件にYES!とは言えず、桓騎本軍に援軍を出すように伝えました。

王賁は軍配置における差別が見て分かったのでしょう。

しかし、この提案に摩論が「差別をしているのはあなたのほうではないか?これが父上である王揃将軍の立てた作戦であれば、あなたはこんな反論をするであろうか?」と反論してきました。

これには、王賁も何も言い返すことができません。

摩論も痛いところをついてきますよね(-_-;)

結果的に王賁は玉鳳隊ち桓騎軍左翼のみで影丘を攻めることに・・・・。

この戦いの行方がとても気になります。

 

キングダム 675話ネタバレ確定最新速報!|本軍にて後退を進める摩論、進撃を言い渡す桓騎!

玉鳳隊本陣では強気に攻めるように話をしていた摩論ですが、桓騎本陣では玉鳳隊でも影丘を突破できないと考えたのか、後退すべきと伝えます。

また前線が上がりすぎており、たとえ影丘を突破できたとしてもその後の挟撃に追いつけないのではとも伝えました。

摩論といえば、秦国軍の勝利や、桓騎軍の勝利のために後退を進めるというよりは自分の命が危うくなった時に後退を進めることが多いですよね。

今回も、自分の命最優先で後退を助言したのが桓騎に伝わってしまったのでしょうか、桓騎は不敵な笑みを浮かべながらこのまま進撃することを伝えます。

この不敵な笑みは勝利を確信して出た笑みなのか、それとも桓騎の奥に潜む闇から出てきた笑みなのでしょうか・・・・。

今後も桓騎の動きから目が離せません。

≫キングダム676話ネタバレ速報!

キングダム 675話ネタバレまとめ

「キングダム675話ネタバレ確定最新速報!桓騎の不敵な笑みを見せつつ玉鳳隊ついに影丘に突撃!」はお楽しみいただけましたか?

とうとう死地である影丘に玉鳳隊が突入してしまいましたね。

ただ戦うだけでも苦戦を強いられるであろう場所なのに、桓騎からは桓騎軍左翼と玉鳳隊のみでここを突破しろという無理難題まで言われてしまいました。

最新ネタバレ考察でも玉鳳隊が影丘で苦戦を強いられるだろうと予想していましたが、ここはどうやら確定と考えてよさそうですね。

675話でもまだまだ影丘で趙軍と玉鳳隊が相まみえる様子は書かれておらず、桓騎の無理難題の作戦を王賁に伝えただけでした。

史実では趙国との戦いは秦国軍の勝利が確定していますが、どのようにして王賁は影丘での戦いに勝利したのか?そこに飛信隊は絡んでくるのか?

まだまだキングダムから目が離せません!!

今回の確定ネタバレは以上で終わろうと思います。

最新情報がわかり次第、すぐにアップさせていただこうと思います。

いち早く情報をゲットしたいという方は是非ブクマよろしくお願いします。