キングダム

キングダム676話ネタバレ確定最新速報!王翦ですら桓騎の動きは読めず、そのまま桓騎軍は雇輒軍と対決!

キングダム 676話 最新 考察 確定 ネタバレ
Pocket

キングダム676話ネタバレ確定最新速報!王翦ですら桓騎の動きは読めず、そのまま桓騎軍は雇輒軍と対決!

キングダム好きの皆様。

キングダム676話ネタバレ確定最新速報!をご覧いただきありがとうございます。

ネタバレ確定速報!!

今回、桓騎軍の動きに対して味方の王翦将軍がどうこの戦いを見ているのかが垣間見れるシーンがありました( *´艸`)

詳しい内容については下記のネタバレ確定!!にてご報告させていただこうと思います。

前回のキングダム675話ネタバレでは、ついに玉鳳隊が影丘の戦いに突入してしまいました。

守るべき妻子ができた王賁にとっては絶対に負けたくない戦いですよね。

しかし、死地であることに変わりなく、少し前から戦っている桓騎左翼軍はすでにボロボロ。

こんな中で影丘を突破するのはかなり無謀・・・・。

苦戦を強いられるのは確定でしょう。

はたして王賁の戦いの先は勝利か、敗退か・・・・。

飛信隊はどの軍に組み込まれ、桓騎はこの戦いの先に何を描いているのでしょう。

どんな考察が確定してもワクワクしますよね。

早く最新刊である676話が読みたくてたまりません!!

キングダム 676話ネタバレ最新考察!

前話では桓騎の不敵な笑みを浮かべながらの前進発言、さらに雇輒軍との全面対決か?

のような展開で幕を閉じていましたよね。

676話では影丘の戦いと雇輒軍との全面対決が描かれるのではないかと考察し、

  • 王賁が影丘の戦いで瀕死の傷をおい、そこに飛信隊が駆けつけるのでは?
  • 桓騎はあえて雇輒軍との全面対決を望んでいるのでは?
  • 全面対決のうらでは王翦将軍が何らかの形で絡んでいるのでは?

など、影丘の戦いと、雇輒軍との戦いを中心に史実を交えながら考察をしていこうと思います。

 

キングダム 676話ネタバレ最新考察|王賁瀕死の傷を受け戦線離脱?

前話でとうとう玉鳳隊が影丘に突入してしまいましたね。

王賁や玉鳳隊の幹部たちもこのまま影丘に突入するのは危険だ、桓騎本軍の援護が欲しいと最後までこの作戦を反対していました。

この、影丘の戦いでもし王賁が玉鳳隊の力のみで突破していたらきっと史実に残るほどの功績になるはずです。

しかし、史実を見る限り王賁が趙軍との戦いで何かを成し遂げたとは書かれてはいません。

キングダムは史実とファンタジーが入り混じっている作品なので、史実に載っていないから王賁が何も成し遂げていないとは言い切れませんが、現段階で玉鳳隊のみで影丘を突破し、桓騎中央軍と右翼軍に合流するのはとても難しいと思われます。

王賁も何かしらの策を講じてこの戦いに挑んではいると思いますが、玉鳳隊も戦力を削がれ、王賁に敵が集中してしまい致命傷を負わされてしまう・・・なんてことも。

子供が生まれたばかりの王賁、無事に帰還してほしいものですよね。

 

キングダム 676話ネタバレ最新考察|飛信隊がついに桓騎左翼軍に合流?

苦戦を強いられることは確定の影丘の戦い。

秦国はもちろんたくさんの犠牲が出ると思いますが、勢いのある玉鳳隊が突入してきたらきっと趙国軍にも大きな犠牲が出ると思われます。

ここに突入してくるのが飛信隊なのではないでしょうか。

飛信隊の副長である羗瘣は、以前お話しした通り、趙国を落とした将軍の一人として史実に名を残しています。

これを考えると、致命傷を負わされてしまった王賁に変わり飛信隊が影丘を突破。

その勢いで桓騎中央軍と右翼軍に合流し、そのまま平陽を落とすのではないかと考察してみました。

現段階でも、飛信隊は王翦軍から前線手前で待機をするように命じられています。

これは、飛信隊がどのタイミングで影丘に突入するかを見計らっていると考えると合点がいきます。

最近戦闘シーンが見られていない飛信隊がここで一気に活躍してくれると益々面白い展開になりそうですよね。




 

キングダム 676話ネタバレ最新考察|桓騎本軍が雇輒軍と激戦?

前話では雇輒軍が桓騎軍を真っ正面から狙うような様子が描かれていました。

桓騎軍の軍師である摩論もこのことを恐れて前進しすぎるのを止めたかった・・・と嘆いていましたよね。

しかし、15万軍の大群が攻めてきているにもかかわらず、桓騎は不敵な笑みを浮かべながら前進を支持。

この笑みは何か獲物が掛かったとでもいうような表情で、いかにも元野盗をしていた桓騎ならではですよね。

史実では、この平陽の戦いをしているころ趙国は漳水沿岸の城で残っているのは平陽だけだったそうです。

ここを落とされてしまうともう後がない趙国ですので、ここ平陽には絶大な信頼をもつ将軍が配置されました。

そう、それが雇輒だったんです。

また、キングダムでは六大将軍の中の3人の大将軍で攻めていますが、史実ではこの平陽での戦いは桓騎が総大将、王翦が副将として指揮を執ったと書かれていました。

どのような戦いになったのか詳しいことは書かれていませんでしたが、桓騎は雇輒軍を倒して平陽での戦いに勝利、のちに10万人の兵を斬首したそうです。

この史実から考えると、この15万という圧倒的に不利な戦いにもきっと桓騎は何らかの作戦で勝利を収めること間違いないのではないでしょうか。

 

キングダム 676話ネタバレ最新考察|桓騎と王翦が共同戦線か?

上記でも述べましたが、史実ではこの平陽の戦いは総大将桓騎、副将に王翦で戦ったとされています。

この二人は、蒙豪将軍の副将として戦ったり、鄴攻めでも一緒に戦っていますよね。

戦い方に大きな違いはあれど、これだけ一緒に戦っていればきっとお互いの手の内は分かっているはず。

また、二人とも秦国へあまり忠誠心が見られないところもよく似ていますよね。

今、王翦と楊端和が攻めようとしている武城は比較的攻めやすい地形にあると以前河了貂が言っていました。

そんなところを六大将軍の2人を使って攻めるでしょうか??

それよりも、王翦は桓騎の様子を伺いつつ、ここぞのタイミングで平陽への戦いに参戦し、一緒に雇輒軍を倒すのではないかと考察しました。

今は、主に影丘と桓騎の動きしか描かれていませんが、ここにどう王翦が絡んでくるかが楽しみですね。

 

キングダム 676話ネタバレ最新考察|亜花錦が瀕死の王賁を救う?

玉鳳隊の中でも独特のキャラを出している亜花錦。

ここぞという時に見方を助けてくれる姿は本当に頼もしいですよね(*´з`)

彼は史実で実際に存在したのでしょうか?

残念ながら、その事実はなくキングダムオリジナルのキャラクターだと言えます!!!

今回、677話で王賁が影丘の戦いで瀕死の状態になるのではと考察しました。

そこでもう一つの考察として、瀕死の王賁を救ってくれるのは信ではなく、今同じ玉鳳隊で戦っている亜花錦なのでは?とも考えました。

亜花錦と言えば、上記でも述べた通り味方のピンチの時ほど活躍をするキャラクターですよね!(^^)!

以前も、亜光将軍や王賁がピンチの時に助けています。

これは何といっても亜花錦の拓いまれなる戦略眼と状況把握能力な高さ、指示を受けなくても自力で行動することのできる決断力と行動力!!!

今回はこの状況把握能力と戦略眼が生きてくるのでは?

今、玉鳳隊が戦っているのは攻めに厳しい影丘で、戦略じたいが少ない状況にあります。

王賁も戦略には明るいとは思いますが、英才教育を受けてきたからこそ、思いもしないような戦略を考えるのは難しいかと・・・・(-_-;)

このままでは危ない!!!

そんな状況で亜花錦が思いもよらない戦略と広い視野で起死回生の一手を打ってくれたら盛り上がること間違いなしですよね( *´艸`)

 

キングダム 676話ネタバレ最新考察|楊端和が一気に邯鄲を包囲?

前回の話で一気に影丘での戦いに注目が集まり、桓騎や王翦、王賁についつい意識が向いてしまいますよね。

しかし、この戦いに参戦しているもう一人の六大将軍がいるのを忘れてはいけません!!

それが六大将軍唯一の女性将軍、楊端和(@^^)/~~~

史実で楊端和は王翦、羗瘣と共に趙を滅ぼしたとされています。

そして楊端和が今いるのは攻めやすいとされている武城。

楊端和ほどの実力があり、地形にも有利となれば武城を突破するのは容易なはずですよね!(^^)!

武城を攻め落とした後楊端和はどんな行動をするでしょう・・・・。

武城1つを攻め落としただけではきっと満足はしないでしょうね。

秦国への忠誠心も強く、仲間思いの楊端和であれば、きっと桓騎や王翦が平陽を攻め落とすと睨んで、いち早く邯鄲を包囲し待っているのではないでしょうか。

こうなってくると援軍を出せない趙が滅んでしまうもの間近かもしれませんね( ̄▽ ̄)

 

キングダム 676話ネタバレ確定最新速報!

週刊ヤングジャンプに掲載されるキングダム676話は一週休載があるため、4月15日発売予定です!!

今回の確定ネタバレでは

  • 王翦将軍でも桓騎将軍の策略が読めていなかった!

について書いていこうと思います。

無謀な戦い方を始めた桓騎軍ではあるものの、一緒に戦っている王揃将軍将軍とならしっかりと戦略に対しての意思疎通ができているのではないかと期待して考察していました。

しかし、そんな考えでいた私はまだまだ甘かった(-_-;)!!

桓騎将軍について何もわかっていなかったと反省・・・・(笑)。

今回の確定ネタバレでも桓騎軍の動きとそれに対する見方の王翦軍、敵の雇輒軍について書いていこうと思います。

詳しいネタバレ速報が入りましたら随時アップしますね。

さぁ、676話はどんな展開になってしまったのか!!!!

キングダム676話発売情報は、週刊ヤングジャンプ公式サイト公式ツイッターもご参考にしてください!




キングダム 676話ネタバレ確定最新速報|王翦将軍でも桓騎将軍の策略が読めていなかった!

前回の話で雇輒軍15万が動き出しましたよね。

それに対して、王翦将軍も軍をどう動かすかの軍略会議が行われました。

雇輒軍が大きく動いたことによって趙軍の中枢が手薄になったため、王翦将軍としてはそこを一気に攻め、武城と平陽を攻め落としたいと考えています。

しかし、王翦将軍を足止めしている理由があり、それが雇輒将軍という人が一体どんな人物なのかという事前情報が全くないというところでした。

本能型の将軍なのか?それとも知力型の将軍なのか?

これを知らずに戦うのはかなりリスキーですよね(;’∀’)・・・。

また、もう一つ気になる点として雇輒軍が一体どこまで桓騎軍に対して前進するのかというところもあります。

もし、雇輒将軍が王翦将軍のこのタイミングを狙った進軍を読んでいるのであれば、颯爽と桓騎軍に出した兵を引き上げて挟撃を仕掛けてくるかもしれません。

この雇輒軍進軍に対してどんな策を桓騎がとっているのかを王翦将軍が知っていればもっとスムーズに戦いが進みそうなものなのに・・・・・。

見方であれ、周りの将軍の気持ちを察しないところが本当に桓騎将軍らしいですよね(;^ω^)

この状態で王翦将軍がどんな作戦に出るのかが楽しみです!

 

キングダム 676話ネタバレ確定最新速報|雇輒将軍の強さが少しずつ明らかに!!

王翦将軍が前進を渋っている間に、舞台は平陽に移ります。

そこで、李白が公孫龍にある助言を提示!!!

それは、雇輒将軍は桓騎に対して過小評価をしていないが、逆に桓騎将軍は雇輒将軍を過小評価しているというのです。

しかも、雇輒将軍は今でこそ平陽の守護神と言われているが、それ以前は最前線で戦いを指揮していた。

彼が本当に強いのは前線に立った時だと・・・・・。

以前趙国が燕国国と戦った時、雇輒将軍は最前線の暴れ回った猛将だったとも言われています。

謎めいていた雇輒将軍の姿が少しずつ明らかになってきましたよね(#^^#)

 

キングダム 676話ネタバレ確定最新速報|圧倒的な戦力差でも桓騎将軍は前進命令!

今のままでは絶対に全滅してしまうと慌てふためいている摩論。

ここでの軍の指揮を任されているのは摩論ではあるものの、彼が一番望んでいる撤退は絶対に許されません(T_T)。

そんなところに現れたのが桓騎軍の幹部の一人である雷土!!

彼はこんな戦いは今までにもたくさんあったし、そのたびに桓騎将軍は勝利を収めてきたじゃないか!!と摩論に叱咤激励。

摩論もそれは奇襲作戦が利いたからだと反論しますが、雷土は耳を貸してはくれません。

六大将軍になってもなお前線で戦い続けている桓騎将軍をみて、それでもお前は桓騎軍の一員なのか???とまで言われてしまいました。

史実では桓騎はこの戦いで雇輒将軍を打ち取るとなっています。

この圧倒的な兵力差をどのように埋めながら戦っていくのかが、今後の見所になってきそうですよね!!!

 

キングダム 676話ネタバレまとめ

今回の「キングダム676話ネタバレ確定最新速報!王翦ですら桓騎の動きは読めず、そのまま桓騎軍は雇輒軍と対決!」はお楽しみいただけましたか?

最新話であるキングダム676話では気になっていた桓騎将軍の周り、特に王翦将軍が登場し今後の戦いがどうなるのかの期待が一気に高まりましたが、王翦将軍はまだ動けず。

圧倒的な兵力の差があり、これは敗戦確定ではないかと慌てている摩論にさえ、戦略を教えずただ前進のみを命令する桓騎・・・・。

読者である私でさえ、早く戦略を教えてくれよ・・・。この先どう考えてるの??と突っ込みを入れたくなる内容でした。

また、飛信隊がどこの軍に配属されるのかも今回分からずじまいでしたね(;^ω^)

影丘での戦いもどうなっているのか気になって仕方がありません。

王賁!!!どうか無事でいてくれ。

今回も最新ネタバレ情報が出たらすぐにアップさせていただきます。

早く知りたい!!!という方は是非ブクマのほうよろしくお願いします。