キングダム

キングダム677話ネタバレ最新確定!壊滅状態の玉鳳隊!飛信隊がいよいよ影丘に出陣!

キングダム 677話 最新 考察 確定 ネタバレ
Pocket

キングダム677話ネタバレ最新確定!壊滅状態の玉鳳隊、飛信隊がいよいよ影丘に出陣!

キングダム好きの皆様。

キングダム677話ネタバレ最新確定をご覧いただきありがとうございます。

今回のキングダム677話では前回は描かれていなかった影丘の戦いを垣間見ることができました。

そしてなんといっても飛信隊がついに影丘に出陣が決まりましたね!!

詳しいことについては確定ネタバレ速報にて書かせていただこうと思います。

前回のキングダム676話では、久しぶりに王翦将軍が登場して決ましたね。

いよいよ桓騎将軍と手を組んで雇輒将軍を攻略するのか?と思いきや一時休戦(;’∀’)。

王翦将軍ですら桓騎将軍は読めないところがあると言っており、桓騎将軍は本当に何を考えているんだ?とさらにワクワクさせられます!!

今回の考察では前回登場した桓騎軍副将の雷土の行方や、摩論がどんな策を出してくるのかにつて確定内容や史実を交えながら考えていこうと思います。

私的にはそろそろ飛信隊の動きも出てきていいのでは?と思ってます(#^^#)

それでは考察に移りましょう!!!

 

キングダム 676話ネタバレ最新考察!


前回のキングダムでは王翦将軍本陣のやり取りもさることながら、桓騎軍の副将や参謀の会話もとても興味深い内容でしたよね!!

なので、今回の考察では主に桓騎軍・・・特に副将や参謀についての考察を書いていこうと思います!(^^)!

内容としては

  • 雷土副将について
  • 摩論参謀がどんな秘策を思いついてこの圧倒的な戦力差を挽回させるの?
  • 桓騎将軍はどんな思いで進軍を続けているの
  • 飛信隊はそろそろ出てくるのでは?

などについて書いていこうと思います。

 

キングダム 677話ネタバレ最新考察|桓騎軍副将の雷土が右翼軍にて負傷もしくは命を落とす?

前回の話しで、雷土副将が桓騎将軍に対しての思いや桓騎軍になぜ居続けるのかなどを熱く語ってくれていましたね。

雷土といえば、口が悪く腕っぷしでどうにかしようとする印象が強い一方で、桓騎の心をいち早く読むことのできる感が鋭い印象もあります( ̄▽ ̄)

雷土は黒洋丘の戦いで趙軍の岳嬰に奇襲を仕掛けられ、軍は壊滅状態に・・・そんな中でもなんとか軍を立ちなおして砦を燃やし尽くすということをやってのけていました。

なので、今回もきっと生きて帰還してくるだろうと思ってはいるものの、前回の最後のほうでなぜか過去を振り返るようなシーンがあり、それが何かを暗示しているのではないかと考察しました!!

桓騎軍に登場する副将や参謀はじつはキングダムオリジナルで、史実には存在しません。

また、桓騎将軍は史実によると雇輒を打ち取った後の詳しい功績が残っておらず、この趙国攻めの翌年には李牧によって殺された?という史実も残されています。

このタイミングで桓騎が死んでしまうと考えると、史実にはもともと出てこない雷土はこの戦いで死んでしまうのではないかと考えてもおかしくはないですよね?

はたして、雷土が右翼軍に入ってどんな戦いを見せてくれるのかが楽しみです!!!

 

キングダム 677話ネタバレ最新考察|摩論が秘策を思いつき桓騎軍優勢に?

とうとう桓騎軍8万対趙軍24万の圧倒的な戦力差対決が改選されました。

こんな対戦誰もが望んでいないはず・・・・しかもそんな戦いの戦術を考えるなんて絶対にやりたくないですよね(-_-;)

桓騎軍の参謀にて軍師の摩論に与えられた命令は「戦術を考えろ!撤退はなし!!」でした。

では、今まで摩論はどんな戦略を生み出してきたのでしょうか・・・。

残念ながら、キングダムでも明らかに摩論が立てた戦略で戦いを切り抜けた!!というシーンは見られません。

また、摩論は史実には実在しない架空のキャラクターなので、実際にどんな戦いをしてきたかが全く分からないのが現状です。

しかし、あの桓騎が参謀として位置付けているので何にもできないキャラではないと勝手に考察!(^^)!

今回の戦いで、摩論が大きな力を発揮してくれたら嬉しいですよね。

史実では桓騎軍は雇輒軍に勝利したとなっています。

キングダムがこのまま史実通りに進むのであれば、崖っぷちに立たされた摩論が誰もが思いつかないような戦術をたて、桓騎軍を勝利に導くのはほぼ確定なのではないかと思います。

はやく、桓騎軍の戦術が明らかになってほしいものです!!

 

キングダム 677話ネタバレ最新考察|桓騎の怒りの本質は満たされない心の渇きからなのか?

前話の最後に雷土が「一体桓騎は何と戦っているんだろうなー」っと言っていたのがとても印象深かったので、今回は桓騎の怒りの本質について考察していこうと思います!!!

桓騎はとにかく謎が多い人物ですよね。

あまり多くは語らず、悪く言えば何を考えているかわからない・・・・(;^ω^)

桓騎の出生は謎に包荒れ手織り、どうして野盗になってしまったのかも謎。

史実によると桓騎は嫪毐の反乱の一件で嬴政に認められ、将軍になったとされています。

その後は大きな武功はなく、そのままこの趙攻めで雇輒を打ち取ったことが大きな武功として挙げられていました。

桓騎は所々で自分の考えを口走っており、魏国との戦いの際も玄峰を前にして「俺は人が嫌がることをしたいだけだ」などと言っていましたよね。

このことから考えるに、桓騎の怒りは「人間すべて」に対してではないかと思われます。

黒羊丘での戦いでも村人を残虐し、紀彗に対して恫喝したりしていましたよね(;’∀’)

しかし、この黒羊丘の戦いでは、この事件があったおかげで予想していたよりも半分の死者で秦国は勝つことができました。

兵士や村人関係なく虐殺をしたり、首を狩ってそれを敵軍に送り付けたりと人道離れしたことをしつつも、一方で誰も思いつかないような戦略で秦国の兵士を実は助けていたりなど・・・。

心の底から人が嫌いだけでこのような行動をとっているようには思えません!!!

桓騎の幼少期のヒストリーなどが今後描かれるのであれば、それはとても興味深いので、ぜひ読んでみたいですよね(@^^)/~~~

 

キングダム 677話ネタバレ最新考察|飛信隊がいよいよ登場して雷土と共に右翼へ合流か?

約2週にわたってなかなか活躍どころがない飛信隊・・・・。
そろそろ出陣の命令が出てもよさそうなものですよね(;^ω^)

そこで、今回雷土が桓騎右翼軍に合流するのに合わせて飛信隊も桓騎右翼軍に召集されるのではないかと考察しました!!!

飛信隊の中でも羗瘣は史実でもこの趙攻めで大きな武功を上げています。

なので、飛信隊がこの戦いで何らかの活躍を見せるのは確定なわけで、問題はどこの部隊に配属されるかということになります!!!

影丘での戦いが今どうなっているのかがわからないので、確実に飛信隊が右翼軍に配属されるかはわかりませんが、雷土がこのタイミングで招集をかけるということは無きにしも非ずといったところでしょうか(#^^#)

最近なかなか活躍が見られない飛信隊・・・ここらへんで飛信隊の動きが垣間見られるとさらにワクワク感が増してきますよね!!!

キングダム 677話ネタバレ確定最新速報!


週刊ヤングジャンプに掲載されるキングダム677話は4月22日発売予定です!!

今回はとうとう飛信隊があの死地である影丘に出陣してしまいました。

蒙恬が最後に「信、頼む・・・・。」と心の中で呟いているところがこの3人のこれまでの関係性を物語ってジーンとしてしまいました(T_T)

さぁ、今回はどんな考察が確定していったのか!!!

さっそくネタバレ速報に移っていきましょう。

キングダム677話発売情報は、週刊ヤングジャンプ公式サイト公式ツイッターもご参考にしてください!

 

キングダム 677話ネタバレ最新速報|影丘で戦う玉鳳隊はやはり壊滅状態!

今回のキングダム677話で最初に描かれていたのかこの影丘で戦う玉鳳隊の様子でした。

セリフは全くなく、絵のみが描かれていましたがそれでも壊滅状態で王賁もかなり疲弊しているのがビシビシ伝わってきました。

この状況はもちろん邯鄲や李牧、飛信隊や王翦本軍にも伝えられます。

邯鄲の人々はこの知らせを受け安堵を示していましたが、李僕は納得いかない様子・・・。

あの桓騎がこんなにも負け戦をし続けるのだろうか・・・裏には何を秘めているのか・・。

軍師としては気になるところが多い報告だったようです。

やはり影丘の戦いで玉鳳隊が壊滅状態になるという考察は当たっていましたね( ̄▽ ̄)

ただ、王賁が生きていたという情報だけでもわかりホッとしました!!

 

キングダム 677話ネタバレ最新速報|王翦将軍に進言をする蒙恬!

上記でも述べた通り、影丘での戦いについてはすでに王翦本陣にも届いていました。

これに対して蒙恬が王翦に対して飛信隊の出陣を進言します!!!

この、上の人に対しても仲間のピンチの時は臆することなく進言できる蒙恬はやっぱりかっこいいですよね( *´艸`)

しかし、この進言にたいして王翦の側近である倉央が田里弥を差し置いて進言とは!!と割って入ってくるものの、さすがは王翦将軍、蒙恬を幕僚に引き上げても言っていいと言っているくらいなので、ここはしっかりと蒙恬の進言を受け止めていました。

そのうえで、蒙恬に対して桓騎は何を考えているかを問います・・・・。

その問いに対して蒙恬は「桓騎は感覚的に戦術を立てている。無謀なことはしないと思うが、雇輒の首をとることは視野に入っていると思う」と答えを述べました。

王翦もこの言葉には納得している様子です。

このシーンを見ると王翦と蒙恬のなかではしっかりと信頼関係が気づけているように感じますね(#^^#)

この二人が今後どのような動きを見せてくるのかが楽しみです!!

キングダム 677話ネタバレ最新速報|飛信隊いよいよ影丘へ出陣!

蒙恬が王翦に進言をしているのも知らず、とうとう飛信隊に出陣の銘が下されました!!

いよいよ飛信隊の活躍が見られましね( *´艸`)

しかし、この出陣は玉鳳隊出陣し壊滅状態になってからすでに8日が立った後のことでした。

急げ飛信隊!!!!!(; ・`д・´)

しかし、飛信隊は今1万5千の兵しか持っておらず、24万の趙軍に太刀打ちできるのか?と田里弥が笑います。

そこに異議を申し立てたのがやはり蒙恬!!

蒙恬は飛信隊は確かに1万5千の軍しかないが、勢いがすごく、個々の武力も強いため、数以上の働きを見せてくれるはずと言っていました。

677話は飛信隊が影丘に到着したところで終わっています。

この最後のシーンの飛信隊の顔を見るとまさに影丘は死地になっていることがうかがえます。

この状況にないして、河了貂はいったいどんな戦略を立ててくるのでしょうか?

また、信や羗瘣はどんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

8日たっているものの王賁が持ちこたえてくれていることを祈るばかりです。

≫キングダム677話ネタバレ確定速報!

 

キングダム 677話ネタバレまとめ


今回の「キングダム677話ネタバレ最新確定!壊滅状態の玉鳳隊、飛信隊がいよいよ影丘に出陣!」はお楽しみいただけましたか?

今回のキングダム677話では気になっていた玉鳳隊の影丘での戦いや飛信隊がついに出陣など本当に大きく場面が動き始め、とんでもない情報量がギュ~っと詰まっていました!!

特に最初のセリフなしでの玉鳳隊死闘のシーンはたった1ページではありましたが手に汗を握ってしまいましたね。

やはり影丘での戦いに王賁でさえも苦戦を強いられるという考察は確定していましたね!!

また、玉鳳隊を助けるために動き出した飛信隊が桓騎左翼軍に組み込まれるの考察も確定でした( *´艸`)

少しずつこの戦いの全貌が明らかになってきた今、もっとたくさんのネタバレ確定情報が知りたいものですよね!!

早く情報をゲットしたい!!!という方は是非ブクマのほうよろしくお願いします(@^^)/~~~