憂国のモリアーティ

憂国のモリアーティ63話ネタバレ最新確定!ウィリアムとの再会!アルバートの原罪!

憂国のモリアーティ ネタバレ 63話 最新話 確定 考察
Pocket

憂国のモリアーティはジャンプSQ掲載中で、イケメンが多発するダークヒーロー物語です!

2021年10月4日(月)発売のジャンプSQで連載中の憂国のモリアーティ最新話63話ネタバレ考察&確定速報をお届けします。

やっとです!

ファンの皆さん、長かった~!やっと待望のウィリアム出てきましたよ!!

けっこう前話でウィリアムが生きていることはネタバレしているんだから、さっさと出てきてくださいよ!というくらいの焦らしっぷりでした。

アルバートがどんどん根暗化しちゃうから!!(笑)

3年以上考えすぎたアルバートは、もはやウィリアムとの運命的な出会いすら罪だったと考え始めちゃってましたよ。

一人ぼっちってほんとだめですね。

どんどん人を卑屈にします。

これからパぁ~っと明るいモリアーティ兄弟になったらいいなぁ(笑)

それでは『憂国のモリアーティ63話ネタバレ最新確定!ウィリアムとの再会!アルバートの原罪!』と題しまして憂国のモリアーティ前話を踏まえて最新63話ネタバレ確定速報を進めていきたいと思います!

最近では漫画『憂国のモリアーティ』を無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫違法サイト一覧

最近では法改正も進んでいますので、今までは大丈夫だった方もヤバいことになりますので注意が必要です。

もし、憂国のモリアーティの漫画を今すぐ読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

なんと、U-NEXTでは現在31日間の無料お試しキャンペーンを実施中で、憂国のモリアーティの最新刊を無料で読むことができます!

しかも、アニメ見放題(無料)というオマケつき♪

漫画が無料で読めて、アニメまで楽しめるサービスは探してもまずありません。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

ただ、このU-NEXTのお得な無料キャンペーンはいつ終わってしまうか分かりません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンが終わってしまう前に、あなたもぜひこの良さを体感してみてくださいね。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

 

憂国のモリアーティ63話ネタバレ最新考察!

https://twitter.com/344_hikaru/status/1433726336648941569

まずは前話のおさらいから。

モランの事件は、モラン確保で一件落着。

憂国のモリアーティ前話は話が変わって幽閉されているアルバートの生い立ちの話となりました。

毎日午前0時、ロンドンに響く鐘の音を、とある屋敷で聞きながら、ウィリアムとの出会いに思いを馳せるのが日課になったアルバート。

彼はまだ幼少期から、整然としていることに美と安定を感じる少年で、それは部屋や屋敷のみならず、世界のなり方にもその理想は当てはまるのです。

教会が説く皆が平等という言葉と、事実ロンドンにおける階級社会とのギャップはアルバートにとって違和感以外の何物でもないのでした。

自分の理想を貫くため、教会で貧しい人々に奉仕活動をするアルバート。

彼はある日、パン屋のパンを盗み馬車の前に飛び出してきた貧民街の男性を救うのでした。

そして、教会に自分が寄付をした銀食器を盗んだその男性のことも、彼の良心を信じて許します。

しかし、その男はアルバートの銀食器を売った金で仲間たちと銃を買い、銀行強盗を犯して、一般市民と銀行職員を数名殺し、自身も警察に射殺されるという事件が起きてしました。

自分が今までしてきたことに無意味さを感じ、それでも自身で命を終わらせることもできなかったアルバートは、ただ生きているだけの日々を過ごします。

そんな毎日の中で、奉仕活動だけは続けていた教会でついにウィリアムと出会ったところで憂国のモリアーティ前話終了。

アルバートもずいぶん極端な性格ですね。

もうちょっと心に余裕があれば、楽だったかもしれません・・・

早速憂国のモリアーティ63話最新ネタバレ考察していきましょう!

 

【第63話】憂国のモリアーティ最新話考察|シャーロックがベイカーストリートでワトソンと再会?

空き家の冒険事件もモラン確保により、基本は一件落着だと思うので、話は次の事件に進むと思っています。

それには一旦、シャーロックがベイカーストリートの221Bの部屋に戻り、ロンドンに落ち着かなければならないでしょう。

ここからは筆者の予想ですが、とりあえず221B部屋に戻ってみるシャーロック。

すると、3年前の事件の本がヒットし裕福になったワトソンがハドソンさんにお願いして221B部屋を書斎として使用しているのです。

この日も執筆のため、書斎を訪れシャーロックとの思い出に耽るワトソンは目を閉じて独り言をブツブツ言っています。

すると突然自分の独り言に返事をする声が・・・

驚いて目を開けると、死んだはずのシャーロックが笑って立っているではありませんか!?

「よぅ!」と軽く挨拶するシャーロックに、口をパクパクするだけのワトソンの姿・・・って展開で、名コンビ復活するのではないでしょうか?

 

【第63話】憂国のモリアーティ最新話考察|ルイス次の指令は「踊る人形」?

コナン・ドイルの「シャーロックの帰還」に収録されている短編集は8つ。

空き家の冒険に続く次の事件は、「踊る人形」だと予想!

ある日、シャーロックの元へヒルトン・キュービットという男性がやってきます。

謎の絵文字が書かれた紙が送られてくるという事件。

人形の絵が並んだ落書きのような手紙で、最初はエルシーという妻の元に謎の手紙が届いたことが始まり。

暗号解読が重要とシャーロックは気づき、ついにはこの絵手紙を巡って殺人事件が起こってしまうのですが・・・

何故この事件が次の事件と予想したかというと、真相にはアメリカのギャングが関わってくるからです!

アメリカは、3年前にシャーロックとウィリアムを匿った国。

3年間アメリカで二人に何があったのか、繋がってくると思いませんか?

だからこそ次の事件は「踊る人形」だと思います!

 

【第63話】憂国のモリアーティ最新話考察|事件のキーマンはビリー・ザ・キッド?

あくまで原作において、事件の犯人はスレイニーというアメリカ人ギャングで超危険人物。

そして事件には、アメリカギャングのドンの娘が関わっています。

調べれば、あらすじはすぐ出てくるのですが(笑)

この事件のキーマンとなるのが、まだ一瞬しかでていないビリー・ザ・キッドではないでしょうか?

彼がアメリカが持つ情報をシャーロックに流す伝達係としてか、スレイニーを逮捕後アメリカに返してくれと引き取りにくる役か・・・?

どちらにしても、アメリカ国家の窓口としてシャーロックに近づいてきそうです。

有名人の名前を出しながら、出番があれだけで終わりはないでしょう!

ビリーとシャーロックのコンビネーション、または対決に繋がっていくのかも?

シャーロックの敵か味方かも気になりますね!

 

憂国のモリアーティ63話ネタバレ最新確定速報!

2021年10月4日(月)発売のジャンプSQ.に掲載予定の憂国のモリアーティネタバレ63話最新確定速報が入りました。

「空き家の冒険 第7幕」

早速お届けしていきます!

※憂国のモリアーティ【最新63話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプSQ.公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【第63話】憂国のモリアーティ最新話確定|ウィリアムと出会ったアルバート!

憂国のモリアーティ63話は、子供ながらにこの世に絶望しながらもただ無気力に生きているアルバート少年の前に、突如現れたウィリアムとの出会いからスタート。

ウィリアムがいつもの教会の前で孤児たちを集め、正しい悪の道を説いている現場に遭遇。

その少年はまるで神の教えを説くように、美しい表情でこの世の間違いを話しているのです。

自分が間違っているのではなく、やはりこの世界が間違っていると確信を持つアルバート。

そして、同じ思想の人間がいることが彼に再び生きる希望を与えます。

だからこそ、アルバートはこの美しく聡明なウィリアムとルイスをモリアーティ家に引き取ることを決めたのです。

しかし、彼らが養子に来てからも、家族や従業員までもが彼らを毛嫌いする始末。

アルバートはどんどん家族に対して悪い人間という嫌悪感を感じ、ルイスの病気が治り次第、計画を実行しようと決意します。

 

【第63話】憂国のモリアーティ最新話確定|家族殺しをウィリアムに依頼!

ウィリアムとルイスがモリアーティ家に来て1年後、ルイスの病気は完治したのでした。

アルバートは行動を起こす・・・彼の家族を殺すこと、それを決めていてもいざ実行には移せません。

しかし、その間にウィリアムとルイスに対するいじめは陰湿さを増していきます。

ついに、アルバートは一人の無力さと限界を悟り、ウィリアムに自分の家族を殺す協力を仰ぐのでした。

そして、アルバートの計画は実行され、彼らは本当の3兄弟になったのです。

 

【第63話】憂国のモリアーティ最新話確定|亡きウィリアムとの再会!

現在のアルバートに戻り、あの時家族殺しをウィリアムに依頼してしまったことこそが、自分の原罪なのだと後悔していました。

アルバート自身はウィリアムにより救われた代償に、ウィリアムを犯罪へと導いたこと。

そして、いつかアルバートが理想の世界を手に入れたあと、3人で死を迎えようという約束さえも、ウィリアムが受け入れないことを知っていたこと。

アルバートは夜な夜な亡きウィリアムに対し、自分と出会わなければよかったのだと懺悔し続けていたのでした。

その後悔すら、すでに無意味と理解していながら、またアルバートは深い闇をさまよっているのです。

今夜も同じ公開の夜を迎えるアルバートの部屋の扉が、ゆっくりと開きました。

そこにはもうこの世にいないはずのウィリアムが左目に眼帯をして立っていたのです・・・

憂国のモリアーティ63話はここで終了。

>>【続き】憂国のモリアーティ64話ネタバレ最新速報!

 

憂国のモリアーティ63話ネタバレまとめ

『憂国のモリアーティ63話ネタバレ最新確定!ウィリアムとの再会!アルバートの原罪!』と題してお届けしてきました。

アルバート回想はまだまだ続きました!

もう終わると思っていましたが、彼の後悔と懺悔は海より深かった・・・

満を持してのウィリアム登場ってことですね。

3年間も一人で毎日後悔し続けてたら、そりゃ卑屈にもなりますよ。

ウィリアムとアルバートがこれからどんな会話を交わすのか、本当に楽しみ!

モランとアルバートも揃って、今度こそ本当の第2章始まりますかね!?

それでは『憂国のモリアーティ63話ネタバレ最新確定!ウィリアムとの再会!アルバートの原罪!』はここまで!