憂国のモリアーティ

憂国のモリアーティ64話ネタバレ確定最新速報!アルバートの謝罪!モリアーティ兄弟の罪と決意!

憂国のモリアーティ ネタバレ 64話 最新話 確定 考察
Pocket

憂国のモリアーティはジャンプSQ掲載中で、イケメンが多発するダークヒーロー物語です!

2021年11月4日(木)発売のジャンプSQで連載中の憂国のモリアーティ最新話64話ネタバレ考察&確定速報をお届けします。

憂国のモリアーティ64話ネタバレ確定速報が入りました!

前回の憂国のモリアーティでは、アルバートとウィリアムの出会いや、二人がどうしてモリアーティ家の人々を殺害したのかが描かれていましたね。

殺人は決して許されない行為ですが、ウィリアムを絶対守ってやるというアルバートの意思がしっかりと伝わってきました。

そしてアルバートはウィリアムに家族殺しを依頼したことを後悔し、出口の見えない闇の中を一人彷徨います。

しかし死んだと思っていたウィリアムと再会!

そして今回の憂国のモリアーティ64話では、アルバートは自分のせいで弟を巻き込んでしまったことを謝罪しますが···。

元々アルバートに出会う前から計画していたことだと、ウィリアムは彼を許します。

更にウィリアムが自分も同じように罪の意識に苛まれていたことを告白し、モリアーティ兄弟は命ある限り犯した罪と向き合うことを決意。

血は繋がっていても、やっぱり幼い頃から苦しみを分かち合ってきた義理の兄弟。

3年の時を経ても変わらぬ信頼があることには納得出来ました。

それでは『憂国のモリアーティ64話ネタバレ確定最新速報!アルバートの謝罪!モリアーティ兄弟の罪と決意!』と題しまして憂国のモリアーティ前話を踏まえて最新64話ネタバレ確定速報を進めていきたいと思います!

最近では漫画『憂国のモリアーティ』を無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫違法サイト一覧

最近では法改正も進んでいますので、今までは大丈夫だった方もヤバいことになりますので注意が必要です。

もし、憂国のモリアーティの漫画を今すぐ読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

なんと、U-NEXTでは現在31日間の無料お試しキャンペーンを実施中で、憂国のモリアーティの最新刊を無料で読むことができます!

しかも、アニメ見放題(無料)というオマケつき♪

漫画が無料で読めて、アニメまで楽しめるサービスは探してもまずありません。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

ただ、このU-NEXTのお得な無料キャンペーンはいつ終わってしまうか分かりません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンが終わってしまう前に、あなたもぜひこの良さを体感してみてくださいね。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

 

憂国のモリアーティ64話ネタバレ最新考察!

まずは前話のおさらいから。

前話に引き続き、アルバートの回想で話は進みます。

大きな絶望で生きる気力を失ったアルバートの目の前に現れた美しい少年。

その少年はまるで聖書を読み神の言葉を説くように、子供たちにこの世の間違いと必要悪について語っていました。

彼の思想はアルバートと同じものであり、彼は再び生きる気力を取り戻します。

そして、モリアーティ家にウィリアムとルイスを引き取ることを決めました。

しかし、モリアーティ家の人々は、従業員も含め二人を歓迎せず、執拗ないじめを繰り返します。

ルイスの病気が治ったら、モリアーティ家の人々を全員して粛清する計画をアルバートは立てていましたが、なかなか実行することができませんでした。

限界を感じたアルバートはウィリアムに計画を協力することを要請し、実際に人殺しをさせてしまいます。

その後3人は本当の兄弟となり、理想の世界を作るためにあえて犯罪に手を染め、目標がかなった時は3人で死のうと約束していたのです。

そのことが全ての原罪だったと現在のアルバートは、ウィリアムを失った日から毎晩後悔と懺悔を繰り返す日々。

その思いは、二人が自分と出会いさえしなければ、ウィリアムが死ぬことが無かったと思うほど。

そんなある晩、いつものように後悔に駆られているアルバートの部屋の扉が開きます。

そこに立っていたのは、左目に眼帯をしたウィリアムの姿で、憂国のモリアーティ前話は終了。

アルバートがとにかく暗すぎます!

苦悩するイケメンも悪くないけど、そこまで思い詰めないで~。

そしてやっと現れたウィリアムを、アルバートのみならず読者全員待ってましたよ!

それでは憂国のモリアーティ64話ネタバレ最新考察をしていきましょう!

 

【第64話】憂国のモリアーティ最新話考察|ウィリアムがアルバートと新犯罪卿結成?

憂国のモリアーティ前話で幽閉されているアルバートの前に現れたウィリアム。

左目に眼帯をしての登場なので、3年前にテムズ河に落ちたときに完全に負傷してしまったようです。

傷ついたお顔でも相変わらず美しいですね、ウィリアム♪

犯罪卿の一味として重罪で幽閉されている人物の元へいとも簡単に入り込めるのだから、ウィリアム一体何者??

ウィリアムはウィリアムで3年間しっかり別組織を作っていたのではないでしょうか?

元々人たらしで、彼の心酔者を作ることなどウィリアムにとってはお手の物。

ロンドンで階級社会がある程度緩和されたとはいえ、そのロンドンの平和を乱そうとするものには自ら手を下して排除していく道を選んでいるのではないでしょうか?

例え、弟のルイスと敵対することになったとしても・・・

ウィリアムの新犯罪組織にアルバートを迎えに来たと予想しています!

きっとアルバートの今の深い後悔も、ウィリアムは察しているのでしょう。

自分にとってアルバートは悪魔ではなく、出会ったことに感謝していると彼の心を救済するのではないでしょうか?

 

【第64話】憂国のモリアーティ最新話考察|シャーロックがMI6入り?

ルイスはマイクロフトとの約束で、モリアーティ犯罪卿に加担した罪を償うためにMI-6入りしました。

ですので、個人的な理由でMI-6を抜けることはできません。

本来なら刑罰を課せられる身。

ウィリアムがルイスの元に戻らず、またイギリスの不穏分子を排除する犯罪卿として新組織を形成したとなると、ルイスと敵対することとなります。

兄弟で敵対することとなるのは辛いですね・・・

アメリカでウィリアムと共に過ごしたシャーロックがMI-6に入り、ウィリアムが行き過ぎた行動に出ないよう止める役目に入るのではないでしょうか?

ルイスはイギリス国家を守る立場ではありますが、心理的にウィリアムと対立することはどうしても難しいでしょう。

そこに、親友になれたかもしれないある種の絆をもつシャーロックに、ウィリアムのストッパーとして白羽の矢が立つのではないでしょうか?

ちょっと関係が複雑になりますが、やはり光のシャーロックと闇のウィリアムと言う背中合わせの二人で一つという図式がハマると予想しています。

 

【第64話】憂国のモリアーティ最新話考察|モランの黒幕はウィリアム?

「空き家の冒険」で原作と違わず犯人であったモラン。

もちろんモランはルイスたちに逮捕されるまでウィリアムが生きていることを知りませんでした。

モランは自身の考えでウィリアムが残したロンドンを守るために、今回の襲撃に至ったわけです。

ではなぜモランは今回のバルモラルの犯行を知ったのか?

その黒幕こそウィリアムだったのではないでしょうか?

もちろん気づかれないように、モランに直接情報を流しているのは別の人物でしょう。

実はシャーロックよりもっともっと前にウィリアムはロンドンに入っており、ずっと貴族たちの動きを調べていたのではないでしょうか?

そして、モランの闇のことも知っていたとしたら・・・

パリに居たシャーロックに手紙を出したのが、本当はウィリアムだったということもありそう!

そしてそのことを知ったモランはルイスのチームではなく、やはりウィリアムの組織を選び、元犯罪卿チームは完全に分断するのかも?

 

憂国のモリアーティ64話ネタバレ最新確定速報!

11月4日発売のジャンプSQ掲載の憂国のモリアーティ64話ネタバレ確定情報が入りました!

今回の憂国のモリアーティのタイトルは「空き家の冒険」

※憂国のモリアーティ【最新64話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプSQ.公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【第64話】憂国のモリアーティ最新話確定|アルバートの謝罪!

3年の時を経てウィリアムと再会したアルバートは、彼が生きていたことを心から喜びました。

しかしウィリアムが苦しむ原因を作ってしまったのは自分。

「全ての責はこの私にある···すまなかったウィリアム···。」

心から謝罪するつもりで深く頭を下げたアルバート。

そんな兄にウィリアムは”自分を責める必要はない”と言いました。

何故ならアルバートに出会うずっと前から計画を胸に秘めていて、自らが望んでやったことだからです。

それにアルバートはこれから犯そうとする罪を、共に背負うと誓ってくれた存在。

だから少しでもその気持ちに応えたかった···ただそれだけのこと···。

「·····むしろ僕の弱さが今の今まで兄さんを苦しめてしまった。」

いずれにせよアルバートと兄弟になれたことを、後悔するどころか嬉しく思っているようです。

それはアルバートも同じ!

二人の絆はますます強くなりましたね。

 

【第64話】憂国のモリアーティ最新話確定|モリアーティ兄弟の罪と決意!

まだまだ兄弟の会話は続きます。

今まで多くの人を殺めてきた罪から逃れようと、死ぬことを何よりも優先していたウィリアム。

でもそれは共に罪を背負うことを選んでくれた、仲間達の想いを無視する行為。

「だからこそこの身この命尽きるまで僕は生きて罪を償っていくつもりです。」

ウィリアムの決意にアルバートも、自分も命ある限り罪を償い続けると約束しました。

そしてウィリアムのほうからアルバートに近付き、お互いにもう一度謝罪。

「···さあ帰ろう、ルイスの元へ。」

困難なことがあったから今の自分達がある。

一度離れたかに見えた二人は、同じ方向を向いて再び歩き始めました。

 

【第64話】憂国のモリアーティ最新話確定|シャーロックが221Bへ帰還!

ここで場面は221Bで、3年ぶりにシャーロックがジョンとハドソンと再会するところに切り替わります。

「ただいまジョン。」

固く握手をする二人からは再会の喜びが伝わってきました!

そしてハドソンも、物凄くシャーロックのことを心配していたようですよ。

さて、再会を喜んだ後に向かったのはシャーロックの自室。

3年前とまったく変わらない自室を見て、シャーロックは驚いていました。

シャーロックがいつ帰って来てもいいように、ハドソンは誰にも部屋を貸さず毎日掃除までしてくれていた様子。

“別にあんたの為にやったんじゃない”と言いつつも、感謝されてハドソンも嬉しそうです。

ここでジョンは明日皆で食事に行かないかと提案するも、シャーロックはウィリアム達と会食があると打ち明けます。

そこには自分達も招かれていると聞き、ジョンとハドソンは驚いていました。

因みにメアリーは流行り病のフォレスター夫人の自宅に泊まり込み、看病をしているのでジョンとは別居中。

この3年間はジョンの診察助手としても働いていました。

更に物語の終盤ではシャーロックがアイリーンが生きていることを告白!

初めて知ったハドソンは驚愕。

いずれにせよ3年前と何も変わらない日々が帰ってきましたよ。

「·····おかえりシャーロック。」

「ただいま。」

以上で憂国のモリアーティ64話は終わりです。

>>【続き】憂国のモリアーティ65話ネタバレ最新速報!

 

憂国のモリアーティ64話ネタバレまとめ

『憂国のモリアーティ64話ネタバレ確定最新速報!アルバートの謝罪!モリアーティ兄弟の罪と決意!』と題してお届けしてきました。

過去に犯した罪は消えませんが、ウィリアムとアルバートの再会場面は感動ものです。

静かにお互いの無事を喜び、今後も変わらず罪を背負って生きることを決意したモリアーティ兄弟。

確かに死んでしまえば、これ以上自分の犯した罪と向き合うことが出来なくなってしまいます。

生きて悩み、死より苦痛を味わう。

こう解釈することも出来るから、二人は生き続けることを選択したのではないでしょうか?

また弟を巻き込んでしまった罪に長い間苦しんできたアルバート。

謝罪をしウィリアムが自分を責めていないことを知り、少しは暗い気持ちが晴れてきたようでした。

二人は初めて出会ったあの時から、切っても切れない赤い糸で結ばれていたのでしょう。

さて話は変わりますが、221Bの人達は相変わらず3年前と変わっていない様子。

シャーロック、ジョン、ハドソンは、本当に仲が良くて羨ましい。

ハドソンはちょっとツンデレですが、それはシャーロックへの好意の照れ隠しでしょう。

それぞれの再会場面にじーんと来てしまいました!

それでは『憂国のモリアーティ64話ネタバレ確定最新速報!アルバートの謝罪!モリアーティ兄弟の罪と決意!』はここまで!

考察や確定記事は日々更新しますので、こちらのサイトでチェックをお願いします!