ワンピース

ワンピース1033話ネタバレ最新確定!キングはルナーリア族!ゾロ覇王色発動!

ワンピース ネタバレ 1033話 最新 考察 確定
Pocket

ワンピース1033話ネタバレ最新確定!キングはルナーリア族!ゾロ覇王色発動!

ワンピースネタバレ1033話確定速報が入りました!

最新のワンピース1033話でついにキングの正体がわかりますよ~!

実は、キングはルナーリア族の生き残りだったのです!

ど、どっひゃー!

さらに、久しぶりにチビゾロも見られる、まさに神回のワンピース1033話になっています。

なんと、ゾロは幼少期から閻魔の生み手に出会っていたのです。

その人物こそ、ゾロの親友くいなの祖父「霜月コウ三郎」。

どうやら閻魔はゾロが本当に自分の持ち主にふさわしいのか試しているみたいですね。

閻魔が覇気を奪っていく中、ついにゾロは覇王色を自らの意志を持って発動させちゃいます!

ゾロ好き必見の最新ワンピース1033話はとにかく最高としか言いようがない!

というわけで「ワンピース1033話ネタバレ最新確定!キングはルナーリア族!ゾロ覇王色発動!」と題しまして、ワンピースネタバレ1033話の最新確定・考察・感想をお届けします。

ワンピースの最新刊を無料で読む方法をご存じですか?

最近では漫画を無断アップロードしている海賊版サイトを多く見かけますが、違法なサイトではなく出版社も公認している電子書籍アプリがあるんです。

それがU-NEXT

なんと、U-NEXTでは現在無料お試しキャンペーンを実施中で、ワンピースの最新刊を無料で読むことができます。

以下に海賊版サイト一覧を列挙した記事を載せておきますが、非常に危険なサイトばかりなので絶対に利用しなでおきましょう!

≫【2021年最新】海賊版サイト一覧

あなたも安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンが終わってしまう前に、ぜひこの良さを体感してみてくださいね。

 

ワンピース1033話ネタバレ最新話確定

11月29日(月)発売のワンピース1033話のネタバレ確定速報を入手しました。

タイトルは「霜月コウ三郎」です!

情報が入り次第、随時お知らせしていきますので、こちらのサイトを日々チェックしてください!

※ワンピース【最新1033話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

ワンピース1033話ネタバレ確定|キングはルナーリア族の生き残りだった!

「閻魔ぁ!誰が力を解放していいと許可した!」

意志と関係なく覇気を吸い続ける閻魔に怒るゾロ。

刀と主のいざこざなど関係ないとキングがゾロに向かっていくと、なぜか仁王立ちに。

無防備なキングに対してゾロは腹をブスリ!

「当たりだ。」

キングはそう言うと、突如自爆したのです。

しかし、キングはなぜかノーダメージ。

ゾロはなんとか武装色でカバーするも、キングの行動の不可解さに混乱しています。

なんとか形勢を変えようと、ゾロは大技「一刀流居合死獅子歌歌!」で攻撃するも、やはりキングには効きません。

そして、キングは「貂自尊皇」で反撃してきた時、またも閻魔が暴走してしまう事態に。

「こんな時に…!」

閻魔が制御できないゾロは「貂自尊皇」をモロに食らってしまいました。

こ、これはヤバイかも…。

同じ頃、クイーンはサンジにキングの正体について語り始めました。

実は、キングは絶滅したはずのルナーリア族の生き残りだったのです!

ルナーリア族は自然界のあらゆる環境で生存できる生物で、大昔は「神」と崇められていたのだとか。

それを聞いたサンジは、

「そんな奴がなぜ絶滅するんだ?」

と、素朴な疑問を投げかけるも、クイーンは知らないようですね。

「そんな事、歴史に聞きやがれ!」

と、一蹴されちゃいました。

まさかキングがルナーリア族だったとは…!

過去にいったいなにがあったんだ〜?




ワンピース1033話ネタバレ確定|閻魔の生みの親「霜月コウ三郎」とゾロは同郷だった!

「貂自尊皇」が直撃し、大ダメージを食らうゾロ。

その時、思わず三代鬼徹と和道一文字を離してしまい、必死で手を伸ばして三代鬼徹を掴みます。

「刀に足を引っ張られる剣士を初めて見たぞ。刀を助けて死ぬ気か!」

キングはゾロに追い打ちをかけるように攻撃!

ゾロは自分を守るよりもまず、自分の刀の無事を確認します。

そして、地面に落ちていた和道一文字を発見してホッとした直後、ふと和道一文字をもらったときのことを思い出しました。

実は閻魔をもらった際、天狗から

「和道一文字と閻魔の生みの親は同じ「名工」霜月コウ三郎。50年前に違法出国した男だ。」

と、聞いていたゾロ。

さらにゾロはモモの助に伝えた「スナッチ」についても振り返ります。

そういえばなぜワノ国の刀が東の海にあったんだ?

スナッチは昔海岸にいたジジーから習ったものだったが、あれは誰だ?

そう疑問を持ったゾロは、幼少期の頃を振り返りました。

13年前、くいなに負けて海岸で練習をしていたゾロは村のジジーから二本の刀をもらいました。

「刀にも性格があり、それを服従させるのが剣士だ。」

と、ジジーは刀について熱く語ります。

そして、最後に、

「俺が若い頃、作ったのが人生最高の一振りだった。あの名刀に俺は地獄の大王の名を名づけた。」

ー村の名前もシモツキ。偶然じゃなかったのか。

あのジジーがワノ国の侍で、刀鍛冶「霜月コウ三郎」…!

ゾロはすべての謎が解けたようにため息を1つついたのです。

ここにきて、ゾロの生まれ故郷とワノ国がつながったぞ〜!

くぅ~シビレル〜!


 

ワンピース1033話ネタバレ確定|ゾロが覇王色を発動させる!

閻魔を見て、ゾロは三代鬼徹を渡してくれた鍛冶屋の店主の言葉を思い出します。

「刀は持ち主を選ぶという。」

来たんだな。俺を試しに…!

ゾロは再び閻魔を手にすると、刀の性格を確かめるように握りました。

「確かに刀は実直で悪意はない。なら、足りないのは俺の力だ。」

そう言っている間も閻魔はゾロの覇気をぐんぐんと吸い取っていきます。

「おでんはこれだけ覇気を奪っても楽々と戦っていたのか?」

と、閻魔に問いかけます。

ただ、これだけ覇気を奪われてしまっては戦う前に自分の命が奪われるのを体で感じるゾロ。

ーいや!それでいい!

そう決意したゾロは覇気を全開にして立ち上がりました。

すると、周りにいたカイドウの手下たちが次々に気絶!

そう!ついにゾロは自らの意志で覇王色を発動させたのです!

それを見たキングは、なるほどと呟きながら、

「王にでもなる気か?」

と、ゾロに尋ねました。

すると、

「そうだな。船長と親友との約束があんだ!」

と、ニヤリと笑ったところで1033話は終了しました。

>>【続き】ワンピース1034話ネタバレ最新速報!

 

ワンピース1033話ネタバレ最新話考察

ワンピース前話で、もっとも衝撃的だったのは小紫が登場したことではないでしょうか?

しかも小紫の三味線により、閻魔もなにやら反応を示しました。

もしかしたら、ついに閻魔の真の力が目覚めたのかも?

それに、小紫がなんの作戦もなくノコノコとオロチの前に現れるはずがないでしょう。

きっと、小紫の側には狂死郎もいるんじゃないかな?

さらにキングの謎についても詳しく考察してみたいと思います。

それでは早速ワンピース1033話ネタバレ最新考察をしていきましょう!

 

ワンピース1033話ネタバレ考察|閻魔がゾロを喰らう?

小紫の三味線により、おでんの愛刀「閻魔」が発火するという謎の現象が起こりました。

いったいなぜ閻魔はこんな反応を示したのか気になりますよね。

そもそも小紫はおでんの娘である日和。

閻魔はおでんの意志が色濃く残っており、小紫の三味線の音色に反応したと思われます。

そして、三味線が引き金となって閻魔は真の力を開眼したのではないでしょうか?

おそらく、閻魔の真の力とは、敵の体だけでなく精神をも断ち切る魔性の刀なのです。

そんな閻魔はまだゾロのことを主と認めていないため、暴走してゾロの気力を食らおうとしていると考えられます。

つまり、覚醒した閻魔とゾロどちらが上であるかというバトルが始まったというわけ!

もしかしたら閻魔はゾロの覇気と精神力を奪いながら、本当に主君としての素質があるのかを試しているのかもしれませんよ。

ここが正念場だ!がんばってくれ~!




ワンピース1033話ネタバレ考察|狂死郎&日和がオロチを討つ?

ワンピース前話で、満を持して日和が姿を見せました。

死んだと思っていたオロチにはスペシャルサプライズだったろうな〜。

ただ、日和がこのタイミングで現れたということは、なにか作戦があるに違いないでしょう。

おそらく、長年恨みを募らせてきたオロチに勝つ算段がついたから顔出ししたはず。

そこで、小紫が立てた作戦を想像してみました。

  1. オロチの居場所を見つけた小紫は、福ロクジュなどがいないことを確認。
  2. 小紫が先に現れ、オロチの油断を誘う
  3. 影で隠れていた狂死郎がオロチを討つ

20年間ずっと陰で守ってきた狂死郎が日和から離れることはないでしょう。

つまり、あの部屋には狂死郎もひっそりと隠れているのです!

日和と再会して油断しているオロチ。

そんなオロチを狂死郎が背後から不意打ちで攻撃するんじゃないかな?

そういえば、オロチはどれだけ斬ってもなぜか死なないという謎がありますよね。

きっと、狂死郎は20年間オロチを見てきて、その謎を解明しているのかもしれません。

オロチを倒せるのは、狂死郎しかいないはず!

今までの恨みを晴らすんだ!がんばれ、狂死郎!


 

ワンピース1033話ネタバレ考察|キングは炎から生まれた?

ワノ国編が始まって以来、ちょこちょこと小出しにされていたキングの謎。

しかし、まだまだ全容が見えませんよね。

ただ今までの会話や戦闘の中で、いくつかのヒントが出てきましたのでまとめてみました。

  • ビッグマムの国にはいない種族
  • 炎が背中から出ている
  • 体は他の恐竜の能力よりも頑丈
  • 翼は動くも、飛行は未確認

キングは翼が生えているのはプテラノドンの悪魔の実の能力がある可能性が高いでしょう。

しかし、背中が燃えていたり、異常なほど頑丈だったりするのは悪魔の実とは関係がないと思われます。

つまり、これは未知の種族の特徴であるのではないでしょうか?

炎と頑丈というキーワードから察するに、おそらくキングは火の中で生まれた少数民族なのではないかと考えます。

その種族は炎の中で生まれたため、背中は常に炎を携えているとしたら?

体が頑丈なのも、常に炎で鍛えていたからかもしれませんね。

キングはまるで炎で鉄を打つように、幼少期から鍛え上げていたと予想します。

そんな過酷な環境で育っていたとしたら、そりゃ強いだろうな〜。




ワンピース1033話ネタバレに対するSNSの考察は?

 

ワンピース1033話ネタバレ最新話まとめ


「ワンピース1033話ネタバレ最新確定!ワンピース1033話ネタバレ最新確定!キングはルナーリア族!ゾロ覇王色発動!」と題してお届けしてきました。

いや~ワンピース1033話はゾロファンにはたまらない回でしたね!

ゾロが生まれ故郷シモツキ村とワノ国がこんな風につながっていたとはビックリだったな~。

しかも、閻魔と和道一文字を作った霜月コウ三郎とゾロが幼少期に会っていたなんて、これはもう運命しかない!

そして、閻魔がきっかけとなってゾロがついに覇王色の覇気を自覚しました。

親友と船長の約束を守るゾロ、カッコ良すぎ。

これでゾロが閻魔を使いこなしたら、もう鼻血でちゃう(笑)。

また、キングがルナーリア族だったことも衝撃でした。

クイーンが言ってた、ルナーリア族が絶滅した理由はワンピースの歴史に大きく関わっている気がする!

というわけで、今回の「ワンピース1033話ネタバレ最新確定!ワンピース1033話ネタバレ最新確定!キングはルナーリア族!ゾロ覇王色発動!」はここまで!

日々、最新ワンピースネタバレ確定・考察・感想を追記していきますので明日もお楽しみに。