ワールドトリガー

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!閉鎖環境試験開始!諏訪隊長は組織の企みに気づいていた!

ワールドトリガー 207話 ネタバレ 最新 考察 確定
Pocket

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!閉鎖環境試験開始!諏訪隊長は組織の企みに気づいていた!

ジャンプスクエアで連載中のワールドトリガー。

1か月休載し、2021年5月1日に207話が掲載されました!ワートリが読めなくてこの1か月間が長く感じた人も多いのではないでしょうか?(笑)

前回のネタバレでは、A級隊員たちが遠征選抜試験の順位予想をしていました!やはり二宮率いる8番隊が一番評価が高かったですね。

それに対して、ヒュースが所属する若村隊は評価が低くなっていました!

そしてワールドトリガー207話ではついに閉鎖環境試験が開始!それぞれのチームが動き出します。

それでは早速、『ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!閉鎖環境試験開始!諏訪隊長は組織の企みに気づいていた!』と題しまして、最新ネタバレ確定情報お伝えしていきますので、お楽しみください!

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新考察!


前回のネタバレで、評価が低かった若村隊。

ランク戦を見ていても若村の指揮能力はまだ未知数なところがあり、現時点ではどちらかというと少し頼りないという印象です。

その若村に対して、ヒュースはどのような対応をしていくのでしょうか。

207話では、ついに遠征選抜試験が始まるでしょう!どのような展開になっていくのか考察していきます!

それでは早速お伝えしていきますので、どうぞお楽しみください!

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新考察!ヒュースが若村に物申す?


いよいよ遠征選抜試験が始まる展開。

普段は香取や華さんの指示で動いている香取隊の隊員・若村ですが、今回は臨時隊長として、自分で判断してチームをまとめる役割になっています。

B級ランク戦の最終戦では、香取は若村に指揮を任せたようですが、那須隊と諏訪隊に負けてしまいましたね。

戦闘力的には若村と修はあまり大きな差はないでしょう…しかし、修は玉狛第2の隊長として、空閑や千佳、そしてヒュースに指示を出しています。

閉鎖環境試験はおそらく協調性も求められますが、若村がしっかりとした指示をしない限り、ヒュースは従わないでしょう。

ヒュースは試験を通過しないと自国に帰れませんからね!若村の判断が鈍く、隊長として頼りなかった場合、「しっかりしろ!」というニュアンスで説教するのではないでしょうか。

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新考察!二宮隊オペレーター・氷見はやんちゃな子?


前回ネタバレでの、玉狛第1が話し合ってるシーン。

村上が隊長を務める10番隊は、人格の面で言うとかなり安定していて、モメているところが想像できないと、レイジと小南が話しているが、ただ一人、烏丸だけは

「氷見先輩てそんな落ち着いた人でしたっけ?」

と、言っています。

小南は、二宮隊のオペだから人間できてるに決まってるでしょと言いますが、烏丸は納得していない様子。

烏丸と氷見が絡んでいるシーンは作中にはないですが、おそらく氷見とは何らかの形で関わっていそうですね!

今までも氷見の登場シーンはありましたが、確かに落ち着いているという印象が強いです。

あまりはしゃぐと二宮さんに怒られるとかいう理由で猫をかぶっているのでしょうか(笑)

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新考察!古寺は戦略を練るのが苦手?


奈良坂に何かを心配されている様子の古寺。

古寺のチームは、平均的にトリオンが少ないメンバーが集まっています…奈良坂が心配しているのは、古寺がきちんとそのメンバーにあった作戦を立てられるかどうか。

三輪隊のメンバーはそれほど心配していないようだが、スナイパーとして先輩の奈良坂は不安な様子。

正直、古寺のチームには木虎もいるためすごく安定していると思っています。

しかし、もし古寺の作戦の立て方や指揮能力が低い場合は、他のチームに劣る可能性もでてきますね…

三輪隊の中ではおそらく一番後輩であるため、普段から指揮はしていなさそうというところが不安要素かと。

困ったら木虎に指揮を任せるような気もします(笑)

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新考察!柿崎は影浦と仲良くなれる?


試験までの準備期間のシーンで、柿崎が玉狛支部を訪れている描写があります。

これは、おそらく影浦と仲が良い空閑に、影浦にことを聞きに来たのではないかと予想しています。

柿崎と影浦は今回同じチームですからね!

影浦は感情受信体質というサイドエフェクトがあるので、あまり負の感情を抱くとすぐ嫌われてしまいそうです。

とはいえ、影浦は柿崎のことを“ざきさん”と呼んでいるので、ある程度先輩としては見て切れていると思います!

どちらかというと心配なのは、影浦と犬飼の関係ですよね…どうやら犬飼は刺さってくる感情と外面が一致しないようで、それが影浦にとってはうざいとのこと。

果たして柿崎は上手くチームをまとめていけるのでしょうか!

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定速報!


お待たせしました!

ワールドトリガー207話の最新確定情報を入手しましたので、お伝えしていきます。

ついに、遠征選抜試験が本格的に始まり、修たちを含めたシャッフル部隊がそれぞれ動きだす展開!

心配なのはやはり修と香取の関係ですよね(笑)

それでは、早速お伝えしていきます!

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!修の所属する部隊のメンバーが集合!

修が試験会場に行くとすでにチームメンバーは集まっていました。

香取には一番下っぱが一番遅いとか…と突っ込まれています!本当に仲が悪いですね(笑)

きっちり5分前には到着してるので、宇井と隠岐にフォローしてもらう修。

そして全員用意された服に着替えます!みんなのTシャツの柄が謎です(笑)

着替えが終わり試験用のトリガーを渡されると、いよいよ閉鎖環境施設の中へ入っていきます。

中は真っ暗!修たちは手のマークを見つけると香取が修に触ってみなさいと指示。

すると電気が付き、音声機器を通して沢村さんの声が。

手のパネルは照明の電源でその上にあるゲージは設備を動かすためのトリオンの残量を示しているとのこと。

このゲージがなくなると照明やキッチンなどの設備、水も補充されなくなるため、設備用トリオンがゼロにならないように、随時パネルに手を当ててトリオンをチャージする必要があるようです。

そして、沢村さんの指示でみんな試験用のトリガー“オン”(服装は変わらず)

試験中は午前9時から午後9時までは必ずトリオン体で過ごすことと、これを守らないと減点の対象になるようです。

そしてそして、デスクにあるノートPCは各隊員のトリオンで、その横にある通信デバイスは充電池式であることが伝えられ、沢村さんからの説明が終了。

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!各チームのコンセプト発表!

沢村さんからの説明は終わりましたが、最後に各隊長が臨時部隊のコンセプト隊員に説明するよう指示。

歌川1番隊

“志岐が馴染みやすいメンバー”

機動力があり長期戦にも対応できる部隊と伝えていてその通りのメンバーではありますが歌川は男が苦手な志岐のために、弟がいるから年下であれば上手く合わせられると思い空閑と虎太郎を選んだ。

王子2番隊

“『走れて』『剣が使えて』『組み合わせ的に面白そうなメンバー』”

トリオン消費も抑えやすいメンバーで長時間戦闘にも向いている。女性陣は辻に気を使うこと、辻は賢さで仁礼と帯島をフォローする役割。生駒さんはノータッチ(笑)

柿崎3番隊

“戦闘試験に対応できるA級経験者”

犬飼か蔵内で迷ったが、戦闘試験はA級も参加するとにらんで、A級経験者の犬飼を選んだ。影浦はすごく不満そう。

北添4番隊

“16歳組”

最初は特に何も考えず外岡を選んだっぽいが、染井と外岡がそろったことで年齢を16歳のメンバーにそろえたとのこと。菊地原は不満そう。

来馬5番隊

“引き締め役の弓場と体力があってポジティブなメンバー”

引き締め役と来馬のサポート役で弓場が選ばれ、あとは体力とポジティブの高さであらんだそう。のんびりしないようにだけ注意しようとのこと。

古寺6番隊

“戦闘試験を意識して機動力の高いメンバー”

k度鰓も王子と同じく、トリオン消費を抑えた編成を考えていたよう。協調性の高さもトップクラス!なにより現役のA級隊員が2人もいるので頼もしい。

二宮8番隊

“クジ運&絵馬、加賀美がやりやすそうなメンバー”

東さんと千佳はクジ運がよかったから選び、3巡目は絵馬が…と言いかけたところで絵馬が余計なことを言うなとジェスチャーで訴える。スナイパー3枚だと荒船隊の加賀美がオペしやすいと説明。

水上9番隊

“頭いいメンバー”

今さんがオペレーターだから頭いいやつ集めたらめっちゃ楽できるんじゃないかとおもったとのこと。閉鎖環境試験で他の部隊とがっつり差をつけて給料ボーナスを狙ている。戦闘に自身がないわけではないが、差をつけられるところでつけるというコンセプト。

村上10番隊

“くじ任せのメンバー”

クジひいて一番いいと思うメンバーを選んだ。氷見がオペレーターであればどんな組み合わせでも行けると思ったとのこと。そして隊長未経験ということもあり無意識に補佐役を集めた感があるかもしれないと。

若村11番隊

“くじ任せのメンバー”

村上隊と同じく一番いいと思うメンバーを選んだ。半崎は余り者だったが悪くないと感じているとのこと。編成的にはバランスとれてますよね。

諏訪7番隊

“くじ番と勘メンバー”

勘といっているが、木虎ではなく香取を選んでいるあたり、多少はトリオン量のことも考えているっぽい。

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定速報!諏訪はクジの番号が操作されていたことに気づいていた!

諏訪は、ただ面倒くさくてメンバーを勘で選んでいたわけではなかったようです!

臨時隊長たちか引いていたくじは木や紙ではなく、トリオンでできていたとのこと。

引いた人のトリオン体に反応して、決まった数字が出るように沢村さんが指定していたんだろと諏訪さんはよんでいるみたいです。

説明会の前のアンケートで「嫌いな隊員」として選んだメンバーと一緒の部隊にさせるためであろうと。

修はギクリと反応し口を「3」にしてそっぽを向きますが、秒で香取にバレてしまい、

「あんたまさか…」

と、問い詰められますが、そんなことは…とごまかします。

諏訪さん、余計な事言ってしまったかもしれませんね(笑)

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!水上が他とは違う行動で目立つ!

チームによって物資のチェックから入ったり、PC内のデータチェックからはいったり、手分けして行動したりと差がで始めているようです。

ヒュースが所属している若村隊は、PCのデータチェックから始めていますが、ヒュースは日本語が読めません。

普段言葉が通じるのは、音声にトリオンを乗せてやり取りしているからだそうです。

ヒュースは、トリガー角がついてるため、生身でも同じことができるとのこと。

若村は、ヒュースが日本語を読めないことを試験の前に修に聞いていたらしい!そこでヒュースが修の行動力を褒めます。

若村は黙ってしまいましたが、何を思っているのでしょうか。

場面は水上隊。

水上は物資のチェックをメンバーに任せ、自分でPCのデータチェックをしています。

データの中に入ってるデータの中に、『戦闘シミュレーション課題』とそのスケジュールが載っていますが、水上はこの文章をメンバーに見せる前に削除してしまいました!

これにA級の冬島隊が反応をみせます!情報はすべてをオープンにしない方が部下を動かしやすいとオペレーターの真木さんが解説してくれています。

最後は宇佐美と迅さんが話しているシーン。

迅さんが、

「チームワークが試されるのは、スコアに差がつき始めてからだ」

と言って幕を閉じます。

≫ワートリ208話最新速報!

 

ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!まとめ


『ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!閉鎖環境試験開始!諏訪隊長は組織の企みに気づいていた!』と題してお伝えしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

玉狛第二のメンバーでみると、今のところヒュースより修の方が不安ですね…

そして我らが諏訪さん!!遠征選抜試験の説明会の時も思いましたが、何かとボーダーの事情について知っていそうな感じがします。

くじがトリオンでできていることについては他の臨時隊長たちは気が付かなかったのでしょうか?

今後の展開が楽しみですね!

『ワールドトリガー207話ネタバレ最新確定情報!閉鎖環境試験開始!諏訪隊長は組織の企みに気づいていた!』はここまで!

また次回の記事もお楽しみに!!